5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仏教>儒教、仏教の体系的な哲学には儒教は勝てない [805596214]

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:39:19.34 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

ソース
http://www.kosaiji.org/Buddhism/chugan.htm

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:40:22.25 ID:DZqd/JSA0
一族皆根絶やしに自ら望んでなるのが仏教なんでしょ?阿呆かと

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:40:32.87 ID:3zYTZZ/G0
そもそも孔子自体が結果を残せなかったからなあ

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:41:44.67 ID:3i7m9R+k0
おっ、中観派か?

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:42:42.82 ID:ZUg8I/Oc0
目指してる方向がまるで違うのになにいってんだ

6 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:43:57.29 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>4
俺は竜樹や般若心経、金剛般若心経をいい経典とみなしている

7 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:45:00.23 ID:ciXMj2wv0
仏教を理解した人間がこんな序列付けをしようと試みるなんて考えられない

8 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:45:24.65 ID:MAUG06hI0
>>6
悪い経典は何なんだよ? 知ってるの挙げただけじゃねえか

9 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:46:03.13 ID:OhhymckN0
よく知らんけど龍樹って「はい論破」みたいなおっさんだったんでしょ?

10 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:51:34.20 ID:6Nq+nGma0
 \    \
  ヽ\、  ^\   はあ〜〜 有るのも空!無いのも空!
\  \\ヽ、   ^\、   生成消滅いっさい空! 
 \  \\ヽ \    |\    初めも空!終わりも空!
  \  \  \ \    λ\、   それでも腹へりゃご飯は喰う!
   \  \  \ \      \、   己去去らず!未去去らず!
    \  \   \ \      ^ー)\     去りつつあるもの去るわけねえ!
     \  \   ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、   形も空!五蘊も空!
      \  \    人  λ\ ____   ^)\λ   そう言う俺さも一切空!
       \  「\    、  ヽ/ _ノ ヽ、\    |
        \ \ \    ヽ / ( ○)}liil{( ○)   て
         \  \ \  /    (__人__)  \   (
          \  \ ^ |      |!il|!|!l|    |  r'"
            Z_   ヽ、_\     |ェェェェ|   /  て
             Z_    \______ /   (   ビターーーーーーーン!!
               Z_               r'"
                 Z、、   龍樹       (

11 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:52:41.68 ID:fwtQk5VZ0
仏教>神道
仏教の体系的な哲学には神道は勝てない

12 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:53:45.51 ID:v9CSlu3SO
俺は道教ちゃん!

13 :Pure Jap ◆29jsGCQPDU :2014/07/26(土) 04:55:35.72 ID:mdFpWB0G0 ?2BP(1000)

仏教って基盤がしっかりしてるよな
儒教みたいにただ目的を並べるだけじゃなくて

14 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:55:47.11 ID:NqQHbDC80
中観派的論法は生産的でないから嫌いだ

15 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:58:31.01 ID:tektNLk90
嫌儲では儒教下げの論調を多く見かけるけど
みんな論語くらいはキチンと読んで理解してんだよな?

16 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 04:58:49.87 ID:xV62/hod0
27 名前:U-名無しさん@実況はサッカーch [sage] :2013/12/21(土) 12:30:41.85 ID:bOJHsaEY0
・我慢は美徳
・他人に迷惑をかけるな
・掛けたやつは半殺しでいい

この辺の理屈というか建前が
ネット社会でより他人を監視する際に強化されて
結果自分自身の首ギューーーーっと絞めてるからな

しかしこの発想の根幹は要するに儒教なんだから
シナガーチョンガーってやってる奴らは本当に馬鹿だと思うw

17 :Pure Jap ◆29jsGCQPDU :2014/07/26(土) 04:59:29.83 ID:mdFpWB0G0 ?2BP(1000)

>>15
とりあえず上の者が悪事を犯しても従えってところは知ってる

18 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:00:05.08 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>15
俺はちゃんと読んで理解もしている
そして、変な解釈にはうんざりもしている

19 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:00:44.80 ID:eBj3sT060
ジャップは馬鹿だからジャップに入ってきた仏教は完全に儒教化されてることを知らない
墓()戒名()

20 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:02:26.35 ID:N+zn90v30
論語は朱子、荻生徂徠含めて何種類か解釈見たけど本当に正しいのは何なのかいまいち分からんかった

21 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:03:16.11 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>20
むしろ、解釈を読まないほうがいい
原著だけ見たほうがいい

22 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:04:53.42 ID:TMnxIomk0
儒教って俺様ジジイが下に押し付ける屁理屈だろ

23 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:04:58.06 ID:N+zn90v30
>>21
まあもちろん読んでるんだけどさ。シンプルに解釈すればいいのかな

24 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:05:18.21 ID:UoLA+1IS0
真言宗って仏教の要素ないよね 空海の独自宗教だと思う。

25 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:05:29.30 ID:Ww2JuaIA0
>>17
その歯止めとして諌言っていう大切な概念があるんやで
独裁者は得てしてそれを無視しようとするがな

26 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:05:40.04 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>23
その通り
シンプルに解釈するほうがいい

27 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:06:28.66 ID:PfO5JYfX0
岩波文庫ブックカバープレゼントキャンペーン対象商品だったんでスッタニパータ買って読んでるが小生の読解力の無さ故よく分からん

28 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:06:32.16 ID:mcI7LoT50
葬式仏教は滅べ

29 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:07:21.90 ID:Ww2JuaIA0
>>24
日本の密教は土着化したキメラだもん
ブッダの教えなんて何それおいしいの?

30 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:08:32.66 ID:NBbaej410
論語と比べるなら原始仏典だろ
竜樹とか後世に体系化したものまで含むなら論語だけじゃなく朱子学や陽明学と比べないと

31 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:09:02.35 ID:Ww2JuaIA0
>>28
徳川の宗教政策に従って粛々と法事やってただけなのに
滅ぼされなきゃいかんのか? 変わりは国家神道とでも?

32 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:09:38.88 ID:hvttXcJ/0
儒教はただの処世術だつってんだろ、宗教じゃねー
気配りのすすめ、みたいなもん

33 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:09:46.52 ID:tJTevdm+0
>>17
でも革命が正当化されてない?
あと孟子とか主人に異論唱えまくった反骨心の塊みたいな人じゃん
とにかく従順であれというのは日本で導入された朱子学だけじゃね?

34 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:11:03.23 ID:wkid0r5x0
スレタイ末尾に勝手に付くらしきナンバリング

35 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:11:43.15 ID:tJTevdm+0
>>32
お前がどの儒教について言ってるのか知らんが、儒教の思想家って大抵君主目線で語ってるが
「〜だから民に礼を教えなさい」みたいな

36 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:13:36.55 ID:eBj3sT060
儒教disは知能が低すぎるわ
頭がいい奴で儒教disってる奴見たことない

37 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:13:41.12 ID:0EZiYTfE0
悪貨は良貨を駆逐する。
宗教の普及度は、教えの良し悪しではなく感染力で決まる。

38 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:14:26.30 ID:rxEfMPGvi
悟りを開くのは多元論の問題だからね
五行や陰陽二元論、八卦など多角的な思想に強い

39 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:14:41.67 ID:Ww2JuaIA0
>>32
宗教の定義は信仰と死生観だと思うんだけど
儒教はその両方を備えてるから宗教でいいんじゃない?

40 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:15:56.98 ID:BX5WilDd0
哲学の役目は終わった

41 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:16:05.72 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

儒教は宗教ではないというけれど
儒教のバックボーンにあるのは鬼神信仰だよ

42 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:16:40.07 ID:Ww2JuaIA0
>>40
そんなあなたの死生観を教えてほしいな

43 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:17:19.02 ID:tJTevdm+0
儒教は社会的な哲学だからなぁ
仏教目線で言えば「俗的で表面的な思想」と言える
仏教と比べるなら道教だと思う

44 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:18:11.28 ID:eBj3sT060
仏教を理解せずに墓を建てまくったのが低脳ジャップ
お前らそれ儒教ですからー

45 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:18:36.54 ID:n77cvIXMi
仏教は投げやり感はんぱねーからなぁ

46 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:19:21.84 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>38
中華思想で五行、陰陽、八卦を持ち出すのなら
八紘の思想やドレミの思想も重要

47 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:20:32.10 ID:Ww2JuaIA0
>>45
meditationであなたも仏に!

48 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:22:34.93 ID:BX5WilDd0
知識のない時代に慰めとして活用された思想を
知識が得られる時代になってもまだ使おうという行為がおろか

49 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:22:49.14 ID:wOjUXkbs0
勝ち負けで言うなら
儒教が勝ってんじゃん
よく日本人は無宗教と言われるが
そんなことは無いだろう
どうみても儒教の強い影響下にある

50 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:24:27.90 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>36
俺はPh.Dだし
今の時代は儒教が為政者に都合のいいように使われているから反発もする
日本会議とかがいいように儒教を使っているじゃないか
道徳の授業で孔子を教えるんだってな

51 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:24:55.64 ID:Ww2JuaIA0
>>48
は? 宗教知らないと前近代文献をまったく読めないんだが?
一部の歴史学者なんか現代的な宗教観で事物を解釈してて頭痛くなる

52 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:25:07.08 ID:eBj3sT060
禅も完全に道教化されてるのにジャップが禅は日本の仏教(キリッといつもの捏造してるし

53 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:26:26.41 ID:eBj3sT060
>>50
お前は何も知らないだろうが仏教も為政者に都合のいいように使われてきた歴史があってな

54 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:27:10.89 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>53
今は使われてないじゃん

55 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:27:19.71 ID:Ww2JuaIA0
>>50
儒教を知らないと儒教がどう使われるべきなのか批判もできない
儒教はただの封建礼賛ではなくて権力抑制機能を持っていることも分からない
愚民を作る老荘思想とは全然違うことすら理解できない

56 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:27:28.51 ID:BX5WilDd0
>>51
じゃあ歴史学者だけが読めばいいじゃん

57 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:28:22.84 ID:LoP51fDhi
ちょっと質問なんだけど
仏教は暴力についてどう考えてるの?

58 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:28:41.60 ID:p42GLlM2O
ドラッグぬきの宗教なんてくだらんね

59 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:28:44.62 ID:eBj3sT060
>>54
創価学会とはなんだったのか

60 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:28:58.47 ID:Ww2JuaIA0
>>52
日本の禅は密教との関連から発達したものだけど
道教とどのような関わりがあったのか教えて

61 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:29:52.17 ID:Ww2JuaIA0
>>56
そうやってジャニーズやAKBのケツ追っかけて一生終えればいいと思うよ

62 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:30:12.02 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>55
原文はそうなっているが
解釈はそうなっていない
そして、今も改ざんされた儒教が使われている

63 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:30:14.84 ID:qSO9B/yh0
なんで昔に決められた道徳とか価値観を今まで引きずるんだ
みんなで創価学会に入会しようよ

64 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:30:48.55 ID:BX5WilDd0
>>61
どっちも興味ない

65 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:33:38.71 ID:eBj3sT060
>>60
日本の禅()なんてカリフォルニアロールだけが寿司と言ってるみたいなもん
そもそも禅を作ったのは元道士だったわけで

66 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:34:03.88 ID:hzxvrDxRi
比べるなら老荘だろ
それでも哲学としては仏教の方が整然としているが

67 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:36:05.20 ID:D9HdKWqv0
鬼神信仰てうぃきぺ無いしぐぐってもよくわからん

68 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:39:21.73 ID:eBj3sT060
>>67
要は幽霊ってことな
ID:PzFHZI6/0は儒教も仏教も理解できてないから鬼神信仰がバックボーンはただの間違い
孔子が鬼神について何と言ったかすら知らない奴だし

69 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:40:46.99 ID:CJXaA04R0
原始仏教>>孔子儒教>>>>>>老子儒教>>朱子学>>>>>現代仏教

70 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:40:54.37 ID:eBj3sT060
幽霊と墓場と寺って結びつき易いけどそれって全部儒教概念だからな
ほんと仏教を知らない糞ジャップ

71 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:43:20.11 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>67
鬼神信仰でググっても俺の電子書籍が出てくるだろ
まあ、簡単に言うと人間の霊は死後二つに分かれていい霊は天に昇っていき
悪い霊は地べたに這いつくばって悪さをする(怨霊のようになる)という宗教
この悪い霊を浄化するのが鬼神信仰だ
法事などでは悪い霊を浄化している
お盆や法事、葬式などは仏教ではなく鬼神信仰なのだ

72 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:51:15.25 ID:BiB+PKrr0
結果的に近代科学の呼び水になったのは朱子学の格物致知に基づいた博物学

73 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:54:14.31 ID:wOjUXkbs0
日本の仏教で
水子供養が一番クレイジーだよね
赤ん坊の霊が祟るんだとよ

74 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:57:26.34 ID:KGM4lkFP0
軸の時代ってのはペルシア帝国が文化的に世界の頂点だった時代
その東隣のインドの哲学と、山河や砂漠をはるかに越えた先にある
ド田舎の地では、自ずと洗練度が違ってくるもの
だがおかげですばらしいヒエログリフ文化が残ることになり、
デモティックの開発によって我々はさらにその不便さまで克服できたわけだ

75 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:57:49.25 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

鬼神信仰は弥生時代に日本に渡来し
その後色々と形を変えて今の日本の葬式仏教になっているのだ

76 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 05:58:38.21 ID:eBj3sT060
>>73
それ仏教じゃない
ここ40年くらいで急に広まった集金カルト

77 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:03:11.72 ID:ypdZdV8G0
>>76
神道もそれくらいダイレクトに人の弱味につけ込んで(よく言えば、人間の暗部に救済を差し向けて)集金やらないと生き残れないだろ。

78 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:04:37.69 ID:ZwbWsFbP0
>>55
儒教の権力抑制なんて権力者の自制にかかってるだけで
言論の自由とか身分制だとか下克上自体を孔子自体が否定してたのに何言ってんだ。
ただ権力者に従順な民衆を創生し批判的な人間を圧迫する方向性が確実に存在してる時点で
権力抑制とは間逆な方向性にあるだろう。

孟子は確かに易姓革命などを主張したがそれでも抑制ってより緊急手段的なものにしか見えないわけで。

79 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:08:12.14 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

儒教っていうか儒学は
近代民主主義や近代自由主義にとって非常に邪魔な存在
それは福沢諭吉も脱亜論で言っている

80 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:11:42.01 ID:+HF3QQq/0
儒教>仏教、儒教の実践的な哲学には仏教は勝てない

81 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:13:51.77 ID:KGM4lkFP0
ま、何も律する物のない古代中国では一定の価値があっただけで、
仏教以後はあんまり意味ないよな

82 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:15:59.87 ID:ZwbWsFbP0
儒教が宗教ではない
これも問題がある。

儒教的な宗教観って確実に存在してて李氏朝鮮の神道に近かった歩き巫女だとかが儒教により弾圧され
哲学と言いつつ孔子マンセーしてる思想体系が宗教じゃないってのはおかしい

83 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:17:03.78 ID:wOjUXkbs0
中国って定期的に異民族に蹂躙されてるので
古代の思想家の言うことってほんとに正しいのだろうか

84 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:19:05.96 ID:wOjUXkbs0
現代日本人って
儒教6、仏教2、天皇2くらいの割合で影響受けてるよね
日本はれっきとした宗教国家だと思うよ

85 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:19:25.95 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

孔子の論語も中国ののちの王朝によって色々と変えられている
論語に書かれてあった鬼神信仰のことは全てカットされている

86 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:25:32.50 ID:KGM4lkFP0
結局官僚や君主の権限に人民が服従するをもってよしとする思想だから、
それの是正を天命とかいう結果論にまる投げする思想だから、時代が下り
知識や言語が発達するほど弊害がでかくなってくる
李朝なんてその際たるものだし、明治も上層がさっさと西洋思想に
こっそり鞍替えしてなかったら、日本終ってた、つか昭和がまさに
裏掟を理解せずに、武士道を通じて儒教的な世界観に走ったから終りかけた

87 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:27:29.39 ID:3I45vZW20
こんだけ手厚く保護されてきたのに何も社会に役立っていない
むしろ悪を看過してきた

88 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:30:42.00 ID:KGM4lkFP0
>>84
仏教3 キリスト教3 神道2、儒教2くらいだろ

89 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:31:18.38 ID:YYomHWtW0
牛のようにただ歩めよ

90 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:31:25.80 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

ヘレニズム文化の影響を受けたササン朝ペルシアとシルクロードの発展が
東西の文化交流を生み出している
中国の北魏や唐に仏教が入ったのもそのころ
キリスト教も仏教の影響を受けている
空の空なんかはそのいい例

91 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:33:13.54 ID:BiB+PKrr0
儒教を宗教・モラル的な側面から捉えればそれは否定論しかでてこないわなw
むしろ古文辞学における考証学と博物学的側面への影響を考える必要がある
日・朝・中ともに近代科学の導入の中心となったのは彼らなんだから

92 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:34:23.60 ID:eBj3sT060
「明治も上層がさっさと西洋思想にこっそり鞍替え」
全くしてないんだよなぁ

93 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:35:00.77 ID:p42GLlM2O
ショーペンハウアーは仏教

94 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:37:57.38 ID:bPPd4Wyr0
>>57
1. 自衛は可
 波逸提 74 殴ること / 75 ファイティングポーズをとること
 「誰かに敵対されている状態から抜け出すために殴る/ファイティングポーズをとる場合は無罪である」

2. ただしそのときでも怒ってはいけない
 中阿含経 21 のこぎりの喩え
「もし盗賊やスパイが、両柄ののこぎりで[比丘の]四肢を切ったとしても、
それで[比丘が]心を怒らせるならば、彼は私の教えを実行していない」

3. 人を守るのは不可
 (同上)
「だからパッグナよ、もし誰かがお前の目の前で、その比丘尼たちを、手で殴っても
土塊で殴っても、杖で殴っても、剣で殴っても、パッグナよ、お前は
俗っぽい衝動、俗っぽい思いを、捨てなければならない。パッグナよ、お前はこう
学ばなければならない。『私は心を変えないようにしよう、悪い言葉を発しないようにしよう
友好的に、慈しみ深く、慈心を持ち、怒らないようにしよう』と」

95 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:47:21.48 ID:RTQoP4Zr0
>>70
日本仏教の墓や戒名の由来は、儒教じゃなくて道教では?

96 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:49:03.98 ID:ZwbWsFbP0
>>91
少なくとも朱子学朝鮮と日本は鎖国して科学の遅れにつながりましたが

97 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:53:14.97 ID:bPPd4Wyr0
また敵意・悪意があって殴るのでない場合は罪に問われない

波羅夷 3 殺人 (の判例)
「そのときとある比丘が食っていると、肉が喉に詰まった
とある比丘が、その比丘の首を殴打した。血まみれの肉が落ちた
その比丘は死んだ
「比丘よ、殺すつもりでなかったなら、無罪である」

98 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:56:08.42 ID:z26Qr9ku0
>>10
浄土で牛でも飼うんか

99 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 06:59:05.46 ID:z26Qr9ku0
>>57
臨済宗とかだと殴りあって悟りとか普通だな

100 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:02:48.07 ID:BiB+PKrr0
>>96
稲生若水とか丸無視かよw

鎖国()したことは儒教も仏教も関係ない
さらに鎖国下においても一定の海外情報は保たれており
それらはいわゆる博物学サロンから各地の上層農民クラスへと伝達されていた
で、この博物学サロンは元々朱子学の格物致知から始まって
アプローチの手法が蘭学へとスライドしていった
さらにそこに幕命および諸藩による独立戦争を想定した殖産産業の意思も加味されていった
で、このサロンは主として江戸・名古屋・大坂で発展し
のち帝国大の自然科学研究者へと移行していった

101 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:11:05.54 ID:z26Qr9ku0
>>100
近代科学を受容出来た歴史的事実があるのはわかるけどさそれを朱子学のおかげと言っていいものなのかね?
朱子学無くても普通に受容出来たんじゃないの?戦国期以前はそうだったんだし
さらに言うと受け入れることはできても自分たちで何も科学的発見してないしさ

102 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:17:29.38 ID:KGM4lkFP0
たしかに学問への情熱は儒教の功績の最たるものだな
あれはユダヤ教に匹敵するな
でもなぜそれで朝鮮は発展できなかったのだろう?
それはやはり仏教が儒教の上位にあったか否かの差ではないのか?
仏教が整理した世界観のなかでこそ儒は長所を発揮できる

103 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:21:33.79 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

そもそも朱子学が仏教から因果関係を持ち出しているし
仏教や道教がなかったら朱子学はできていない
ちなみに、宋代にできた朱子学の基本理念は日本には来なかった
朱子学は日本では曲解されている

104 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:21:50.44 ID:cREosAbC0
糞ジャップ宗教の差異たるものはマスコミ教だろ

105 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:24:58.16 ID:RTQoP4Zr0
沿革的には、儒教は社会秩序の維持を前提にし目的としている親権力宗教
仏教は社会秩序は否定的に見ているいわばアウトローの宗教

儒教の社会秩序は上下の身分関係を前提としているから、儒教の描く社会はどうがんばっても縦社会に拘束されるね
全ての社会/時代で通用する絶対的な理論じゃないと思う
仏教は社会秩序を必ずしも肯定的に見ないので、どの社会でも通用する可能性があるが、
儒教は絶対的なものがない
所詮は体制側の宗教

106 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:25:24.32 ID:njghdZe60
>>36
日本史上で最高の哲学者の一人である道元禅師は無能と申すか

107 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:26:01.33 ID:z26Qr9ku0
林羅山が糞
これが嫌儲の総意でええか?

108 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:27:59.34 ID:KGM4lkFP0
つまり儒教が最上位にある価値観では、君主の裁量こそが最上であり、
礼儀や忠義の研究や複雑化に価値が置かれ、君主に都合のよい学問のみが伸びる
仏教が上位ならば慈悲や悟りなどと共通する仁愛や智識に価値が置かれ、
人民の安寧や真実の探求にそった学問が伸びる
しかし確かにこうみるとまさに「官僚的」な宗教だな

109 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:28:50.62 ID:BiB+PKrr0
>>101
>近代科学を受容出来た歴史的事実があるのはわかるけどさそれを朱子学のおかげと言っていいものなのかね?
>朱子学無くても普通に受容出来たんじゃないの?戦国期以前はそうだったんだし

江戸時代の博物学の極端な発展・膨張は朱子学の影響
これは明で一度復権した漢人文化の中心である儒教が
清=非漢人の成立によって衰退する可能性が生じた
そこで朝鮮と日本のあいだで17世紀以降急激な儒教国家の後継者争いが始まる
(例えば朝鮮通信使には儒者が同行するが
この日記には日本の儒教の状況が詳細に記録されている)
これによって本草綱目・三才図絵といった膨大な博物学文献が編纂された

>さらに言うと受け入れることはできても自分たちで何も科学的発見してないしさ
これはロジックの違い
あくまでも博物学は一種の分類学であって収集することに重きをおくからこの点では西洋でも同じ
リンネの分類法が確立されるまではただのコレクションにすぎない

110 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:29:39.95 ID:uKjpuV3j0
>>106
道元は無能だろ
日本仏教で真の天才は瑩山紹瑾

111 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:34:39.91 ID:ZwbWsFbP0
>>109
朱子学がないと近代科学を受容できないって考えが無理がある。
例えば鉄砲は戦国期に日本の諸侯が膨大に所持していたがそれも儒教以前の産物だし
逆に江戸時代に朱子学のせいで鎖国やら何やらで科学が停滞した

112 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:41:47.56 ID:BiB+PKrr0
>>111
>朱子学がないと近代科学を受容できないって考えが無理がある。
勘違いしてるようだが受容できないとは一言も言ってないよ
明治以降の近代自然科学の受容の土台になってるという話
つまり朱子学にはそういう側面での貢献があったというエピソード

113 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:46:32.42 ID:ZwbWsFbP0
>>112
いやいや朱子学的な産物ってより明治維新後の富国強兵政策が大きいと思うよそこら辺。

114 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:47:32.92 ID:z26Qr9ku0
でもやっぱ朱子学は全体的に見ると癌と思うよ、学問奨励に貢献したとはいえ他の内容が糞だもん
典型的ジャップ=羅山朱子学と言っても過言じゃないな

115 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:49:47.24 ID:ZwbWsFbP0
学問推奨ってのも教えてたのは寺小屋だしな

116 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:52:29.59 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

本来の朱子学は学問の発展のためにあるじゃん
中国では宋代に科学や技術が発展した
ただ、日本に持ってきた朱子学は為政者の権力の正統性のために使われるとか
魔改造をし過ぎ

117 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 07:57:16.43 ID:BiB+PKrr0
>>113
それは歴史を無視しすぎ
富国強兵策で育った学生をはじめに育てたのは誰かを考えてみればわかる
結局大坂の適塾と幕府の開成所の塾生たち
じゃあそれを育てたのはってなると初期蘭学者
この初期蘭学者は朱子学系博物学者を兼任している

そもそも富国強兵策がまともに動き出すのは明治も10年をすぎたあたりから
自然科学系でそのつなぎにいたのが前述の博物学サロン
お雇い学者だけでは限界があったしね

118 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:04:16.73 ID:ZwbWsFbP0
それは調べた結果全く違ってましたね。

朱子学の場合は強固な宇宙論を保持していて
陽明学者の方が近代科学への受容が強かった。
蘭学者初めとする諸学派が頑張っていたそうです。

朱子自体は天文学に多大な影響を与えたらしいですが

119 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:22:08.51 ID:urahrD5q0
>>1
東アジアでは諸悪の根源の地位を競う関係だね

120 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:25:56.34 ID:BiB+PKrr0
>>118
残念ながら陽明学がリードするのは幕末の話
主として大塩平八郎、学問的には佐久間象山以降
それも革命思想的な意味でね
江戸時代に陽明学は傍流でしかないよ
ただこれが明治以降の西洋科学の受容につながったのも事実

それ以前においては朱子学系博物学が中心
具体的にいうと朱子学(というより儒教)における格物致知における採取結果と
いわゆる西洋の博物学は表面的に同じ結果を生み出しているの
これは理と気がどういう形で表面に現れるかを観察することに意味があって
遡ればそれこそ山海経ですらその理屈で組まれてる
で、江戸時代における前述のごとく殖産興業にからむため藩校のエリートが中心になる場合もあった
そうなると必然的に朱子学者が中心になる
他方西洋における博物学も植民地での知見を記述することに始まったコレクション学
結果的に採取するという意味では同一の過程を生み出した
そのため吉宗以降の蘭学解禁で朱子学自体には思想的影響はなかったものの
博物学的な意味合いではそのフィールドを蘭学にまで広げ結果的に蘭学者に転向するものもでてきた

121 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:38:18.63 ID:ZwbWsFbP0
>>120
だからそれが近代科学素養の一つになったのは事実だが
「儒教を含めた諸学門の素養を持つ学者」によって行われたわけであって
儒学の影響の側面だけを抜き出して「土台になった」って影響を過大視するのはまず無理がある。

122 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:40:04.19 ID:1WLrapGg0
>>15
悪用されてるだけで本当は立派な思想なんだよね?
悪用しやすいのは儒教それ自体の欠陥じゃない。
運用が悪いんだ。
原発と一緒。

123 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:45:33.39 ID:QDHxAH4D0
龍樹より釈尊

124 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:45:50.21 ID:BiB+PKrr0
>>121
では逆に聞くけど近代科学受容の側面に貢献した他の学問で具体例がだせるかい?
とくにコレクトを主体とした自然科学でね

125 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:46:20.51 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>122
朱子の思想そのものはいいよ
ただ、問題は朱子学の日本における儒教経典の解釈学

126 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:47:36.41 ID:bPPd4Wyr0
論語・子路18「父為子隱,子為父隱,直在其中矣」
儒教は組織の腐敗を正当化する

127 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:48:45.38 ID:ZwbWsFbP0
まず自然科学には数学的な素質が必要不可欠だがこれは朱子学の影響ではないだろう。
日本の数学レベルは高く受容性が高かったのはこれのおかげでもある。

128 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:50:47.89 ID:ZwbWsFbP0
朱子は正当性より正統性を重視したせいでめんどいことに思想がなったと思う

129 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 08:55:33.67 ID:bPPd4Wyr0
仏教には、教団内部の不祥事を自分からむやみに外に触れ回ってはならない、という戒律があるが
仲間の不祥事を庇ってはならない、という戒律もある

130 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:01:37.78 ID:BiB+PKrr0
>>127
日本の数学は発展性という意味ではレベルは高くないよ
たしかに代数・幾何学の普及率は高いけどそれだけ
具体的に言うと8〜9世紀のイスラム世界にも追いついてないよ
まぁ鎖国という側面はあったけどね

131 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:04:04.63 ID:QO3nCdWy0
儒教は日本の癌

132 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:13:21.51 ID:ZwbWsFbP0
>>130
数学の高い普及率と基礎教養を習得してたから近代科学の受容につながったってのは否定出来ない事実でしょ。
あと幾何学は苦手だったでしょ。

133 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:17:10.80 ID:gSBFiSXr0
>>126
こういう孝の概念を無理矢理に忠の概念に当てはめるのが明治以降の皇国史観、臣民教育
の下地になったんだよ。官学と呼ばれる本質がそこにある。

>>127
数学が要求されるのは中国の後漢で官僚の必須教養であったように行政上で用いるためだ。
日本の数学が発達したのは江戸時代だがそれは社会の要請に応えるためだ。
後漢では九章算術のように儒学のカリキュラムに組み込まれているように仏教と儒学の根本的違いは
教育システムの構築の仕方にある。儒学は非常に教育の重要性を説く学問・宗教であり、江戸時代の藩校
の基礎が儒学であることもわかる。官学は常に礼制への遵守を求めるが蛮社の獄がいいように、
弾圧された学者の多くが儒学者だったように本来的な儒学は非常に議論好きな人間を生産する。
日本、朝鮮、中国の既成権力はこういう儒学の本来的な物によって生み出される世論には
常に牽制され続けてきたのであり、明治以降の国家神道と行き過ぎた中央集権による教育現場における
選別主義が儒学からの論理的思考を奪ったのが事実だよ。

敗戦後国家神道は否定されたが長すぎる教育システムの劣化状態は日本人から論理的思考
を奪ったままであり、選別主義は温存されたため記憶力重視のマニュアル教育に堕してしまっている。

134 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:20:28.81 ID:ZwbWsFbP0
>儒学は非常に教育の重要性を説く学問・宗教であり、江戸時代の藩校
>の基礎が儒学であることもわかる。
これは否定するつもりがないが連中の教育ってのは
「序列を決めるための教育」という側面が大きく技能や知能は二の次になる傾向がある。

>官学は常に礼制への遵守を求めるが蛮社の獄がいいように、
>弾圧された学者の多くが儒学者だったように本来的な儒学は非常に議論好きな人間を生産する。

長い長い歴史の一例を挙げて「議論好きな人間を量産するってのが」まずありえない
そもそも孔子自体が立場をわきまえずに邪説を振りかざしてる人間を処刑してる経緯がある以上
議論好きってのにも疑問を有する。

135 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:23:11.95 ID:gSBFiSXr0
>>132
普及など全然していない。数学どころか識字率が高いというのも明治になっても
自分の名前を書くのがやっとという人間を含めているように日本の教育システム
は普及の面では江戸と明治では大きな断裂がある。

136 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:23:44.49 ID:BiB+PKrr0
>>132
厳密にいうと幾何の代数処理だね

>数学の高い普及率と基礎教養を習得してたから近代科学の受容につながった
まず数学だけが土台になってるわけではないということを理解したほうがいいよ
それと基礎教養の習得とは?
まさか寺子屋の四書五経とか言わないよね

137 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:24:52.83 ID:ZwbWsFbP0
明治元年の日本全国の就学率は男子が43パーセント女子が10パーセントあったそうですがこれはかなり高い数字です。
都会に限れば識字率80パーセントという数字はうなずけます。

と当時の世界的に見ればかなりのもんでしょ

138 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:25:59.65 ID:ZwbWsFbP0
>>136
数学だけが土台なんてどこにも書いてない。
儒教の影響を過大視して儒教の影響を過大視してるのを否定しただけ

139 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:27:02.03 ID:V/3LxjWz0
日本に入ってきた宗教はどんなものでも世俗化を強めて変容していく
日本にあるのは儒教であって儒教ではないし仏教であって仏教ではない

140 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:27:39.03 ID:FS+ZK7660
日本の仏教は因果応報がねじまがって
「罰が当たった」とか言うから嫌い

141 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:30:30.28 ID:AjcZZMQC0
仏教=インド、儒教=中国
つまりインド>中国
さらにインド=中国包囲網
だから中国崩壊、日本最強

142 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:30:57.10 ID:Ww2JuaIA0
>>140
調伏が日本の中世仏教における主要な構成要素だった名残
当時の社会情勢がどんなもので誰がそれを望んだのか考えてみればわかる

143 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:31:08.20 ID:BiB+PKrr0
>>138
儒教の影響をそちらが過小評価してるだけ

それと
>数学の高い普及率と基礎教養を習得してたから近代科学の受容につながった
近代科学の受容の原因は
・数学の高い普及率
・基礎教養を習得してた
ここで基礎教養の内容が説明されていない以上
数学に着目しそれを土台とかんがえるのは当たり前
そちらの説明不足が原因では?

144 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:37:26.83 ID:bPPd4Wyr0
一応仏教にも神に罰を与えられるという考えは残ってる

中阿含経 35
(釈迦を論破してやろうとやって来たジャイナ教徒を論破し返して)

釈迦「さあ答えなさいアッギヴェッサナ。今はお前の黙る時ではない
アッギヴェッサナよ、如来に三度まで法を伴った問いを問われて答えない者は
今にでも七つに頭が割れてしまう」

そのときヴァジラパーニという夜叉が、燃える鉄の稲妻を持って
サッチャカというジャイナ教徒の息子の上空に立った
「もしこのサッチャカというジャイナ教徒の息子が
世尊に三度まで法を伴った問いを問われ、答えなかったら、そのときは
七つに頭を割ってやろう」

145 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:38:31.93 ID:ZwbWsFbP0
>日本、朝鮮、中国の既成権力はこういう儒学の本来的な物によって生み出される世論には
>常に牽制され続けてきたのであり、

牽制されてないでしょ。そこらへん担ったのは陽明学とか幕末限定だけど朱子学だよ。
陽明学自体が体制への危険性もってたから江戸幕府から弾圧されて傍流だったわけであって

>>143
和算とかは庶民が学べるレベルだったから
当然学者だった学んでたでしょ。

>しかし大坂の私塾は儒学もあれば蘭学、医学、漢学、天文学、和算など

と私塾ではいろいろ学べたから和算の影響も間違いなくあっただろうね。土台には。
いずれにせよそちらが出してる学問都市であった大阪ではいろいろ学べたのは事実で
儒教の影響だけを抜き出すのは無理があるでしょう。

146 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:39:12.34 ID:FS+ZK7660
>>142
結局、昔から思考が他人任せなんだろ
自分では動かない
子供のマナーのしつけをするときに
「そんなことするとおじさんに怒られるよ」って怒るのと
同じ気持ち悪さを感じるわ
「人から罰せられるからやっちゃダメ」っていうショボい倫理観
なぜダメなのかしっかり考えることもない

147 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:39:24.31 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

忠の思想は日本が捏造しただろ
君君たらずば臣臣たらずが日本では
君君たらずとも臣臣たれになった
もともと考は説いていたけれど、忠は日本の捏造

148 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:41:18.05 ID:Ww2JuaIA0
>>146
調伏って自分でもやる修法だよ
護摩を焚くこともあるけどアレってただの燃料だし

149 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:41:28.24 ID:ZwbWsFbP0
忠義は孔子すら説いてるよ

150 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:43:37.39 ID:ZwbWsFbP0
>>129
それ腐敗を産むだけじゃん

151 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:44:57.18 ID:FS+ZK7660
>>148
調伏って言うとよくわからんけど
悪を祓うみたいなんだろ?
それ以上のことはしらん

152 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:47:17.33 ID:Ww2JuaIA0
>>147
三綱五常のうち三綱に忠と孝が示されるから
儒教のもっとも基礎的な概念です

153 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:47:27.40 ID:jahl3lR/0
>>103
幕府だけじゃなく清も朱子学はかなり研究してたみたいだけど
日支の上流が欲しがったのは朝鮮の絶対的な支配体制でしょ
今の中共が北鮮の主体思想を研究するようなものじゃないの

154 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:48:22.87 ID:bPPd4Wyr0
>>150
うん

波逸提09 「比丘が、比丘の悪罪を、比丘でない者に伝えたらば、
許可のある比丘を除いて、波逸提である」

波逸提64「比丘が、比丘の悪罪を知っていて隠したらば、波逸提である」

波逸提09の条文は特定秘密保護と同じ匂いがするよね

155 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:48:37.44 ID:gSBFiSXr0
>>134
儒学の本質を言うのに孔子を上げるのは儒学への無知を晒すだけだぞ。儒学がメジャーになったのは
漢代以降であり(孔子が著したとされるテキストの多くが漢代に作成されたとされているように)、
それまでの儒教がワンオブゼムの状態こそ「長い長い歴史の一例」にすぎんぞ。

後漢の清議から党錮への弾圧、宋代の新法、旧法の科挙科目における理論闘争、明代の
皇帝をはじめとする中央集権志向勢力への抵抗勢力である、東林党。清代の海国図志
を編んだ公羊学派の魏源(海国図志が幕末日本に衝撃を与え、体制転換へと繋がったのはあまりにも有名)、
戊戌変法の同じく公羊学派の康有為、これらのように儒学は「序列」への反抗者を続出させたのが歴史だよ。

海国図誌がいい例のように体制・社会への疑問が社会自体への変革とともに技能や知識の進歩を生み出すんだよ。
知識や技能を第一とするのはまさに中体西用を唱えた末期清朝の発想と言える。

156 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:48:45.29 ID:Ww2JuaIA0
>>151
敵を苦しめたり殺したりする「呪い」のこと

157 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:50:00.91 ID:zF+v72Ac0
>>1
龍樹菩薩の著作って書いた本人以外理解できない内容だよね
宗教的権威無しで読んでみると同語反復で意味不明 
しかも専門家の間では、突き詰めると論理がめちゃくちゃで
仏教と言うか龍樹独自の論理学があると仮定しないとまともに読めないらしい

それに中論などの般若経典系が最終的に目指すのは戯論寂静って まともに取ると
近代社会で生活してる人にとっては無意味を通り越して有害な教えだよね

その点儒教は「まとも」だと思わ。

158 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:51:12.28 ID:BiB+PKrr0
>>145
それ元ネタ調べたが適塾の話でしょ
こっちが話してるのはそれ以前の話
その蘭学者たちの土台に朱子学系博物学があるって話をしてるの
例えば杉田玄白以降西洋医学は医学として独立したけど
それ以前の医学は儒教の一分野なわけ
だから本草綱目ができたわけだし

159 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 09:59:17.20 ID:c+gBK3sr0
宗教はよくわからないけど色即是空空即是色ってすげえなぁって思う
科学的な見方にも通じるところがあるし
ここからは完全にオカルトだけど真理を垣間見た人っているんじゃね?って思う

160 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:03:14.00 ID:UkSsiCk20
仏教の本とか読んでると辿り着こうとしてるのは植物なんだろ 涅槃寂静とか植物じゃないと無理だろ

161 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:05:55.17 ID:gSBFiSXr0
>>145
いろいろ学べるというが儒学を学ばずにほかの分野を学ぶようなカリキュラムはないぞ。
橋本左内や横井小楠のように藩政府からの留学という形で江戸や大阪に来た人間が
どういう学び方をしているのか見ればよくわかる。教育というものは143の言うように
基礎教養が重要であり、つまみ食い的な学び方はできないものだよ。

橋本左内は元々医師の息子であり、医術のために留学したが基礎教養として儒学を学んでいる。
結局その後医師の道に進まず、春嶽に登用されて将軍継子問題に関わって死刑になったが、
元は福井藩の教育改革のために登用されたのであり、当時流行りの神国思想を荒唐無稽と
切り捨てる合理精神はそれまでの藩校の藩主への忠誠を教え込む装置から本当の意味で論理的思考のできる
人材を育成する場にしようとしている。

162 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:06:31.04 ID:lbGhyY5b0
もういいよ 俺は老荘思想に走るから

163 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:07:07.40 ID:Ww2JuaIA0
>>160
森羅万象はすべて大日如来の顕れで…
密教って意外と自然科学を受容する基礎だったりして、

164 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:09:30.12 ID:Ww2JuaIA0
>>162
勉強を止めれば悩みもなくなるよね

165 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:10:41.44 ID:zDCNkkaB0
正しさにこだわって思想の研究すると行き詰まるし頭おかしくなるよ

166 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:11:04.56 ID:BiB+PKrr0
たしか千葉周作の道場だったかな
向かいに朱子学の私塾を知人が開いて剣術修行の名目の留学生にセットで入門させたとこ

167 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:11:38.00 ID:vJ7zixcQ0
仏教>>>>>儒教って感じだよな
儒教は本当に成功からは見放されたな

168 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:13:20.72 ID:A8yWw/1I0
西洋道徳との違いとして、ある道徳法則に対するメタ的法則を思考する態度が無い
だから道徳的であることの根拠が偉い人が言ったからしかなく、ひいては改変悪用何でもごされの聳え立つクソとなる

169 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:17:30.41 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>165
狂人こそ学問者なんだぜ
by陽明

170 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:18:24.69 ID:Ww2JuaIA0
>>165
何事もありのままが大事だよね
レリゴー♪ レリゴー♪

正統性の追求をこじらせたのが江戸時代のネトウヨこと国学者で
その結果が明治に起こった国家神道とかいうカルトの捏造・布教と
世界史上でも最低の宗教政策である廃仏毀釈だからね

171 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:20:45.49 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

中国の陽明学は朱子学へのカウンターでそれなりに妥当だったけれど
日本での陽明学は儒教と神道を合体させて国家神道を作った

172 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:22:27.04 ID:vJ7zixcQ0
まあ日本は宗教を制御できている方じゃないからな
むしろ韓国同様食われまくってる

173 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:23:01.31 ID:Ww2JuaIA0
>>167
儒教は近世政治思想の中核として圧倒的な地位にあったと思うけど
仏教は戸籍管理と葬式をやらされてた人民統治のためのtoolでしかない

174 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:24:33.39 ID:vJ7zixcQ0
>>173
明治時代で頓挫したのが儒教

175 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:27:32.69 ID:Ww2JuaIA0
>>174
挫折したように見えて実はみんな論語を読んでいるというのが儒教の謎の生命力
表面上は儒教の受容を拒絶したように見える明治政府だって家族制度は儒教的世界そのもの

176 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:29:48.84 ID:/mVLrYV0O
仏教を哲学と捉えてるから結局権力に利用されて長続きしてるってだけだよ

177 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:30:02.06 ID:kBwoKscPO
>>168
メタ的法則を思考する態度って例えばどんな?

低学歴だから分かりやすく説明してくれるとありがたい

178 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:30:22.54 ID:bPPd4Wyr0
論語は短いからすぐ読めるのがウリ

179 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:32:15.36 ID:BiB+PKrr0
儒教が本当に廃絶したのは敗戦以降じゃないかね
いわゆる君臣の関係は戦前の体制として維持されてるし

180 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:34:03.54 ID:Ww2JuaIA0
>>179
あー、天皇ー臣民関係がまんま儒教だった

181 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:39:45.67 ID:ZwbWsFbP0
>>155
>儒学の本質を言うのに孔子を上げるのは儒学への無知を晒すだけだぞ。
何言ってんだ。孔孟って言うように聖人扱いされてほぼ教祖の扱いだろ

>後漢の清議から党錮への弾圧、宋代の新法、旧法の科挙科目における理論闘争、明代の
>皇帝をはじめとする中央集権志向勢力への抵抗勢力である、東林党。清代の海国図志
>を編んだ公羊学派の魏源(海国図志が幕末日本に衝撃を与え、体制転換へと繋がったのはあまりにも有名)、
ながーい2000年の歴史の一部だけを取り上げて物事を語るのは辞めた方がいい

182 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:43:15.81 ID:ZwbWsFbP0
>>158
医学は儒教の影響が少なかった戦国時代とかからあるからなんとも
永田徳本とか有名でしょ

>>159
結局蘭学と諸学派を中心とした連中が立役者な以上儒教が土台とか中心というのは無理がある

183 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:45:43.28 ID:EBzerCxVi
皮肉と義者張れば儒教習得済

184 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:46:02.10 ID:khyfJD3Z0
実際悟りって体感できるものなのか

185 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:47:07.54 ID:Ww2JuaIA0
>>182
宗教は応用化学以前の思想の土台だからそういう比較はダメでしょ
地動説否定=弾圧とかだとどうみても科学の発展はないし

186 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:47:36.31 ID:BiB+PKrr0
>>180
南條範夫が面白い短編書いてるよ
いわゆる武士道残酷ものなんだけど
主人公の知人の医者が長野の某藩(架空)の藩士の子孫で
代々の日記が保存されてるんで主人公がそれを借り受けて読み始める
そうすると初めは藩主から暴虐な仕打ちを受ける内容
腕を切断されたり妻を寝取られたりそんな仕打ちが続くんだけど
忠君の家臣としてその仕打ちに耐える
そういう藩主が飛び飛びに現れるんだけど藩士のほうも忠君として奉仕し続ける
で、明治を迎えると廃藩で奉仕する相手がなくなる
そこで当主はより大きな存在して天皇に奉仕することを決め戦争に参加し戦死
それが2代兄弟も含めて一族ほとんど戦死という内容
最後に医師の話に戻って彼はそのことに誇りをもっているというオチ

タイトルわすれたけどw

187 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:47:59.22 ID:ZwbWsFbP0
そういう一部だけ抜き出す論法なら戦国時代や南北朝時代の武士だって楠木正成だとか石田三成を挙げて
「義理堅い」と言い張れるんだけど実態は自分の土地の権利のために裏切る奴がほぼ大量にいたわけで
一部だけ抜き出す論法はどうかと

188 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:49:15.61 ID:7W8zkztO0
Q.「空手で強くなりたいんですがどうしたらいいでしょう?」
A.
仏教先生「うちの道場で修行したまえ!」
儒教先生「僕の書いたテキストで練習するといいよ」
老荘先生「別に空手強くならなくてもよくね?」

189 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:50:55.89 ID:Ww2JuaIA0
>>188
わかりやすいw

190 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:52:03.75 ID:pmQnq3wJ0
論語って名言集だよね
どうやって哲学として成り立たせるの?

191 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:53:08.13 ID:Ww2JuaIA0
自己レス>>185
地動説否定=弾圧って意味分かんないなw
天動説否定=弾圧、地動説=弾圧に読み替えてください

192 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:55:44.06 ID:A8yWw/1I0
>>177
無知の知を自覚したか?
我思う故に我ありという法則を見出だせたか?

他にも多々

193 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:55:47.75 ID:Ww2JuaIA0
>>190
ねーねーそこの君、初期仏教もブッダの名言集だったんだよ。知ってた?

194 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:58:47.18 ID:JOzG7hqq0
>>133
議論好きや学問好きというのは、別に儒教特有の性質じゃないんだよね
そもそも西洋人も議論好きだし、西洋の議論は今の科学のルーツだね
中東もそうだし、インドの哲学議論も有名だろう
仏教もインドの哲学思考や議論文化によって生み出され、発展したものだしね
本来的には、キリスト教も仏教も知性を重んじ、教育と議論を尊重する文化的土台はあるわけで
むしろ中国よりも、西洋や中東やインドのほうが議論や哲学が発展していたよね
儒学者はあらゆる文明社会一般に見られる知識人の一形態でしかないんだよ
しかも儒教の議論に参加する資格は、実際のところ儒教社会の縦の身分社会を突破しなければ得ることができないものだった
記憶力重視のマニュアル教育はまさしく儒教が生み出した弊害だった

195 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 10:59:02.03 ID:Ww2JuaIA0
>>186
なるほどねー
後世からすれば民主主義の導入は大きな変化に見えるけど
同時代人には主君が個々の殿や将軍から天皇に変わっただけなのかもね

196 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:01:10.34 ID:eBj3sT060
>>193
そいつ馬鹿だから聖書をキリストが書いたとか思ってそう

197 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:02:19.72 ID:e29h+TQV0
神道≒道教
兄弟みたいなもんやろ

198 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:03:04.34 ID:eBj3sT060
>>194
馬鹿「儒教は記憶力ガー」

俺「学習で人生変えられる科挙がなければ世界は今もコネと家職で人生決まってたんだが?」

馬鹿「」

199 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:03:32.55 ID:W+cxewYL0
ウパニシャッドすら読まない蒙昧が何言っても説得力がない(笑)

200 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:04:16.90 ID:BiB+PKrr0
>>181
横からだか諸子百家の儒家を学問の大系として整えたのは董仲舒なんだが

>>182
えーと漢方医学って知ってる?
五臓六腑の理論にしても本草薬学にしてもこれすべて儒教博物学由来なんだが

>159ってのは安価ミスかな?
まず諸学派ってのも説明してよw
適塾の時期に蘭学除いたら何学派があるわけww

>結局蘭学と諸学派を中心とした連中が立役者な以上儒教が土台とか中心というのは無理がある
何度も繰り返してるがその蘭学者の知識の土台の話をしてるんだが?
緒方洪庵にしろ蘭学者にしろポンと出てきたわけじゃないんだが
そこまでの学問の積み重ねがあるんだよ

例えばアインシュタインは従来の研究の積み重ねのうえに相対性理論を発表してるわけ
それはマクスウェルしかり遡ればニュートンしかり
そこをオミットして単体の業績だけ見ても全く意味がない

201 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:04:31.14 ID:vJ7zixcQ0
>>175
それでも儒教は弱いでしょうよ

202 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:05:06.96 ID:7W8zkztO0
>>197
神道さんは混血すぎてよくわからんね
ダビデの星も混ざってます

203 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:05:28.00 ID:ZwbWsFbP0
。その『荀子』には孔子が政務に付くと、衆徒を集め、言談は邪を飾り衆を惑わす小人の傑雄の少正卯を誅しないではいられないとしてまっ先に処刑したとの伝承が出てくる。
また、時代が下って三国時代、竹林の七賢のケイ康が処刑された罪状は鍾会の直訴によると「今や、皇道(司馬昭の儒教の徳治)は明かで国中を風靡しています。……、
それなのにケイ康は…臣亊せず、自ら驕って当世を軽んじるばかりで、物の役にも立たない。無用で風俗を害するだけの輩です。昔、太公望は(仕えなかった)隠者華士を誅し、
孔子が少正卯を殺したのはその才が秀で、衆人を騒乱に赴かせる力があったからです。今、ケイ康を誅しないなら、王道を清めることはできますまい」と。
ケイ康は仕官しない陰棲主義の思想犯として裁かれた。魏で権勢を振るっていた司馬氏は儒教の孝徳を国を治める指導原理としていた。
その司馬師の手下の鍾会も孔子の故事をひいて思想統制の正当性にしている。
三国時代から少しもどり、前漢の武帝の時代には儒教の公羊春秋学者の董仲舒トウチュウジョが儒教のみを正統とし異端邪説の諸子百家を退けるように進言した。
武帝自身も感化され近臣の厳助を会稽の役人に任じた後、数年たって音沙汰がないので勅書を賜うて「つぶさに(儒教の)春秋の筆法をもって連絡せよ。縦横家の法をもってするな。」と書き送った。こ
うして武帝の贔屓をえた儒教は官吏の学問と意識されるようになって諸子百家の学を衰滅に追い込んだ。

http://www.geocities.co.jp/Bookend/3756/s.zyukyou.html

どこが儒者が議論好きなのか

>>198
それ自由度が官職だけに限定されてる気が。しかもごく限られた人物のみ。
科挙思想は否定しないが儒教自体が本質的に身分制度の肯定に使われてる以上例外的な気がするよ。

204 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:06:30.55 ID:FiI5rp1Q0
色即是空 空即是色

205 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:06:47.04 ID:eBj3sT060
脳みそが腐ってるID:vJ7zixcQ0は国家神道も社畜精神も儒教の変質した姿なのも知らないんだな
昭和までバリバリに日本社会を規定してたかのが儒教

206 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:08:21.70 ID:eBj3sT060
>>203
はい間違い
身分制度を世界で最初に打破したのはどこでしょうか?
お前は知らないだろうから教えてやるが中国な

207 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:08:30.94 ID:vJ7zixcQ0
>>205
昭和までって何だよ
今は何時代なんだよ
都合よく身勝手にディスするな市ね

208 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:09:45.64 ID:eBj3sT060
脳みそが腐ってるID:vJ7zixcQ0は陽明学と朱子学の影響でも調べろ
脳みそが腐ってるから調べることも不可能だろうが

209 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:11:14.31 ID:ZwbWsFbP0
>>200
だから初期蘭学者に「役にやった」のは事実だがそれ止まりで中心的な土台としようとするから無理がある。
中心人物が諸学派と蘭学者な以上そちらの影響を大きくしてしかるべきだろう。

>>206
孔子自体が自由化されれた身分制度の肯定を行ってる。
日本では朱子学は身分制の根拠になった。

210 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:11:38.50 ID:BiB+PKrr0
>>203
自分に都合のいいページから引用するのが得意だけど少しは自分の言葉で語ったら?
まぁウィキペじゃないだけましだけどww

211 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:12:00.31 ID:vJ7zixcQ0
>>208
調べたところで儒教の影響の弱さは変わらんがな

212 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:13:42.86 ID:eBj3sT060
日本の身分制は朱子学を根拠にしてるというのも間違い
朱子学によって身分制が流動化したことくらい常識なんだが

213 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:14:15.51 ID:BiB+PKrr0
>>209
いやだからまず「諸学派」ってのを説明してくださいよw

214 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:14:21.01 ID:G6unu3Mh0
でも、割りと仏教だってブッダの割りと矛盾している言明を一貫性ある形にまとめようとして
体系的になったって感じじゃないの

215 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:15:10.29 ID:uc6TybDn0
とりあえずスッタニパータ読めばいいんだな?

216 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:16:22.20 ID:1WLrapGg0
民主主義より儒教。
日本人の精神風土に民主主義は合わなかった。
これからの日本は儒教的な思想でやっていくべき。
人権真理教は糞って理解でいいんだよね?

217 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:16:24.25 ID:vJ7zixcQ0
>>214
新興宗教ビジネスが全て悪い市ね

218 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:16:32.95 ID:eBj3sT060
ID:ZwbWsFbP0もID:vJ7zixcQ0もそうだが
低脳は基本的な知識すらなしに議論してる(と思い込んでる)から困る

219 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:17:04.59 ID:0XMO7yIG0
カント的に言えば、そもそも「悟り」に至る事そのものを目的とするのではなく、あくまで「煩悩を遮断し安寧を得るために悟りを欲する」仏教は、動機が不純。
煩悩の大地に悟りの樹が生えているのであれば、悟りには意味がない。

220 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:18:33.44 ID:ZwbWsFbP0
漢方は道教の影響も強い以上なんとも言えない。
というか日本の医学なんて永田徳本だとか曲直瀬道三がいる以上
儒教になんでもこじつけるのどうかと。

>>212
室町時代の戦国時代は足軽が大名になったり武士が帰農したりとかその逆もしかりの身分制が流動的で


>>213
調べた結果水戸学も入ってた。
朱子学の影響は全然否定されてないどころか肯定的に語られてる本で
お前が言うこと以上の事も普通に書かれていた。
その上で「諸学派と蘭学」が中心だったって書かれてる以上そういうことだ。

221 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:18:57.68 ID:vJ7zixcQ0
>>218
問題点を指摘して問題を排除する方向になれば
議論以上の価値だろうな

222 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:19:19.96 ID:BiB+PKrr0
>>214
仏教は大乗以前の時点で3回結集を行って
シャカの言葉のすり合わせをおこなってるうえに
17派ほどまで研究部派がわかれてるからね
テキストとしては南伝だけでも矛盾のないように体系だってるよ

223 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:19:28.55 ID:Ww2JuaIA0
>>219
なにそれ?一個人の煩悩より大衆を救える俺らの方が優れてるとかいう大乗的なアレ?

224 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:20:01.05 ID:f1cKVKPY0
>>192
子曰わく、由よ、女(なんじ)にこれを知ることを誨(おし)えんか。これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らざると為せ。是(これ)知るなり。

225 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:21:20.95 ID:ZwbWsFbP0
戦国時代に武士は帰農したり農民が武士に出世したりと言った流動的な身分体系が見られたが
江戸時代以降士農工商などにより身分制秩序がひかれ朱子学がその根拠をになった。

これで流動的ってのは無理がある。

>>224
その上で聖人だのなんだのと思考停止に向かってるからなんとも言えない。

226 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:22:18.17 ID:vJ7zixcQ0
歴史的事実だけを述べるのが議論か?
ロープの上でサーカスやってんじゃないんだよ

227 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:22:52.52 ID:f1cKVKPY0
独覚者 維摩こそ最強

228 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:23:12.42 ID:eBj3sT060
>>220
江戸でも農民が武士になってることくらい知ってるよな?
朱子学の影響が巨大な水戸学が明治維新の原動力になったことくらい知ってるよな?
これは哲学や宗教以前に基礎的な日本史の話だが

229 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:24:15.30 ID:ZwbWsFbP0
>>228
室町時代や戦国時代なんて超大量に没落と勃興を繰り返してるわけで

それ水戸学と朱子学ってそれ幕末限定じゃねーか。

230 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:26:15.91 ID:9MLLG3AH0
体系的?

釈尊はそんなことを言ってないだろ 心を整えることの重要さは繰り返し言っているが

231 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:26:39.47 ID:eBj3sT060
>>229
幕末限定どころか敗戦までずっと支配的地位にあったのだが
しかも朱子学的価値観は日本の企業文化に完全に定着してる
ほんとお前頭悪いわ

232 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:27:08.45 ID:f1cKVKPY0
目指してる所がちがうのに比較はできないでしょ。

233 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:27:32.41 ID:DZBNfDvx0
そもそも日本は儒教国だったのか?
科挙もしない儒教の儀礼も行わない
儒教で一番重要な政治制度も殆ど採用しない
日本は論語みたいな精神訓話が好きなだけ

234 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:27:43.15 ID:vJ7zixcQ0
投稿数を増やしたぐらいでスレを支えていることにはならんぞ

235 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:28:49.53 ID:BiB+PKrr0
>>220
永田徳本にしても曲直瀬道三にしても名医として顕著な事例で
逆説的に考えればスタンダードな手法ではないよね
とくに曲直瀬道三に関しては特殊な方法と明記されてるし
永田徳本は実在性も疑問視されてる
じゃあそれ以外の一般的な漢方はどうなのかって話

「お前」よばわりされる筋合いはないがまぁいいわww

自然科学に水戸学?w
大日本史の天災の項目かよww
思想史の話はしてないってことをいい加減理解しなよ
あーそれとも水戸光圀が古墳掘った話が科学的だとかでも?www

あと繰り返しになるが学問の積み重ねを無視してるよね
蘭学者の土台はどこよ

236 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:29:51.67 ID:ZwbWsFbP0
お前の理論なら完全に身分制が否定されたのは朱子学体制が否定された戦後だからやっぱり朱子学がない方が
身分から開放されるってことだ。

237 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:31:05.14 ID:vJ7zixcQ0
>>233
明治以降の大規模な軍拡で儒教は拡大しなくなった
国家神道の実勢を考えれば簡単なこと

238 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:31:24.92 ID:Cx7Ftcgi0
東洋哲学にロマンを持つのもいいけどね
結局世界や人間を虚心坦懐十分見ることに関して
あらゆる地域が欧州に負けたのは事実だと思うとね

239 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:32:53.40 ID:A8yWw/1I0
>>224
無知の知ってなんだか知ってるか?

240 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:33:28.41 ID:vJ7zixcQ0
>>238
西洋の宗教は相対的だが世界的に成功をした
本質的にはだいぶ中途半端だがそれでも規模としては大きい

241 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:33:29.60 ID:f1cKVKPY0
政治における宗教や学問は手段であって目的ではないんだなぁ。
〜教だから、〜学だからこうなったなんてのは間違った見方だよ。
こうしたいから〜教を、〜学を利用しようが正解。

242 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:34:26.42 ID:f1cKVKPY0
>>239
ぜひ教えてくれ。

243 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:34:32.54 ID:JOzG7hqq0
>>198
その「人生決まる」という発想
学問を地位や財産を獲得するためのツールとしたのが儒教の学習システムなんだよね
権威の考えた体制側の理論を良く記憶した者が、儒教社会においては出世する
今はその権威が西洋科学になったけど、本質的には変わらないね
今も論語は自己啓発的に読まれているけど、それは処世術的な要素があるからなんだよね

儒教がいかに権力側の学問かについては、今の保守派や右翼に支持されている様子を見てもわかるよ

244 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:36:28.25 ID:k6zGO80n0
日本にある仏教の宗派は全部が楽な感じに色々省略したり
都合の良い慣習にしたせいで、仏教としてカルト扱いされてるんだよな。
でも楽だから日本の仏教良いと思うけども

245 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:37:53.51 ID:vJ7zixcQ0
>>244
日本では仏教は努力次第で誰にでも得られるようなものだろう
一方で儒教はサポートが少ないのでその本質を得ることは難しい

246 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:38:00.63 ID:tJjP2yfPO
仏教が科学的とか言う学者がいるけど大嘘だからな
仏教では地球を平面と山でできてると考えてる
単なるオカルトじゃねえか

247 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:41:27.40 ID:A8yWw/1I0
>>242
ググレカス
知者の立場から言ってる言葉書かれても本質的に違いすぎるんだよ

248 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:43:41.24 ID:vJ7zixcQ0
>>290
ググって市ね 便器でブリブリ

249 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:45:23.34 ID:PvbaSmpA0
たまに尊敬する人物に孔子をあげるオッサンいるけど何も知らないんだなぁって思うわ

250 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:46:48.48 ID:fM4usbg00
>>10
格好いい

251 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:47:14.90 ID:DZBNfDvx0
>>246
その辺は単なる古代インド人の宇宙観の一種に過ぎないからな
面白いのは宇宙開闢に一なるものからの流出や絶対者による天地創造説をとらない事

252 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:47:50.32 ID:ZwbWsFbP0
孔子「知るということを教えてあげよう。知らないことを知らないということだよ」

とちゃんと言ってるよ。

253 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:53:13.10 ID:ZwbWsFbP0
>ここで医学を学んだ弟子の数は優に数百人にも及ぶといわれ、我が国の医学中興の祖として大きな足跡を残したことでも知られる。

特殊どころかスタンダートじゃねーか

254 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:56:39.95 ID:A8yWw/1I0
>>252
でもぎょうしゅんはしってるんでしょ?

255 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:56:41.96 ID:xbIM38I8O
ああ儒教ね
祭壇に位牌を立てて祖先礼拝するやつでしょ?
笑っちゃうよね

256 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 11:58:48.94 ID:BiB+PKrr0
>>253
安価うてよw

医師個人として見た時それまでの医術に比べて特殊だって話だぞ
だいいち道三は戦国期の人だぞ
それまでの医術の歴史を無視すんなよ

257 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:00:27.10 ID:bPPd4Wyr0
宇宙論なんて展開したところで何の役にも立たないから
仏教的にはどうでもいい

中阿含経 22 蛇の喩え
「比丘たちよ、理論に依拠して、悲・嘆・痛・憂・悩が生じなくなるならば理論に依拠するがよい
比丘たちよ、お前たちは理論に依拠すれば、悲・嘆・痛・憂・悩が生じなくなる、と見るか?」
「いいや、大徳よ」
「よいぞ比丘たちよ、私もまた、理論に依拠して、悲・嘆・痛・憂・悩が生じなくなるとは見ない」

258 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:01:00.20 ID:NabBHtP/0
仏教に体系的な哲学はなく、日本の経典は中国語の音に当てはめたものを呼んでいるだけ。
だから、南無阿弥陀仏や南無妙法蓮華経と唱えると救われるという信仰に至った。

いまの資本主義で非合理的な考えだと思おうが、仏教やキリスト教の
困っている人は救われるべきだという考えが、人間を人間として生まれ変わらせ
今の世界の原型を作った。

259 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:06:34.70 ID:bPPd4Wyr0
ちなみに蛇の喩えとは次の部分を言う

「比丘たちよ、ここにとある馬鹿者たちがいて、法を暗記するとする。つまり、経、祇夜
記説、偈頌、感興語、如是語、本生、未曾有法、智解である。彼らはその法を
暗記しても、その法の知恵の意味を調べない。その法は、その知恵の意味を
調べない者には、洞察を許さない。彼らは非難することを良しとし、噂話を良しとしながら
法を暗記する。彼らはその意味のために法を暗記したのに、その意味に至れない
彼らにとって、その間違って理解した法は、長い間、不利益と苦につながる
それはなぜか? 比丘たちよ、法を間違って理解しているからである

「喩えるなら比丘たちよ、男が蛇を欲しがり、蛇を探し、蛇を求めて歩いているとする
彼が大きな蛇を見つける。彼はそのとぐろや尻尾を掴む。そのヘビは
身をくねらせて、彼の手や腕やどこかの四肢を噛む
彼はそれによって死んだり死ぬほどの苦しみを経験するだろう
それはなぜか? 比丘たちよ、蛇の掴み方が間違っているからである」

260 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:10:32.14 ID:qfNYjwue0
>>258
比丘たちよ、法を間違って理解しているからである

比丘たちよ、蛇の掴み方が間違っているからである

261 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:27:21.47 ID:0XMO7yIG0
>>223
カントは「何かを得るために何かをする」というのを嫌ったんだよ。
例えば「笑顔がみたいからボランティアする」→「盗人と同じで、他人を自己のために利用したいだけ」になるんだな。
悟りに至る動機が、「その悟りを得ることが正しいと思っている事のみにおいて悟りを得たい」ならカント的にはオーケーだけど、
「煩悩から逃れて安寧になりたい」だと、悟りを得る動機としては不純なんだな。
煩悩が無ければ悟りに至れないんだから。
煩悩は悟りの障害ではなく、悟りを得るために必要不可欠な要素になってしまう。

262 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:28:29.00 ID:yf1rOval0
仏教の哲学的進歩が早すぎたせいで科学の発展が遅れたんだよな
仏教が絶対的価値を認めないスタンスは個人の方針としては救いになるが文明の発展へのモチベーションを失わせる

263 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:29:24.49 ID:m4q5spIc0
日本の仏教は徳川幕府で経済的に保護される代わりに教義的に根絶やしにされた感じだろ

264 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:31:04.99 ID:LhE8r7cv0
>>29
それを言ったら、大乗仏教すべてが新興宗教になってしまう。
まあその通りなんだがw
大乗仏教は釈迦仏教とはほとんど関係ない。

265 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:32:13.33 ID:41dOs3pK0
なんで日本は道教を輸入しなかったの?
儒教とかより余程か使い道ありそうだけど

266 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:32:26.63 ID:8PRADbld0
そろそろ生きてること自体が辛い社会になってきてるから
日本で仏教ブームくると思う

267 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:33:24.63 ID:iFQAKJWc0
老子がかっこよすぎてニートになるわ

268 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:33:33.53 ID:LhE8r7cv0
>>44
たしかにw
日本仏教は、釈迦仏教とははっきり言ってなんも関係ない。
大乗仏教と幸福の科学は、原始仏教からの距離で言うと五十歩百歩。

269 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:37:04.15 ID:Ww2JuaIA0
>>265
異国の土着宗教をわざわざ輸入する必要がないじゃん
神道とか修験道っていう代替物があるわけだし

270 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:42:29.76 ID:A8yWw/1I0
大乗仏教は日本の安定性の礎にはなったな
そして倹約の精神などが偶然重なって資本主義発展の基礎が出来た
経済的に欧米に次ぐ発展が出来ているのはこの辺が影響していると思う

271 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:42:36.66 ID:m4q5spIc0
最澄やら空海が顕密を輸入する時どさくさにまぎれて道教も随分入ってきたんじゃないのか

272 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:43:05.63 ID:In5jvh7e0
無常
この一言ですべてを論破できる

273 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:46:24.23 ID:HXCLHj/f0
>>15
昔ながらの儒家は長男だけに土地と財産相続させるけどいいの?

274 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:47:37.40 ID:bPPd4Wyr0
>>261
「喩えるなら比丘たちよ、男が街道を歩いているとする。彼は大洪水を目にする。こちらの岸は危険で恐ろしく
向こう岸は安穏で危険がないのだが、こちらの岸から向こう岸に行くための渡り船や渡り橋はない
彼がこう思うとする

『そうだ私は、草木・枝葉を集めて、縛っていかだにし、そのいかだに寄りかかって
手と足でもがいて、安全に向こう岸に渡ろう』

その男は、渡りきり、向こう岸に至って、こう思う。『私はこのいかだに大いに助けられた
そうだ私は、このいかだを、頭に載せるか、肩に載せるかして、気の向くほうへ出発しよう』

比丘たちよ、その男は、そのようにすることで、そのいかだに対して義務を果たしているだろうか?」
「いいや、大徳よ」
「比丘たちよ、その男はどのようにすれば、そのいかだに対して義務を果たすことになるだろう?

比丘たちよ、いま渡りきり、向こう岸に至ったその男が、こう思うとする
『私はこのいかだに大いに助けられた。そうだ私は、このいかだを、地面に揚げるか、水に沈めるかして、
気の向くほうへ出発しよう』

比丘たちよ、ちょうどそのいかだのように、超越のため、執着しないために、私は法を説いている
比丘たちよ、私がお前たちに説く法は、いかだのようなものである。
お前たちが理解したならば、法すらも捨てるがいい」

275 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:48:39.83 ID:BiB+PKrr0
>>265
体系だっては輸入してないと部分的には入ってきてる
とくに朝廷には影響大きいよ

276 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:50:20.87 ID:iFQAKJWc0
論語に出てくる孔子はうざいが
莊子に出てくる孔子はかわいい

277 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:50:24.48 ID:iiqq+Ct90
>>200
算額奉納とか全国的に流行ったりしたらしいけど、
経済発展による影響のが強いんじゃね

278 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:50:44.96 ID:2g5bffgk0
革命を認めないというのは結局「天命」を否定しているという事であって
つまり日本の儒教は根本からおかしい

279 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:52:31.30 ID:iiqq+Ct90
>>265
仏教輸入したときに引っ付いてきたんじゃなかったっけ?

280 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:52:46.44 ID:Ww2JuaIA0
>>271
日本の密教は古来の宗教観と大日信仰が結びついて成立したわけで
道教が入り込む余地はなかったんじゃないかな
現世利益の呪術的要素はバラモン由来だし

281 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:56:58.34 ID:BiB+PKrr0
>>277
庶民における和算の有用性はかなり限定されると思うんだよね
四則演算があればさほど困らないわけだし
にも関わらず貸本屋がふつうに和算本を取り扱ってたりする
おそらくパズル感覚の側面が強かったと思う

282 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 12:59:17.61 ID:sz5VUn1i0
スブーティ長老

283 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:02:28.94 ID:gSBFiSXr0
>>181
その孔孟のイメージが作られたものだと言ってんの。
孟子が儒学におけるスターダムになったのは宋代であることを知っていってるのかな。

これほどの例を挙げてしかも歴史に巨大な影響を与えているのにまだそれを認められないのは
もう無知を通り越して学術的認知障害だと言わざるを得ないな。

284 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:03:52.66 ID:iiqq+Ct90
>>281
趣味が高度化するのは経済発展によって商売に高度な知識が必要となるからだと思うんだが、どうだろう
必要とされて存在するからそれをまた趣味とする人も現れる

船乗りでも出世するためには計算できないといけなかったっていうし

285 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:04:23.12 ID:gSBFiSXr0
>>182
本草綱目のことが目に入りませんか 

蘭学者が元々儒学者であることがわかりませんか。

どうやら君は文革で儒学批判を繰り返す紅衛兵レベルの知的水準の人物のようだね。

286 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:11:22.01 ID:qfNYjwue0
本草綱目(ほんぞうこうもく)は、中国の本草学史上において、分量がもっとも多く、
内容がもっとも充実した薬学著作である。作者は明朝の李時珍(1518年 - 1593年)で、
1578年(万暦6年)に完成、1596年(万暦23年)に南京で上梓された。

日本でも最初の出版の数年以内には初版が輸入され、本草学の基本書として大きな影響を及ぼした。
中国では何度も版を重ねたが、日本でもそれらが輸入されるとともに和刻本も長期に亙って数多く出版され、
それら和刻本は3系統14種類に及ぶ[1]。

287 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:12:12.17 ID:JOzG7hqq0
>>269
神道って道教の影響強いよ
修験道なんてほぼ日本版道教だし

288 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:12:40.39 ID:gSBFiSXr0
>>194
記憶力重視の弊害はまさに日本の中央集権システムによる弊害が教育制度に伝播したものだよ。
科挙の科目が論策重視であること、詩作を取り入れるなどの人間性重視を知れば儒学が
マニュアル教育ではないことは一目瞭然だよ。日本の江戸時代の身分制度は儒学ではなく
門地や血統によるものではないよ。この門閥システムを突き破る少ない例の白石、鳩巣、
が儒学者であるように儒学のみが江戸の身分制の抜け道であったことははっきりしているよね。

>西洋や中東やインドのほうが議論や哲学が発展していたよね
こっちは蛮社の獄をはじめ具体例を示しているのに適当にも程があるぞ。
紅衛兵くん、ソースもなしに言ってもだれも支持しないぞ。儒学の弊害を唱える者が
その実例を示すようでは皮肉でしかないぞ。

289 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:12:41.60 ID:iiqq+Ct90
>>161
学び方なら元は仏教じゃね。昔の大きな寺は大学みたいな役割していたし
寺子屋もそういうところから来てるんじゃね?

290 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:13:38.12 ID:ZwbWsFbP0
>>285
お前そうやってレッテル貼ってるみたいだが日本の医学なんて
儒教の影響が薄い頃からずっと江戸時代にかけて続いてたんだから
なんでも儒教の影響にしてんじゃねーぞ。お前こそただの儒教の狂信者だろ

291 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:16:08.80 ID:iiqq+Ct90
>>288
僧侶や医者、養子や買官とか

292 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:16:34.27 ID:BiB+PKrr0
>>284
1922年とかなり古いけど数学史の三上義夫
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/001017/files/47341_41295.html

趣味の高等化と経済発展はたしかに興味深いね
うーん一概に答えは出ないな

293 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:18:45.29 ID:ZwbWsFbP0
>日本の江戸時代の身分制度は儒学ではなく門地や血統によるものではないよ。この門閥システムを突き破る少ない例の白石、鳩巣、
>が儒学者であるように儒学のみが江戸の身分制の抜け道であったことははっきりしているよね。
室町時代なんてそれ以外にも家柄の勃興や没落がゴロゴロあって
江戸時代になって固定化した身分社会で儒教だけが身分制の抜け殻になっていったというのが正しいだろ。

294 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:18:49.29 ID:Slba/Dz50
>>7
ヒント:空海の著作『三教指帰』

295 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:19:42.46 ID:DZBNfDvx0
>>287
修験道は確かに神仙思想も混合してるけど
やはりその教理や修行体系は密教が主でしょ

296 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:20:43.59 ID:gSBFiSXr0
>>203
よくもまあここまで偏見しかないサイトを信じれるな。諸子百家を弾圧したのは
始皇帝であり、前漢ではない。始皇帝や武帝のように議論を嫌うのは儒学ではなく
権力者だということがこの駄文からもわからないのかな紅衛兵くんには。

ケイ康が処刑したのは儒学ではなく魏朝恩顧の臣だからなのだがこんなこと学者でなくても
常識レベルなのだが。こんなものを鵜呑みにするようでは畳弱呼ばわりされても仕方がない。

どうもZwbWsFbP0の知識教養レベルの低さはもう言い訳の通らないレベルだということ
がわかってしまったようだな。

議論がしたいなら「気がする」なんて言葉を使うなよ。自分は流されやすいだけの馬鹿ですと言っているようなものだぞ。

297 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:20:55.08 ID:ZwbWsFbP0
実は儒教が超大事にする礼儀って物自体が「上下関係を守るための形式主義」だからマニュアルなんだよね。

298 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:20:56.71 ID:wOjUXkbs0
日本に伝わった仏教って
中国人が理解したところの仏教なんだろう。
そら道教であったり儒教の思想が入ってるよね。
日本に伝わった時点で。

299 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:22:20.73 ID:iiqq+Ct90
>>292
たとえば思想なんかも西洋と同時期に似たようなものが現れたりしてるんだよな
どちらにも共通するのが経済の発展による唯物的な思考
現物を扱う以上、そういう現実的な考えになっていくのは至極当然のように思える

300 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:24:51.02 ID:ZwbWsFbP0
>>296
近衛兵レッテル貼り大好きのカルト信者って一部の文章しか読んでないんだけど

>董仲舒トウチュウジョが儒教のみを正統とし異端邪説の諸子百家を退けるように進言した。
と書いてる以上、それまでは諸子百家の教義が儒教によって弾圧されたってのが儒教を正当化した儒教サイドによるものだと普通に読める

あと部分否定しかお前出来てないな

301 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:26:01.31 ID:Slba/Dz50
>>246
仏教を一枚岩と考えているならそれこそオカルトだよ
(オカルトの意味が違うが)
経典の著作者は無数に存在するんだから
そのなかには分析的思考の人間もいれば
直感的思考の人間も空想的思考の人間もいる
思考によって経典を著述した人間もいれば
空想によって経典を著述した人間もおり
またヨガ的瞑想体験に基づく著作もある
どの経典を取り上げて論じても
それは仏教体系の一面を論じたに過ぎない

302 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:26:16.16 ID:BiB+PKrr0
>>290
儒教の影響の薄い医学ってなに?
日本の医学は唐医学の影響下にあったんだから当然儒教に基づいてるはずだが?

303 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:27:19.39 ID:G6unu3Mh0
しかし、執着を捨てなさいって説いてたはずの仏教寺院に所属する僧侶が日本の中世において
金儲けに一番精を出していた経済主体っていうのも皮肉な話だよな

304 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:27:54.97 ID:ZwbWsFbP0
それなら道教にも基づいてもいるよな。

つーか唐時代から500年以上たってとっくに独自進化遂げてるだろうなのに影響力語ってんのは無理があるだろ。

305 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:28:19.23 ID:bwayjWzt0
始皇帝が儒教を根絶やしにしようとしたのは間違ってなかったな

306 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:28:54.19 ID:xfyNsPoJ0
はあ?

仏教は道教のパクリで解説してるんだが?

307 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:30:35.84 ID:gSBFiSXr0
>>293
戦国期を室町に含んでいるのだろうがそれはただ権力が無力化しただけだ。
武力でモノが決まる時代を平和な時代と比較してどうするのだ。
紅衛兵くんには官公庁もヤクザの世界も同じだと言いたいのか。

抜け殻とはどういうことか、儒学が固定した社会を作ったののではないのか。
儒学の世界だけはそうではないと言いたいのか。林一門はどうなるのか。
白石や鳩巣だけではない山鹿素行や山崎闇斎はどうなるのか、在野の学者も多かったのだぞ。
言ってることがそれまでのレスと矛盾する内容になっているぞ。

308 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:33:44.72 ID:tJjP2yfPO
大乗仏教は竜樹教で小乗仏教はブッダゴーサ教
釈迦仏教は体系立てた難解な哲学なんて説いてない

309 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:33:53.74 ID:gSBFiSXr0
>>297
そのマニュアルだけを抽出したのが明治以降の日本の教育システテムだよ。
最もこれは日本だけではなく中国や朝鮮でも字句解釈だけをもとめる考証学派
がこれに該当する。

紅衛兵くんの知っている儒学は日本の教育行政が手を加えた「わかりやすい国民のための儒学」
でしかない。

310 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:40:01.77 ID:ZwbWsFbP0
>>307
カルト信者には理解したくないだろうが平和な時代の身分制の根拠を朱子学に求めて体制を作った以上朱子学が批判されて当然だろ。
そら在野の学者もいるだろうけど基本的に流動的な身分制は以前から比べてずっと少なくなっていったのは事実。
逆に身分制度ひくために儒教入れておいて何言ってんだ。

>>309
礼儀そのものの性質を語ってんだけど
カルト信者ってカルトの忠誠近いすぎて頭おかしくなってんだな。

それなら官公庁が儒教に手を加えたソース出してもらおうか。出せるよなカルト。

311 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:40:18.81 ID:gSBFiSXr0
>>300
こんな駄文を信じれるカルトは紅衛兵と呼ばれるのがふさわしい。

始皇帝の弾圧に触れないこの駄文の作者こそが儒学という学問の弾圧統制を主張する輩だということ
がわからないのかね。廃仏毀釈がいいように学問や思想を弾圧統制するのは権力やそれに阿るものだということ
がわからないのかな。

こんな駄文を引用するなとほかのレスが読めないのか。実例を挙げて自分の主張をしてみなよ。
毛沢東語録を振りかざすのと同類の紅衛兵くんには無理な話か。

312 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:43:52.16 ID:ZwbWsFbP0
お前って気に入らないものを駄文呼ばわりしたり近衛兵呼ばわりしたり
儒教のカルト信仰でおかしくなってねーか?
始皇帝が弾圧したからって儒教が弾圧してないことに普通にならんだろ。

313 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:45:09.34 ID:BiB+PKrr0
>>299
うーんたしかに「発生」はするんだよな
ただそれが玉突き型に発展していく近代学問へといかず
実用性の側面のみで終わるんだよな
そこを比較すると考えられるのは
・ロジックの違い
・経済発展の方向性の違い
この2点だよね

例えば和算が結果的に実用性は
あってもそこから発展せず袋小路に入ったようにね
思想面で言えばまぁ安藤昌益みたいな例があるけど
あれを特殊とみるかユートピア思想の同時発生とみるかでわかれるとこだしね
どの程度まで「水面下での海外の影響」があったかも考慮する必要があるしね

そう考えると単純に国内の経済発展だけに及ばないで
広範に考える必要もでてくるかなー

314 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:49:21.30 ID:gSBFiSXr0
>>310
身分制の根拠を朱子学としたソースを挙げなよ。徳川は自らを神格化したが
そんな理論体系は朱子学にはないぞ。封建諸侯は幕府の定めた席時にしたがって
身分制の構造物になったが科挙とは全然違うぞ。無知な紅衛兵くんはどんどん言ってる
ことが矛盾だらけになっているぞ。以前と比べてとは何だ、戦国期のことか。人殺しの時代
と比較するとか本気なのか。

>それなら官公庁が儒教に手を加えたソース出してもらおうか。出せるよなカルト。
熊本出身の元田永孚による教育政策が教育勅語をはじめとする国家神道教育に結びついたことも
紅衛兵くんは知らんのか。後衛兵くんよ自分で今度は日本の教育がそうではないということ
をソース付きで示して欲しいものだ。あの駄文のようなものでなくな。

出せなければ本当に紅衛兵だな。

315 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:52:00.94 ID:BiB+PKrr0
>>304
安価もうてないのかよw
道教の影響があるって史料は?

そもそも本草学自体が前述の通り儒教の影響下にあって
その後の日本医学の発展も基本的に本草学の種類を増やすって方向でしかないんだが
あと500年ってのはなに?
唐医学と曲直瀬道三だったら1000年近い開きがあるんだけどw

316 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:53:13.79 ID:gSBFiSXr0
>>312
あんな駄文を信じれるようなものこそがカルトであり、紅衛兵なんだよ。
ネトウヨと言っていい。やっと始皇帝の弾圧を認めたか、そして弾圧の主体が
権力だということもわかったか。紅衛兵くんがここまでに理解するのに
要した労が実ってよかったよかった。

「儒教が弾圧してないことに普通にならんだろ。」普通とは何だ、感覚でものを言っているのか。
さきの駄文への信頼が揺らいでいるのか。始皇帝を出されるまで疑問にも感じなかったのか。

317 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:55:54.90 ID:ZwbWsFbP0
だから儒教に手を加えたってソースを資料付きで出してください

>その後の日本医学の発展も基本的に本草学の種類を増やすって方向でしかないんだが
これのソース出せよお前は人に要求したんだから

318 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:56:15.17 ID:BiB+PKrr0
>>310
身分制の固定は主として秀吉による刀狩りと検知の影響だぞ

319 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:56:47.68 ID:xbIM38I8O
黴の生えたような儒学儒教が好きな奴もいるんだなw

320 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:57:27.76 ID:ZwbWsFbP0
>董仲舒トウチュウジョが儒教のみを正統とし異端邪説の諸子百家を退けるように進言した。

この結果弾圧されてんだから普通に儒教サイドに問題あるだろ。
儒教サイドはこれを問題視したのか?受益者のくせに何言ってんだ。

都合のいいことはどんなに薄くても儒教の影響下
悪いことは権力者のせい

ダブスタだろこのカルト。

321 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 13:59:19.81 ID:ZwbWsFbP0
>>318
徳川はそれだけじゃ不十分だからわざわざ儒教を布教したんだと思うよ。
検地だけなら戦国大名とかも普通にしてるよ。
結果身分制の固定化に成功した以上儒教サイドの身分肯定的な性質は語られなきゃいけないと思うよ。

322 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:00:07.50 ID:gSBFiSXr0
>>313
安藤昌益の時代は江戸後期における農村の荒廃からくる
過去への回帰的な思想が多分に見える。江戸後期は商品作物経済の進展による
西日本の富農、豪農の発生による影響は苗字帯刀を求めることを手始めに
幕末の奇兵隊に限らず、農兵と呼ばれる戦争参加を通じた社会身分の上昇、ついで
倒幕後の自由民権運動へと収斂する。

323 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:01:58.24 ID:qcd2oH/D0
>>247
素直にわからないって言えよ

324 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:06:54.91 ID:BiB+PKrr0
>>317
新修本草(輸入)
本草和名(10世紀)
醫心方(10世紀)
本草色葉抄(13世紀)
頓醫抄(14世紀)
万安方(14世紀)
有林福田方(14世紀)

下にいくほど収録数が多い
また基本的に当時の中国本草の引用+日本本草の追加

325 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:08:21.33 ID:K0N4Hc3g0
7

326 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:09:43.32 ID:gSBFiSXr0
>>317
314がみえませんか?304が言っているが安価も打てませんか?

>>320
最大の受益者は始皇帝であり、武帝だろうが何がダブスタか。そもそも異端邪説
とは何か異端というのは同じ儒学だろうがその後も異端は現れているぞ。

>都合のいいことはどんなに薄くても儒教の影響下
>悪いことは権力者のせい

ソースも示せず、泣き言かね、紅衛兵くん人に求めても自分は示せない
ダブスタというのはこういうことを言うのだよ。

>>321
思うじゃなくてソースをどうぞ。自分の思い込みしか言えないからツッコミを入れまくられているぞ。
明治期の「教学聖旨」「幼学綱要」という公的文書から義務教育において皇民化教育を行うことを決めている
のがわかる。「思う」なんていう主観ではなく客観的なもので示して欲しいものだ。

327 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:14:53.15 ID:BiB+PKrr0
>>321
戦国大名は刀狩りによる兵農分離は行ってない
これが一番の要因
それと従来の支配者に比べ徹底した検知

はっきりいえば江戸初期における林家の影響はかなり限定される
社会の身分を固定化させるほどの力はない
むしろ江戸時代において身分が固定化された要因は
文治政策による大量浪人の帰農化
朱子学が力をもつのはさらに後の時代

328 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:15:34.43 ID:DZBNfDvx0
>>288
科挙の詩作が人間性を重視する為のものとは流石に無理があるだろ
例えば南宋最後の宰相である文天祥が獄中で書いた集杜詩は杜甫の詩を丸暗記し
彼の五言詩をそのまま組み替えた絶句二百首でできているそうだ
科挙の詩作が要求するのは人間性というより詩や韻書の丸暗記なんじゃないの

329 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:29:59.35 ID:BiB+PKrr0
>>322
そこは同意だわ
手工業によるプレ資本主義
さらに加えるなら経済改革に成功した藩のみが
倒幕において主導権を握り明治政府の藩閥へ直結することも
ただ明治初期政府の判任官以下を見ても(職員録・官員録・百官履歴・顕要職務補任録)
大半を占めているのは士族であって平民ではないんだよね
結局のところ農兵はM2年の奇兵隊反乱に見るように
解散・帰農を要求されてるんだよね
それが自由民権運動のエネルギーのひとつなんだけど

330 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:36:35.04 ID:ZwbWsFbP0
>>327
徹底したって残念ながら秀吉の検地って不十分で研究者で太閤検地出す奴いないよ。
あと兵農分離してないって朝鮮出兵があったから秀吉も兵農分離なんてできてない。

>>324
だから本があるってこととそれ以外が用いられてないってことには差異があるよ。
その本のみが日本医学の方向性だってってソース出してね

331 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:39:33.67 ID:HvjNvRvL0
>>10
ありがたいAAオブザイヤー暫定一位

332 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 14:56:21.82 ID:BiB+PKrr0
>>330
従来に比べてと書いてますが?
刀狩りについては兵農分離が目的ってのは通説だよ
そも江戸時代の完全兵農分離後ですら1万石あたりの動員数が250人
文禄・慶長の役ともに動員数は15万人にみたない
これは600万石に満たない
日本の総石高が当時2000万石以上であることを考えれば
兵農分離は行われていたと考えても問題ない

そもそも日本医学に道教の影響があると最初に>>220で言い出したのはそちら
まずその証明を行ってくれとこちらは要求してるのだが

333 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 15:26:43.19 ID:vyzbxxiQO
666

334 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 15:36:59.12 ID:ZwbWsFbP0
>>332
残念ながら15万もの兵を御家人や浪人だけで動員できる体力はない。
あとした名護屋にも諸侯の兵を詰めてる通り動員してるのは15万人だけじゃないし
西日本の大名を中心に編成してる以上諸侯が農兵主体で臨んだのは確実。

335 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 15:39:53.10 ID:ZwbWsFbP0
そもそも関ヶ原の戦いですら諸侯の兵は農兵主体なので豊臣期に兵農分離できてません。

刀狩り自体は不十分だったから

>これらの農村の膨大な武器がほぼ完全に消滅するのは、
>太平洋戦争敗戦後の、連合国軍最高司令官総司令部の占領政策による。1946年(昭和21年)に銃砲等所持禁止令が施行され、
>民間人は狩猟用や射撃競技用以外の銃器類と、美術用以外の日本刀を所持することができなくなった。

こうなってますねwikiですが

336 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 15:44:26.91 ID:Rbzdq2iQ0
チーナカ豆 に弾劾される釈迦は糞!

337 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 15:50:42.66 ID:BiB+PKrr0
>>334
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4004309654
これでも読んでからレスしたほうがいいかもね

あと体力がないって証拠は?
江戸時代でさえ250人/1万石ってのは兵農分離前に比べてかなりゆるい数字ね
それでもまかなえる
それと文禄の役は後詰の総数含めて18万人ね
当時の武士層は200万人と推定されている
石高動員数の面でも武士人員ともになんら問題ない数字

>>220のソースは?

338 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 15:51:44.35 ID:jiMzpa7U0
日本人に浸透してるのは
明らかに儒教の方

339 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 15:55:22.53 ID:BiB+PKrr0
>>335
えっ銃刀法違反と刀狩りを混同してるの?ww

そのちょっと上にこう書いてあるよ
>秀吉の刀狩令は百姓身分の武装解除を目指したものではなく、百姓身分から帯刀権を奪い、武器使用を規制するという
>兵農分離を目的としたものであったとする学説が現在では有力である[3]

340 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 15:57:26.65 ID:5Qat8sDS0
仏教と儒教は並列で語るもんじゃねーだろ

341 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:04:46.25 ID:ZwbWsFbP0
>>337
100万石の大名ですら一万を動員するのに武士だけなんて絶対無理だよ。
2000万石の大名が20万を武士だけで動員できないって書いたらわかるかな?

なんで身分制度の徹底のためだけに当時練度が高かった農兵を使わないのか。
半論のための半栄になってねーか君。

>>339
武器を消滅させられてない以上刀狩りの意味が全く無いだろ。
行使と有効性は違う。

342 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:06:26.88 ID:ZwbWsFbP0
半栄×反論○

15万のうちの大半は西日本の大名だから事実その半分で15万人ってこと考えると普通に農兵だろ。

343 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:16:24.36 ID:nem0Mykb0
秀吉の唐入りのときでも東日本と西日本なんて刀狩以前に軍法から身分からなにから
別の国の軍隊みたいなものなんだし一律で考えられないだろ
先進的な地域じゃ当たり前の旗指なんかでも九州とかじゃなかったんだろ

344 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:21:10.39 ID:BiB+PKrr0
>>341
>>342
いや普通にとかそういう理屈はいいから実際に農兵が徴兵されてた証明しなよ
こっちは上記史料と具体的な数字をだしてるんだからさ
そっちもムリダーとか感想言ってないで具体的な数字なり史料しなよ

刀狩りと検知の目的は兵農分離これによってまず武士層と結びついた一揆の防止になる
結果身分の固定化が進む
事実刀狩りによって身分の分化が進み帯刀というプレミアムがついているわけだが

そちらのレスを通算して見ても史料のひとつもあげてないよね
あの偏ったHPとウィキペぐらいかな
大半はムリダーダメダーの私見
いい加減上で指摘してる未回答の部分も含めて宿題消化したら?

ちなみに当時の武士層は200万人と推定される
西日本が政治の中心であったことも考えれば15万の動員はそれほど難しい数字ではないよ

345 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:32:34.58 ID:ZwbWsFbP0
お前自身全くソースとか出さないくせに無理だ−だの印象操作だけを繰り返し
人にはソースだけ求めて自分の主張だけノンソースで確定させようとするんだな。

だからほぼ西日本の大名だけで遠征で15万動員してんだから農兵が動員されてないってのがまず無理があるだろ。
当時の兵制考えてもいきなりこれまで当たり前のように農民動員してたのにこれからは武士だけで戦ってねってのが不自然極まりない。

>旧領に復帰した秀秋は農民保護対策を打ち出し、文禄慶長の役で疲弊した農村の復興に努めるが、ほどなく関ヶ原を迎えることになる。
とも普通に書いてあるとおり農民使ってたから疲弊したんだろ普通に。

346 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:42:20.73 ID:z26Qr9ku0
休日朝から激論だな
おまえらは江戸からタイムスリップしてきたんか?

347 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:42:54.16 ID:BiB+PKrr0
>>345
>当時の兵制考えてもいきなりこれまで当たり前のように農民動員してたのにこれからは武士だけで戦ってねってのが不自然極まりない。
まずここが間違え
秀吉末期は兵農分離が主体
農兵を主体とした体制は織田期の話(むろん地方によって差はあるが)

秀秋の話のどこに「農民を動員した」と書いてある?
端的に言えば兵糧の供出が原因

ソースをださないんじゃないなくて通説の話をしてるから必要ないわけ

348 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:49:16.80 ID:9/Am7JCN0
>>346
清談は正始の音以来の貴族の嗜みだ

349 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:55:07.33 ID:BiB+PKrr0
さて5時になったら落ちるね
スレが落ちてなかったら夜中に顔だすわ

350 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:55:29.45 ID:CrC5kK1o0
激論交わしてるくせに全然仏教と儒教の話になってなくてワロタ。

「おいらの知識を披露しまっせ!論破しまっせ!わっしょい!わっしょい!」

351 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:57:40.18 ID:BiB+PKrr0
>>350
儒教の話はID:ZwbWsFbP0が最終的にフルボッコされてもう終わったんだよ
今話してるのは雑談

352 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:58:16.41 ID:z26Qr9ku0
江戸朱子学は学問奨励の種をまいた
同時に武士道()とか国家神道とか一億総玉砕みたいなジャップ文化の種もまいた
デメリットのが大きかったこれでいいだろ

353 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:59:08.69 ID:OEDMtGAZ0
儒教は日本人の哲学

354 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 16:59:29.52 ID:BiB+PKrr0
>>352
まぁ主犯は葉隠と新渡戸稲造だな

355 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:01:34.46 ID:Cx7Ftcgi0
電気の秘密も解き明かせなかったような国々の宇宙論や哲学に
いまさら何の価値があるんだ?世界を全然注意深く見れてなかったんじゃないか?

356 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:06:21.15 ID:ZwbWsFbP0
>秀吉末期は兵農分離が主体
>農兵を主体とした体制は織田期の話(むろん地方によって差はあるが)
毛利家は慶長の役で120万国しか無いのに3万も動員してた。
武田信玄が2万5000千であること考えるとやっぱり普通に一般人を動員してないとありえない数字。

357 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:07:40.85 ID:tJjP2yfPO
釈迦が現代のジャップランドに生まれたら絶対ニートかホームレスだよね
相性最悪な気がする

358 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:08:56.32 ID:7yq2JPmH0
ケンモメン発狂スレですか

359 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:09:39.90 ID:qfNYjwue0
釈迦はニートでホームレスだろ?

360 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:16:46.81 ID:uoFr/Eus0
>>355
そういう自然現象を解明しても、人間の問題の本質には迫れないからあえて無視してきたんだろ
時間のムダとして
仏教の無記がそれだ
死後の世界とかも本来は無記

361 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:19:42.13 ID:qfNYjwue0
ID:tJjP2yfPO

362 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:22:23.17 ID:4NQyFxww0
仏教は不立文字だから体系なんてないんよ

363 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:23:39.67 ID:uoFr/Eus0
>>362
それは中国で成立した禅だけの価値観

364 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:28:27.08 ID:PzFHZI6/0 ?2BP(1000)

>>352
その通りだ
今でも日本会議がいる

365 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:30:25.48 ID:Cx7Ftcgi0
>>360
人間の問題はよく知らないけど
電磁気力こそはまさに人間の存在の本質をなすものの一つだと分かったんだから
分かる前からくだらないと捨てちゃったのは相当痛いよね

366 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:37:13.29 ID:z26Qr9ku0
まあ儒教が癌つって仏教ageもどうかと思うがな
結局近代より前の思想宗教なんて科学知識無い時代に知りえる知識だけで世界を解釈したってだけに過ぎんよ、悪く言えば妄想
その当時で試行錯誤した人間の文化として距離置いて読むならともかく現代でもマジで信奉してたらイタイとしか思えん
嫌儲民ならもちろんそれくらいの距離感はもってるよな?

367 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:38:49.79 ID:uoFr/Eus0
>>365
まあそれはそうだけど、当時は解明する方法が無いから
自然科学は生まれた時代とテーマの選び方を間違うと
努力しても時間をムダにするだけなんだな
フェルマーの最終定理に人生かけて玉砕した無名の数学者とか

もしかしたらブッダはそこまで気づいて、やめるように言ったのかもしれん

368 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:39:09.65 ID:xfyNsPoJ0
>>359 違う違う

王子⇒人生おもろい事ないやん・・・⇒出家するわ
⇒嫁「一国の王子ともあろう方が国も家族も捨てるの?ひどい」
⇒悪魔め!(神の道に邁進する俺を止める奴は悪魔)
⇒苦行やるお!!⇒死ぬ思いしたけど…何かちゃうわコレ…
⇒じゃあ自分でなんか考えた教えを俺の周りにだけ広めるわww

これ

369 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:39:52.64 ID:qfNYjwue0
>>368
それニートでホームレスな

370 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:41:39.24 ID:4NQyFxww0
山田無文の臨済録は夢中になるほど面白かった

原始仏教以外は認めない人もいるけど悟りを実践していく姿って素晴らしいよね

371 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:41:59.46 ID:xfyNsPoJ0
>>369 せやなw

372 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:45:31.62 ID:uoFr/Eus0
>>366
仏教の世界観()とか宇宙観()とかはどうでもいいと思ってるは
現代宇宙観と曼荼羅とかのコジツケも胡散臭い
ただ精神の構造とか生き方を考えるところは興味深いと思う
無常論や因縁生起や空も抽象的だから時代に流されない気がする

373 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:47:04.43 ID:Cx7Ftcgi0
>>367
ブッダ凄すぎじゃね?
やる前からムダかどうかまで分かっちゃうなんて
凄えぜブッダ、ボルタやファラデーが仏教徒じゃなくてよかったぜw

374 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 17:56:09.92 ID:njghdZe60
>>370
禅宗と原始仏教しかないと思ってる男のひとって・・・

375 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:03:31.00 ID:6rQNruLh0
>>364
それは正しく学問の奨励か?
儒教のない西洋のほうが圧倒的に学問が発達しているよ
儒教は少なくとも日本においては、(主として処世術のために)既にある知を吸収するのには貪欲だが、発展はないね
学問はほとんど常に今でも西洋がリードしているんだよね

376 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:05:41.32 ID:uoFr/Eus0
学問と科学は微妙に違うしね

377 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:07:03.09 ID:njghdZe60
>>372
抽象的っていったらキリスト教神学もヒンドゥー哲学も十分抽象的なんだが
仏教のすごいところはそれが現代科学になんら抵触しないところだわな
>無常論や因縁生起や空

378 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:14:14.52 ID:0dIGhmMb0
>>33
何でお前バカにマジレスしてんの

379 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:30:18.62 ID:bPPd4Wyr0
>>373
2500年前に近代科学者みたいなやつがいるわけないだろ

世界は有限だとか無限だとか、世界に終わりが来るとか来ないとか
人は死後存在するとかしないとか
魂と体は同一だとか違うとか、この世界と魂は同一だとか違うとか

昔の自然哲学ってこんなのだからね

実際的な証明もなくただめくらに妄想し合ってただけ
釈迦の無記説 (答えをはぐらかした話題) っつーのはこう言うもの

380 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:36:27.97 ID:z26Qr9ku0
まあ宇宙の泡状構造とかひも理論とかも未来から見たら曼荼羅と変わらんかもしれんな

381 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:37:42.46 ID:njghdZe60
>>379 人は死後存在するとかしないとか

如来(タターガタ)が死後存在するかしないか、だろ

382 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:48:58.73 ID:6rQNruLh0
確実に言えることは、儒教は新自由主義者が大好きってこと

383 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:49:22.20 ID:bPPd4Wyr0
>>381
そうだった

釈迦が如来って自称するときは「このように(五人の苦行仲間の元に)戻ってきたオレ」
って意味だと思うんだよね。根拠はないけどさ

この部分も「このようにやって来た(人)がどこへ行くのか」と
勝手に脳内置換されるから記憶が薄い

384 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:50:14.80 ID:rcWNpOU+i
舌戦が好きなだけだろ
舌禍の知らぬ知障

385 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:52:02.33 ID:4H/IgCR40
>>10
かっこいい

わかってるな

386 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:52:52.54 ID:9wIg7uC40
儒教は帝王学だからな
倫理的な要素は含んでるがオカルト的な要素はない
日本神道は精霊召還魔法で陰陽道や風水と互換性がある
密教は少し呪術の要素が入ってる

387 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:55:12.08 ID:lO+rYkt80
やっと仏教の話になってきたけど、まだまだ浅い話だな。
悟りの内容について語っておくれ

388 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:55:35.38 ID:xfyNsPoJ0
>>386 まあ国家神道はオカルトでカルトでええよなw

389 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 18:59:54.28 ID:rcWNpOU+i
生意気なクズが

390 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:00:49.02 ID:Ko24Igtt0
>>388
もちろんそれでいいけど
国家神道と古神道は違うと思ってんだよな俺は
近代になってから社格が変わったり
色々と微妙な謎が多かったりして学問的に興味深いよ
まあ俺は基本的に仏教だけど

391 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:00:51.32 ID:0dIGhmMb0
ID:6rQNruLh0とか不幸な人生送ってるんだろうな

392 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:03:33.63 ID:Ww2JuaIA0
>>386
密教は少しっていうか護摩ってバラモンの儀式まんまだし

393 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:06:37.10 ID:MAUG06hI0
儒教の方がシンプルで完成度は高い

人間関係(君臣、朋友、夫婦など)を五常(仁、義、知、信、礼)で秩序づけようとする教え

儒教は改良を加えればキリスト教よりも優れた規範道徳となる

394 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:08:33.57 ID:Y38W9kTai
小人の学問が儒教
奇形民族ジャップにはまさに天使の如く思想

395 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:12:28.63 ID:L0qYePA40
>>392
それな
あれもナニカを呼び出してんじゃないかと思ってんだが
その意味で日本神道と本質的に同じだったりしてな
しかも科学的にオカルトが本当だったりしてとか色々と考えてしまう
最近よく考えるのは最新の科学とオカルトを結合して
全て科学的に説明できないのかなってさ
これって前人未到の難題だよな

396 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:14:50.04 ID:z26Qr9ku0
>>395
なんか最近やってるみたいだぞ科学者による真面目なオカルト検証

397 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:16:16.13 ID:FX9wYOiB0
>>393
単純に倫理として捉えるかオカルトも含めるかで
立場も変わってくるんだよな
論語もいいけど権力絡みの社会的倫理規範みたいな感じ
個人的には命運風水陰徳読書とか気に入ってるけど
切支丹も進化論を拒絶してるから池沼かっていうと
池沼ってことはないことも多いし
難しい問題だよな

398 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:17:50.52 ID:lO+rYkt80
>>396
NHKで特集してたね

399 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:44:49.29 ID:1hszQBgJ0
苫米地の仏教の話聞いて仏教の哲学かっけえと思った
馬鹿でも仏教の哲学って理解出来るの?
変なカルト教に入る気はない

400 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:46:39.96 ID:eBj3sT060
>>399
哲学は解釈する人次第
原典読めばいいだけ
もちろん宗教に入る必要はない

401 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:48:53.05 ID:0dIGhmMb0
>>399
苫米地の仏教話をかっけえとか思える程度の頭なら大丈夫

402 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 19:56:07.13 ID:bPPd4Wyr0
>>399
昔のパーリ語辞書がネットに公開されてて
単語の解説を読むだけでもかなり勉強になる

後は経典にアタックするだけの簡単なお仕事

英語が苦手ならgithubに日本語+中国語の辞書も上がってる
ただしたまに間違ってるので注意
 例: toilet powder (おしろい粉) → 「便所粉」

403 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:01:55.32 ID:0dIGhmMb0
>>402
こういうバカって昔から2chによくいるけど恥ずかしくないのかな
半可通なオタク臭さがキモイ

404 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:06:12.69 ID:bPPd4Wyr0
趣味で経典読むことに何を恥じよというのか
あと訳した文をテキストデータで持っとくと検索も利くしここに張るのも簡単だからおすすめ

405 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:12:25.60 ID:0dIGhmMb0
>>404
>趣味で経典読むことに何を恥じよというのか
経典を読むのとかどうでもよくて口調からしてオタ臭くてキモイの
なんでそんなキモイの?

406 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:18:58.40 ID:bPPd4Wyr0
好きなモノを勧めるときはキモくなって当然かと

407 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:22:39.61 ID:0dIGhmMb0
んなわけねーだろ
お前個人がキモイの?
それとも仏陀の教え?

408 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:23:46.19 ID:lO+rYkt80
お前もキモイから安心しろ

409 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:26:48.83 ID:0dIGhmMb0
オタクって「安心しろ」ってよく使うよね
キモ

410 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:27:23.79 ID:ZUc+nOkk0
戒名とか檀家とか初七日とか四十九日とか実に体系的な集金システムだよ
世界中どこを探しても無い哲学体系だ
実に素晴らしいね

411 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:29:04.46 ID:sZHUO5/B0
>>396
期待したいが難しそうとも思う
もしかして俺が世界で初めて解明したりしてw

412 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:29:25.47 ID:bPPd4Wyr0
確かに仏陀はこう言う

(自分が仏陀に帰依することになったことを周りに言いふらすことを)
有名人ならよく思慮して行うべきである (中阿含経 56)

しかし俺は名前を出してるわけでもなく仏門に下ったわけでもない

413 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:32:24.66 ID:7g4s6/CF0
>>405
ま〜ん(笑)ってほんとに屑だな

414 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:44:02.94 ID:0dIGhmMb0
>>413
(ゝω・)v

415 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:52:26.68 ID:3FRgei9P0
俺も苫米地の話し聞いてからネットで色々調べるようになったわ
スッタニパータとか原始経典がそのままうpされてたりするところあるし
般若心経も中村元のほんでしっかり意味を理解していきたいなとは思ってるわ
でも知れば知るうち言葉には出来なかったけどガキの頃から空の思想は体感で感じてたんだなって思うようになった
四苦八苦の意味とかな小さい頃から死ぬ事ばっかり考えて執着してたし

416 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 20:53:15.94 ID:/y2HIcq90
儒教は君主のための学問

417 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:52:54.86 ID:/LHF5DT80
>>416
忠より孝が優先されるのに?

418 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:21:29.55 ID:Ww2JuaIA0
あげ

419 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:42:01.64 ID:qfNYjwue0
苫米地英人(笑)

420 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:04:13.08 ID:A4wm1tLI0
>>356
信玄は全兵力を動員できたわけではない
他方毛利氏は惣無事令以降の秀吉の命のため動員に集中ができた
前述江戸時代は250人/1万石と書いたが
厳密にいうと寛永10年までは300人/1万石(それ以降235人)
また関が原では参謀本部の計算では300人/1万石と推計
120万石なら36000人なのでじゅうぶんまかなえる人数

また補足として明治初期の加賀藩では士族・卒族・中間・小者合わせて
2万200人が存在していた(102万5000石)
平時で動員基準がゆるくなった状態でもこの人数を有していたということは
秀吉期には家臣団の数がさらに多いことは容易に推測できる

>>220の証明は?

421 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:06:36.25 ID:XUWqsn7y0
>>417
忠と孝の相克はそれこそ古典的な題材
そう簡単に優先関係は定まらないだろう

422 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:12:28.41 ID:Dcj1xDz20 ?2BP(1000)

>>421
考のほうが優先されるよ
忠を重んじるようになったのは日本人が忠の思想を改ざんしたから

423 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:46:25.95 ID:0BtHvodJ0
なぜ始めは大乗経典の最高峰である法華経が重視されてたのに、
中世辺りから般若心経が重視されるようになったのか。
なぜ室町の禅宗隆盛後に江戸時代の朱子学の時代が来たのか。
結局仏教は近代化という観点では向いてないんだよ。
日本を近代化させそして蝕み滅ぼしたのは儒教のせい。
そういういみでは今も生き残る仏教は一番強かった。

424 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:00:31.68 ID:A4wm1tLI0
>>423
江戸時代の朱子学興隆は>>109
つまり明=漢人中心の中華文化が滅び清=非漢人=蛮族中心の時代になったという風潮が起きた
これは元での漢人冷遇も要因のひとつ
そのため周辺国である日本と朝鮮の間で朱子学国家の後継者争いが起きた

仏教が生き残ったのは葬式仏教としての側面が大きい

425 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:11:44.40 ID:0BtHvodJ0
>>424
大陸の事情ももちろんあるが、なぜ中国では大して
見向きもされなかった陽明学が日本では大きく受け入れられたのか。
日本の儒教は仏教や神道的価値観で解釈されたほぼ別物だからだよ。
陽明学は特に禅宗と親和性があったし、ある意味民衆向けの儒教とも言える。
結局は日本人は儒教伝来以降からずっと儒教を劣等生としか考えてない。

426 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:22:39.89 ID:ScQYZIq/0
嫌儲宗教部

427 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:44:07.49 ID:A4wm1tLI0
>>425
日本においては陽明学は中江藤樹以降傍流だよ
あくまでも中心は朱子学
陽明学は革命思想を伴うから冷遇視されてた
だから幕末の大塩平八郎しかり佐久間象山しかり倒幕の背景にはなったんだけどね
それと民衆の間で陽明学>朱子学だったのは
・朱子学が武士層の官学だった
・中江藤樹の翁問答が儒教の解説書としてもっとも平易で理解しやすかった
この辺りの事情によるもの

428 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:47:06.85 ID:zo5oFRDQ0
今はびこってる儒教は害でしかない

429 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:49:11.62 ID:0BtHvodJ0
>>427
表向きはな。中華秩序や江戸幕府からすれば朱子学以外は野蛮扱いだし。
だが昌平黌の儒官(総長)である佐藤一斎も内心は陽明学に傾倒していた。
幕末の志士なんかも陽明学の傾倒者が多い。

430 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:52:00.06 ID:nVsHPaNx0
儒者も竹を相手に瞑想とかするんだよ
そういうのは取り入れなかったんだね

431 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:53:21.02 ID:8Ja3pnXy0
>>10
龍樹はラッパー

432 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:57:16.47 ID:A4wm1tLI0
>>429
その表向きの部分が重要なんだけどね

陽明学そのものは禁止されていたわけではないし
儒教を学ぶものなら陽明学を学問的な意味でつまみ食いすることは不思議ではない
幕末の志士に陽明学が流行ったのはその実践思想と大塩平八郎の乱の影響
これは前述の通り

433 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:03:41.47 ID:a4zYPb3A0
で、お前らはそのだらだらとしたうんちくを会社組織に活かせているのか?

434 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:35:17.60 ID:A4wm1tLI0
>>433
おうともよ
このうんちくでメシ食ってるぞw

435 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 04:44:50.65 ID:KTQ7xbOYi
似非学問、匹夫の学問が儒教

436 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 07:57:08.54 ID:79LzIona0
儒教disの非リア充っぽさは異常

437 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:14:24.10 ID:XUWqsn7y0
>>436
社会非適合者の臭いが…w

438 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:18:21.20 ID:HJ+We47JO
>>410
長く関係を保つ事で金を得る。ソーシャルビジネスの先駆けだからな。

439 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 09:49:26.21 ID:RP1qDpKo0
儒教は統治にはわりかし向いてるんじゃなかろうか

440 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 09:50:33.72 ID:l2arqIe70
仏教は西洋哲学みたいに優れた入門書がないよね
宗教学すら修めてなさそうな怪しいおっさんの書いた本がごろごろありすぎて

441 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 09:57:34.82 ID:cuCvXK+t0
>信玄は全兵力を動員できたわけではない
100万石だった武田信玄の最後の遠征でも上杉謙信対策に5000置いてたけどそれにしても兵力30000で
当時の上杉氏は一向一揆に対策に忙殺されていた上に信玄は甲相同盟と越甲和与に守られていたから
織田氏と徳川氏以外との国境はほぼ晩節な状態でそれでもほぼ全兵力で2万5000だぞ。

120万石しかない毛利氏が3万も動員してるから武士だけじゃこんな数を動員するのはまず不可能。

442 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:08:36.07 ID:A4wm1tLI0
>>441
もう一度>>420をよく読み返しなよ
不可能もなにも兵農分離した徳川期でも動員可能な数字なんだが?

武田氏の事情に拘泥してるようだけど他の状況も考えたほうがいいと思うよ
兵農未分離の状態で3人/1万石はむしろ少なすぎだね

結局不可能って言いたいだけでしょww

443 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:27:41.54 ID:cuCvXK+t0
1万石3人なら100万石で300人しか集まらないけど?大丈夫

444 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:28:59.53 ID:CEZmQR5K0
所以もなく理屈もなく結論もない、意味を伴わない会話 = 綺語 (十善戒の「綺語」)
意味っつーのはそれが涅槃につながるか否かを言う

くだらない歴史についてくだらない争いをするのはまさにこれ
仏もこう言った『法について議論するか、さもなくば沈黙しろ』

445 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:30:37.90 ID:A4wm1tLI0
>>443
失礼300人/1万石だね

で、揚げ足取り以外に言うことは?
宿題いっぱいたまってるよ?

446 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:32:31.91 ID:l2arqIe70
仏教にも認識論の派閥、仏や極楽の実在
涅槃・転生の有無みたいなところで形而上・下の区別みたいなことがありそうな印象なんだが
その辺をうまくまとめてる本とかなさそうなんだよなぁ
なんで西洋哲学史みたいな本ないのだろう

447 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:34:43.54 ID:cuCvXK+t0
ちなみに当時の水準だと一万石250人だから300人は多い方だ。

448 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:39:17.78 ID:CEZmQR5K0
顕教だけなら何とかなるかもしれないけど
密教も禅も解説無理っしょ>西洋哲学史みたいな本

449 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:41:18.46 ID:Lg3hltpj0
老子壮子だな俺には

450 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:42:28.11 ID:A4wm1tLI0
>>447
えーと根拠は?

>>420でだしてるけど
関ヶ原で推計300人ていど寛永10年までの軍役で300人ですが?
豊臣期なら当然軍役はもっと多いし(5人/100石も確認できる)
さらに兵農未分離の織田期ではもっと多いよ
250人をきるのは寛永10年(1633)以降ですが?

451 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:43:00.60 ID:Q8NLxgo+I
ここ的に浄土真宗はどうなのよ。
中世日本が「宣教師の墓場」の異名を取ったのも半分以上親鸞のせいだと思う。

452 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:47:07.58 ID:cuCvXK+t0
http://www.asahi-net.or.jp/~bh3h-smjy/rekisi/douin.htm

>結論として、戦国時代は万石当たり、外戦の時百から二百人、内戦の時三百五十人と考えていいのではないだろうか?

信玄の最後の遠征は勝負かけてたから多めにしたんだろう

453 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:49:07.45 ID:XUWqsn7y0
>>449
「ニートのすすめ」だもんな

454 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:58:52.20 ID:A4wm1tLI0
>>452
例えばこページだと300人程度
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~kanri01/rounk/shyumi/guneki.html

こっちは三鬼清一郎から引用
具体的な数字に言及している
ttp://sans-culotte.seesaa.net/article/18336456.html

そちらが引用したページは残念ながら精度が低い
・江戸時代の動員令について全く触れていないこと
・貫高を石高に強制変換していること
この二点でもじゅうぶん

455 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:02:06.23 ID:cuCvXK+t0
江戸時代と戦国時代では生産力考えても全く違う。
秀吉時代は戦国時代に近いんだから戦国時代の例を見るべきだろう。

456 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:03:06.17 ID:Dcj1xDz20 ?2BP(1000)

>>437
社会不適合者だから学者に適しているのだ

457 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:07:45.96 ID:cuCvXK+t0
>貫高を石高に強制変換していること

貫高を石高にってドルを円に変換してるようなもんだから生産力あたりの兵力的に信頼性低いとはならない。

458 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:13:36.45 ID:A4wm1tLI0
>>455
根本的な話ね
1616年で300人→1633年で235人と減ってるんだが?
生産力の問題は関係ない
幕末にいくほど家臣の人数は減っている(前述の前田氏参照)
むしろ常時戦乱状態であった時代のほうが動員数が増えるのは当然

459 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:14:36.44 ID:MFEqWPxt0
仏教と儒教について学びたいんだけどわかりやすい入門書から教えてくれ

460 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:14:56.64 ID:NWqyjXXI0
>>446
仏教はインド哲学っていう大枠で捉えた方が理解しやすいかもしれない
バラモン正統派は魂(アートマン)を存在すると考え概ね実在論をとる(ヴェーダーンタは除く)
それに対して仏教は魂を認めず唯名論の立場で正統派を真っ向から否定している
仏教内の派閥の違いも正統派とのこういった関係を理解してないとわかりづらいし

461 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:19:25.57 ID:A4wm1tLI0
>>457
違う
基準相場に地域差と年代差があるため一律的な変換は不可能
変換するためにはその大名の支配領域の相場を年次ごとに調べなければいけない
その部分がかけている

462 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:20:56.72 ID:cuCvXK+t0
戦国時代の動員数は軍役衆って農民集めて作ってたんだよ。

君の主張通りなら当時の士農工商の社会においては軍役を担ってるのは武士階級だから生産力の上昇は関係がある。

463 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:30:59.01 ID:cuCvXK+t0
貫高を石高に強制変換していること

>もっとも貫高から石高を安易に換算することはできない。地方、時代によって違ってくるからだ。
>同じ後北条氏に仕えていた山村綱広という刀鍛冶は、永禄銭二十貫文という禄に対して五十石をもらっていたという。
>実高五十石ということは、知行高にして七十五石。つまり一貫=四石弱という換算となる。これで計算すると後北条氏の軍役は万石につき三百四十人ほどとなり、かなり過酷なものとなる。

とちゃんと触れているよ彼は。その上で340人ですら過酷と書いてある。
少なくとも専業兵士だけで1万石あたり340人の動員は不可能。少なくとも秀吉の時代では。

464 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:32:02.32 ID:A4wm1tLI0
>>459
仏教だとこれが読みやすいかな
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4333013992
日本仏教だったら同じ著者が角川選書からだしてる
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4047031240
これとか定番かな

背景のインド哲学だと金岡秀友さんの
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4333014093/
が大学基礎教養向けだから読みやすい

あと宗教史として村上重良さんの「世界宗教辞典」
http://www.amazon.co.jp/dp/4061594362/
を常備しとくと便利だよ

465 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:47:23.32 ID:A4wm1tLI0
>>462
??
軍役衆は兵農未分化の時代の話だろ
自分がいつその時代に士農工商なんてあるなんて話した?
軍役を担ってるのは武士?そんな話もしてないぞ
兵農未分離の時代なんだから

>>463
過酷であることと動員不可能は異なる
後北条氏は兵農未分離だから動員によって耕納者が徴収され直接疲弊する
兵農分離した場合増税が行われそれによって浪人などの臨時雇用が行われる
この増税によって疲弊したのが先の秀秋の事例

そもそも340人は過酷だというのはくだんのページの感想にすぎない
ちなみに島原の乱では佐賀藩は1万石あたり900人以上
熊本藩は400人以上を動員している
島原の乱は1636年のため実際秀吉期と比べ平時になったとはいえ
さほどの経済発展や生産性の向上はない
飛躍的に増大するのは17世紀後半から

466 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 12:14:15.59 ID:A4wm1tLI0
>>463
追加
その引用してるサイトいま読んでるけどめちゃくちゃだぞ
例えば
ttp://www.asahi-net.or.jp/~bh3h-smjy/rekisi/keidu.htm
>明治以降、戦前までは宮様はよく軍人になった。小松宮彰仁、伏見宮貞愛、
>久邇宮邦彦、梨本宮守正等が陸軍元帥、伏見宮博恭が海軍元帥になっている。中には、軍に入らずに遊び暮らしていたら、敗戦直後の総理大臣の椅子が転がり込んできた東久邇宮稔彦などという人もいる。
東久邇宮稔彦王が陸軍入りして大将にまでなってるのはわりと有名な話
そもそも「よく軍人になった」のは宮家は皇室の藩屏として守る義務があったから
そのため宮家男子は陸海軍いずれかに属さなければならなかった

完全な歴史オンチのサイトじゃなぇかw
まだウィキペひっぱってきたほうがましだぞw

467 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 12:25:25.77 ID:MFEqWPxt0
>>464
サンキュー
多くありすぎて何読めいいかわからないからこうして教えてもらえるのはありがたい

468 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 12:39:08.90 ID:NeHisjd20
論語なんて自分の道徳のためではなく、他人に道徳を説くために読まれていることがほとんど

469 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 12:40:45.02 ID:XNkQcVHp0
論語読むと孔子死後の教団がどんどん駄目になっていくのが手に取るようにわかる

470 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 13:22:28.87 ID:JMZtLba+i
仏教とか究極の机上の空論でもあるがな

471 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 13:26:54.45 ID:A4wm1tLI0
そこで陽明学左派ですよ!

472 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 13:33:06.19 ID:fO1ZGvqY0
>>451
中世日本は宣教師の墓場どころか信者大勢いただろ
それこそ徹底的に弾圧されてなお隠れキリシタンとして存続するほど

473 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 13:39:35.84 ID:fO1ZGvqY0
>>468
論語読みはいても
孔子思想の体現者なんていないもんな

むかしの儒学者はどうだったんだろうかね

474 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 13:43:48.54 ID:A4wm1tLI0
宣教師の墓場の語源ってこれかな?
ttp://www.wlpm.or.jp/cgi-bin/db/kiji_t.cgi?keys34=0003109

475 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 14:29:37.55 ID:DB2iiJYl0
仏教勉強してから釈迦の教えを信仰するのが一番いいわ
俗世の俗物を貪りそれに喜びを感じてる奴らが多すぎ争い起こしすぎ

476 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 14:33:10.07 ID:fO1ZGvqY0
>>474
>韓国では、日本を「宣教師の墓場」「宣教の荒野」と呼んでいます。
ほお・・・
韓国系宣教師の言葉だったのか

477 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 14:39:04.89 ID:VS4HcAWJ0
孔子自身が儒教を実践してないからな
白熱教室のアメ公みたいな口だけの屑

478 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 14:46:03.47 ID:BT/DQuqs0
伏義、神農の時代はめっちゃ道徳の国なのに、そのあとが段階的にダメダメになるのが中国。
なおジャップは神代よりダメダメな模様。
仏教も末法の世ですでにダメだが、日蓮の立正安国論的には去年からダメダメ戦乱の世
になるんだとか。

479 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 17:12:29.31 ID:0BtHvodJ0
まあ日蓮とか親鸞とかはまともじゃない。はっきり言って。
基本的には宗教とは距離置いたほうが良い。

480 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 19:54:16.03 ID:tSCHSDqg0
仏教者鈴木大拙
http://www.youtube.com/watch?v=3AKxPpfQs54

481 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 22:49:38.33 ID:ZUSZ75ON0
まず釈尊とよべ釈尊と
話はそれからだ

482 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 22:57:38.72 ID:jSNOPLCY0
>>481
マイケル釈尊

483 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 23:29:32.50 ID:ps2lKC+Q0
釈迦牟尼

484 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 01:21:51.93 ID:++4g9eeZ0
鎌倉仏教はキチガイの宝庫だな

485 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 06:15:58.33 ID:Ci/DZilL0
釈尊にあたる原語がない
原語にないものを捏造して何の利益があんの

486 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 06:22:11.34 ID:NxuFrVA60
YouTubeにある苫米地の仏教話が面白すぎて
もう有る奴を全部みたかも知れないくらいハマったんだけど
苫米地の語る仏教観って
ケモメン的にはどうなの

487 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 06:35:55.43 ID:lrEc4U//0
>>485
尊は敬称でしょう
明治時代にシェイクスピアを沙翁と表記したのと同じ
漢字文化圏では姓や名の頭1文字+敬称をつける慣習があった

488 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 08:00:25.76 ID:++4g9eeZ0
マ元帥とか?

489 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 10:05:11.95 ID:lrEc4U//0
>>488
そうそう
あと人名ではないけどドレッドノート・クラス→弩級とかね

490 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:14:58.45 ID:Rf+OS0dv0
国名だってほとんどそうじゃねえか。

米国、英国、

491 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 13:08:47.56 ID:stPt2rF50
>>490
だから漢字文化圏にはそういう慣習があるんだよ

で、釈迦牟尼仏の釈と敬称の尊で釈尊

492 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 13:17:59.72 ID:OkYAp7wW0
>>486
http://dailycult.blogspot.jp/2010/11/sm.html
http://www.brain-book.com/report/noukino-1.html

あとは自分で考えて

153 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)