5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

南北朝時代がなんで人気ないのか教えろ [231982652]

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:48:30.49 ID:l1QxKRwP0 ?2BP(1000)

高師直(下) 伝統破壊「南北朝の信長」


 南北朝の戦いの経緯は省略するが、建武3年、南朝方を吉野に追った足利方は幕府を開いた。

 足利家の家宰から将軍の執事となり、多くの権限を有するようになった師直(もろなお)は、新興武士層が主張する権益、
すなわち実力で奪った公家の荘園や寺社の本所を、新興武士層の所領として認めることで、輿望(よぼう)を集めることに成功する。

 師直は実力主義を貫く人物で、伝統や権威を破壊することを何よりも好んだ。

 家職であった武士階級の垣根を取り払い、誰でも武士になれ、実力次第で土地も所有できることを知らしめたのは師直である。

 すなわち、荘園制を崩壊に導いた張本人こそ師直であり、こうした伝統や権威の破壊こそ、後の織田信長に通じるものがある。

 暦応2(1339)年8月の後醍醐帝の死と共に、南朝勢力の衰退は始まり、室町幕府は軌道に乗り始める。
こうした流れを押しとどめるべく、後醍醐帝の跡を継いだ後村上帝は貞和3(1347)年、畿内各地に残る南朝勢力に一斉蜂起を命じた。

 南朝方は緒戦で足利方を破るが、翌貞和4年正月の四條畷合戦で、高軍に惨敗を喫してしまう。この余勢を駆って吉野まで攻め寄せた師直は、
吉野宮を焼き払い、南朝方に引導を渡した。これにより室町幕府は安定するが、平和が訪れると始まるのが、政権内の権力争いである。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140703/art14070308310005-n1.htm

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:49:22.55 ID:Psnm4yTN0
腐受けしないんだろ

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:50:01.93 ID:eJIfyYNZ0
楠木正成ぐらいしか知らない

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:50:25.35 ID:WteARPF/0
応仁の乱や南北朝は対立構造が複雑すぎる

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:51:00.83 ID:R0qhMq8M0
人気ないの?
普通におもしろそうだと思うんだが

6 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:52:41.80 ID:y2MHgCXQ0
>>4
これ
尊氏が南朝方になったと思ったら、今度は直義が南朝方になってた
何がなんだかわからねえ

7 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:54:30.77 ID:MsWAOpj90
一般人には複雑なんかね

8 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:55:06.83 ID:g/DXU0jj0
太平記あるだろ

9 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:55:13.53 ID:poEHcAEC0
そうか?隋が統一にいたるプロセスは春秋戦国より面白いわ

10 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:55:34.04 ID:TJ/ln59q0
顔が汚いじゃん
尊氏とか

11 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:56:00.11 ID:gcaNpnNO0
血なまぐさい

12 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:56:11.22 ID:EhJrP78l0
登場人物に思い入れできるほどの魅力の有る奴が少ないんだよ。

13 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:57:03.70 ID:N7zsOr0d0
足利尊氏=アシタカ

14 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:57:03.72 ID:OCoLjaaJ0
うちの家南朝方に付いて負けたから熊野から北に逃げてきた
残ってる記録だと1000隻の船で落ちてきたってなってるけどいくら何でも誇張しすぎだ大納言様

15 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:57:16.54 ID:SpIPjla90
後醍醐天皇がつよすぎる

16 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:58:04.87 ID:Sx6wJgbF0
複雑すぎってのが一番だけど
混乱状況にした元凶が後醍醐天皇だったったてこともありそう
明治以降戦後もかなり経つまで後醍醐天皇の問題点をいうことがタブーになってたから、
ただでさえ複雑な状況を後醍醐の失政を抜きに説明するしかなかったもんで
さらに理解しにくくなってた気が

17 :番組の途中ですがアドセンスクリックお願いします:2014/07/26(土) 21:58:38.06 ID:UqeYstkx0
半分に分かれたのなら天皇はどうなってるのかな〜?

18 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 21:59:28.19 ID:FK/GcxAk0
北畠顕家とかいうレジェンドが居るのにな

19 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:00:33.28 ID:tvV6GpuO0
>>14
太平記もたいがいやし
北畠顕家のあんな人数と速度、
絶対盛ってる

20 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:00:50.94 ID:t58blbba0
横山光輝が漫画化してなかったから

21 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:02:26.03 ID:Q0z+jEs/0
陣営がコロコロ変わって俯瞰しにくくストーリーとして成立させにくいと聞いた

22 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:02:26.16 ID:zHhcrDJp0
複雑すぎるからかえって名もない地方豪族に焦点あててやったら超面白そう。

23 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:02:55.71 ID:ktNUcooz0
楠木正成は社畜の鑑

24 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:03:34.20 ID:saE/3BOt0
18歳で大軍を率い尊氏を撃破した伊達も真っ青な東北イケメン武将北畠顕家

25 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:04:15.71 ID:y2MHgCXQ0
>>22
楠木だな
名はあるけど

26 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:04:45.94 ID:EhWoSUEM0
足利尊氏ですら大して知名度が無いからな
楠木正成はまだしも、新田義貞とか誰?状態の人が多くて泣ける(´・ω・`)

27 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:05:17.73 ID:n6WiIOKr0
>>4
ほんこれ

28 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:06:09.65 ID:NvEwUHTY0
敵味方が入れ替わりすぎる
終わりの南北朝合一までうだうだ長過ぎる

29 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:06:11.37 ID:gp7Wgzc40
桃井直常とか足利直冬みたいな重要人物がホイホイ行方不明になってて笑う

30 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:06:19.70 ID:Q0z+jEs/0
逆にマニアックであまり有名でないからこそ自由に弄ってネタにできなくもない題材でもある

31 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:06:43.24 ID:tvV6GpuO0
>>26
肝心なとこで女にうつつを抜かした
って印象持たれちゃうとね

32 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:06:54.51 ID:ZUc+nOkk0
きちんとやると今の皇室の正統性とかに疑義が生じるからあんまりネタにできない
面白いんだけどな

33 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:07:49.00 ID:voppoi840
日本史で人気があるのって戦国と幕末、次いで源平合戦だろ。
平和と言えば言葉は良いが日本史は基本的につまんないんだよね。

34 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:08:37.08 ID:saE/3BOt0
この頃を知ると日本って常に戦争してたんだなってのが思い知らされる

35 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:09:12.42 ID:s8Q4D3wE0
ネトウヨは

華族を中国人の事だと思い

南北朝時代を韓国の昔の事だと思っている

36 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:09:52.07 ID:j8vKBIsS0
>>4
まさに中世
中世ヨーロッパ史が好きな俺には堪らんな

37 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:13:30.62 ID:AaIa7Lx10
大河ドラマの太平記は名作

38 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:14:08.55 ID:ahB5TClu0
日本人が日本に中央政府がいっぱいあってもいいんだ
お上の言うこと聞かなくてもいいんだ
そういう時代があったんだってことに
気付いてしまうからダメジャップ
万世一系で紀元前から日本は一つの国ジャップ

というのが戦後洗脳教育の基本方針です

39 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:15:47.42 ID:f3FCTpuS0
名前が韓国と北朝鮮を連想させるから

40 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:16:07.35 ID:Lt09C2Tb0
>>37
今年の官兵衛が露骨に影響受けててわろた

でもまともな映像化って大河太平記くらいしかないよね
これも最後の方かなり駆け足だったし、ギリギリのところで成り立ってる感じ

41 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:16:07.59 ID:+RramYMX0
吉河英治の著作権きれて青空文庫で配信してるじゃないか太平記
面白いぞ?

42 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:16:21.54 ID:ktNUcooz0
そろそろ幕藩体制に戻してもいいんじゃないか
いわゆる道州制だろ

43 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:18:52.76 ID:saE/3BOt0
>>40
佐々木道誉な宇喜多直家にバカ殿全開な御着の殿とかなww

44 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:19:20.48 ID:mHYfk9HK0
日本史のタブーの一つ

45 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:27:10.47 ID:O4d7dHbe0
天皇が云々とかじゃね?

46 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:28:08.48 ID:Uir3TmbT0
征西将軍とか面白いと思うけどな
菊池一族とかさ

47 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:31:29.40 ID:y2MHgCXQ0
>>38
それはむしろ戦前の皇国史観じゃねーの
平泉澄とか

48 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:31:42.24 ID:juwiOSD40
後醍醐がクズすぎるからな

49 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:34:10.26 ID:pmQnq3wJ0
戦国時代と行動原理が違ってて新鮮だわ
行動範囲も広くていい

50 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:34:45.31 ID:bd5t5+d50
授業で端折られたのか
俺が興味を持てなかったのか分からんが
さっぱり覚えてない

51 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:36:34.50 ID:V6b8J3Zq0
>>43
武田鉄矢も地元だしなんかで出演しないかな〜
再来年の真田も太平記の武田楠木みたいに
冴えないオッサンが軍神みたいなギャップが面白いのに
なんで堺なんだよ。

52 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:40:03.93 ID:LmwnOXcf0
北関東の土田舎侍 新田が鎌倉潰すとかたまらんよな

53 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:41:15.79 ID:Sx6wJgbF0
>>46
面白いけど懐良親王の政府って、ある意味、日本から独立してしまったてたからなあ
それこそ、ドラマとかにするのが難しそう

54 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:42:41.45 ID:2VvDofAO0
尊氏が京都はいってからグダりすぎだろ
弟やら鎌倉残党やら天皇派残党やら部下やら
次か次へと敵が湧いてきてグダってる印象

55 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:42:41.21 ID:q4UtjwwL0
北畠顕家というチートキャラはなぜ異常に知名度が低いのか

56 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:44:09.18 ID:ktNUcooz0
あの時代で相応の身分があれば、東北暮らしが一番かもな
金が取れる、女は京から輸入、中央の政変とは無縁

57 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:49:16.67 ID:kalg5zgu0
お前らの憧れだろ南宋の詩人ポジ

58 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:49:52.03 ID:Lt09C2Tb0
>>51
冴えないオッサンの名将は昌幸のポジションなんだろ

>>54
そのグダグダが楽しいんだけどね
みんなやりたい放題やる自由さが中世の面白さだわ

59 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:53:20.38 ID:UTs2TocW0
鎌倉からの煌びやかなイメージがどうもぬぐえない
楠正成が人気なのは戦国武将っぽいからだと思う

60 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:55:04.00 ID:oUjVzJIs0
おきに流されたらどうするんだ!

61 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:57:08.26 ID:JwJ0w++Y0
ネトウヨ「朝鮮だから」

62 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:57:32.96 ID:xfyNsPoJ0
悪党とか非人とか
楠正成の尊王としての持ち上げられ方が臭い
天皇が阿呆で空気読めなさ加減
やんちゃ過ぎる武将たち

63 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:57:49.34 ID:K2BQ8jkb0
戦国以上に勢力が混沌としすぎて
俺にもワンチャンあるんじゃね?
だけで行動した人が多すぎる
幕末に比べてイデオロギーが弱すぎてはっきりと陣営に色分けできないのも
初見殺し

64 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 22:59:18.03 ID:hWM83MPB0
天皇マンセーのカルト国家的には天皇を追い落として作った室町幕府はタブー

65 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:01:15.12 ID:tvV6GpuO0
結局後醍醐帝って毛沢東と一緒で
革命家であって政治家ではなかったのよねぇ

66 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:02:38.48 ID:axmP5hUT0
>>9
まさか南北朝違いを見れるとはwww

67 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:02:50.86 ID:bRlfny7x0
>>37
名作というか傑作だろ

68 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:04:59.96 ID:bRlfny7x0
>>59
正成が人気なのは戦前の教育の影響が大きいんじゃないかな

69 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:07:58.88 ID:V6b8J3Zq0
しかし大河太平記のTDN木切れのエピソードはええな。
あれって要は高時や後醍醐をこんなのTDN木切れだ。
こんなのに命かけられるかって反旗を翻したのに
自分がTDN木切れなっちゃったから、
汚い木切れもあれはあれで神なのかもしれないって
死にゆく直義に語りかけてるんでしょ?

70 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:08:48.75 ID:9574FMjj0
後醍醐天皇のド根性は日本史一

71 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:09:14.69 ID:JWPeB5dF0
田布施大室タブーに絡むから

72 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:12:12.94 ID:y2MHgCXQ0
>>41
あれは面白い
合戦の描写に迫力があるとなお良し

73 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:12:14.14 ID:IPe703bP0
太平記が平家物語ほどさくっと読めないから?

74 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:12:17.40 ID:bg8UUYN60
あの有名な足利尊氏の肖像画って別人だったんだよな

75 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:12:47.58 ID:1ys4XvhgO
めんどくさいもん

76 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:14:43.87 ID:BmsS0mxK0
吉野なんて近いんだから普通に攻め滅ぼせよ・・・

77 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:16:23.21 ID:mEjA7y630
天皇制にとって黒歴史だから

78 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:17:09.93 ID:saE/3BOt0
何のために戦争してるのかってのが分からないし当の武将たちもそれ抜きで戦ってるから混沌とする
皆天皇のため朝廷のために北条幕府を滅ぼしたが
その後朝廷は朝廷しか見ず朝廷のために働いた赤松円心は使い捨て
そういった武士層の不満を集めて受け入れたのが足利で
また朝廷vs武家になるところだったのを尊氏が北朝を利用して朝廷vs朝廷に変えてきた
しかし尊氏の朝廷利用は大義名分として使うためであって本心はどーでもいいと思ってるし天皇親政をさせる気もない
尊氏が幕府開いた後もまた内輪争い
結局民のために戦争や政治をやる人が一人もいなくて内輪争いばかりだから後世の人たちの関心も人気も薄い

79 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:18:12.37 ID:L0UHRLm60
名前は聞いたことあってもどこの所属で何やったかわからない人が
大量に居る時代という認識

80 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:19:58.18 ID:R3OLqmxX0
足利尊氏がハゲのホームレスみたいだから

81 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:21:13.07 ID:+RramYMX0
そういやファミコンでこの時代のゲームあったよね
あれで北畠とか楠とか新田の名前覚えた記憶がある

82 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:22:11.96 ID:z26Qr9ku0
皇国史観の時代なら善の楠木悪の足利ってキャラ設定で来ててわかりやすかったんだろうけどな
戦後の南北朝観は誰が悪役とも決めづらいものになっちゃったからとっつきにくくなったんだろな
大河の太平記はクソ面白かったけど

83 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:24:23.85 ID:NxEAOkJq0
これほどまでに断絶がはっきりして天皇制に都合の悪い時代はないもんな

84 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:25:18.02 ID:y2MHgCXQ0
>>78
本筋ではないけど、武士は別に天皇や朝廷のために戦ったわけではないみたいだぞ
北条に不満があっただけで
だから正中、元弘と2回も失敗してる

赤松円心は鎌倉御家人というより新興武士層にあたるとかなんとか

85 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:26:21.28 ID:1NI41K6L0
偽史マニアにとっては一番面白い

86 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:26:30.08 ID:376Nd6xS0
戦国時代と繋がってるから、上手く人気を取り込めそうなんだけどな

87 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:28:11.41 ID:A30vjTq10
どっからともなく天皇が湧いてきたから

88 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:29:37.09 ID:tvV6GpuO0
この時代が最後かね?
お飾りじゃない皇族や貴族が
甲冑きて戦の指揮したのは

89 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:29:37.36 ID:xNmbkPeN0
鎌倉・吉野・弟と戦いの連続でおもろかったな太平記

90 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:31:56.68 ID:z26Qr9ku0
>>69
崇め奉ってるものも蓋を開ければ腐った木切れってのが自分自身になってたんだよな
腐った木切れは木切れなりに精いっぱい努力はしてたのにってのが最後の最後に分かるのがかなC(小並)
まあ昨今の大河脚本家は真剣に見習うべきと思うよマジで

91 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:31:57.17 ID:6QynymjF0
>>65
もっと酷いだろ

毛沢東は、全く新しい中華をつくろうとした、なんせ儒教を敵視したわけだからな。
中国史の中で、始皇帝レベルに中国を別の世界に造り替えようとした

後醍醐天皇は、ただ、北条得宗家の利権の独占に怒ってた傍流の鎌倉武士達にかつがれて出てきたけど
貴族側に利権を多くしすぎて、利権の再配分に失敗しただけ。
小物だし、やることもショボいよ

92 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:37:56.42 ID:9574FMjj0
>>83
天皇制に都合が悪いなら戦前に人気あって戦後にパッとしないのが変だろ

93 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:38:33.39 ID:saE/3BOt0
南北朝時代が戦前に人気だったのは戦前が天皇主権の体制だったから
そうなると天皇のため忠節を尽くす南北朝の争乱は国民の関心事になる
でも戦後は国民主権になった
そうなると見習うべき人が南北朝の時代からはいなくなる
高度経済成長も効いた
経営者にとっては天皇依存の南北朝よりも独立した地盤で経営する戦国時代の方が見習うべき人が多い

94 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:39:31.13 ID:CNsmsKaN0
多門丸

95 : ◆LiETG.z7ctov :2014/07/26(土) 23:39:53.85 ID:SaivNjUd0
(´・ω・`)南北朝は比較的わかりやすいと思うが、天皇同士で争ってるから
チョー映像化しにくい。

96 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:41:54.28 ID:2VvDofAO0
まあでも戦前じゃ一番人気だったんだろ?
クスノキ大人気だったらしいじゃん

天皇のために滅私で滅亡ってのが受けたのだろうが
とても、現代で人気になる要素じゃないな

大出世の秀吉や、革新者(ということになっている)信長のほうが
現代人に受ける要素が山盛り

尊氏は生まれからして最有力豪族だし出世要素があまりないよね

でも、三成とか受ける世だから、滅私滅亡の美学もイケメン化すれば女にうけるかもな

97 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:43:41.56 ID:Ww2JuaIA0
>>92
まぁ戦前でも忠臣ヒーロー楠木正成の一点豪華主義だよね割と

現状は南北朝というか戦国時代一強で他全滅に近い状況だけど
戦国はイデオロギー対立がなくてバカでも理解できるから
大衆人気を独占してしまっているんだろうな
とても大人のたしなみにはなり得ないけど

98 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:45:33.89 ID:jEg0KpNu0
真田正成は維新後の政府関係なく、江戸時代から忠臣として大人気なので
左翼の人は変な説を唱えないでね

99 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:46:27.68 ID:jEg0KpNu0
真田じゃねえよ、変なコピペしちまった
楠木正成

100 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:46:34.52 ID:FkgeUEGR0
ハリウッド映画の「300」を見て思ったが
「勝ち目の無い戦いに大義のために死を覚悟して赴く」ってのが受けるのは世界共通

楠木正成が人気あるのも当然

101 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:46:38.73 ID:L8/MJNX+0
ばんせいいっけい?なんですけど!

うそをつきました。

102 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:49:08.01 ID:saE/3BOt0
信長の野望やると楠木正虎のパラメータが低すぎて悲しくなるよな

103 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:49:27.83 ID:v9sIxN020
>>22
無名ではないが菊池氏がいいわ

104 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:49:37.05 ID:lPzw3Fuai
天皇が絡むものだし、北朝と南朝の対立とかタブーだから

105 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:49:56.67 ID:Ww2JuaIA0
>>98
真田正成www
大河なんだか昌幸の誤植なのかわかんねーなそれw

106 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:50:39.75 ID:xfyNsPoJ0
後醍醐天皇

な〜んで天皇の俺を尊ばねえんだよこの逆賊ども!!
いいか!ここが中国ならお前ら皆殺しだからな!!!
法力でお前らぶっ殺してやんよ待ってろ!⇒護摩焚き


法力頼みと宋学(朱子学)かぶれが酷すぎんだろうが…

107 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:50:56.86 ID:Wb9JfD1t0
何故か南朝が正統になって北朝の天皇ってハブられているんだよな

108 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:51:58.01 ID:ZHDxt50k0
>>2
腐要素に限らずヲタの心を掴むキャラで満ち満ちてると思うんだがなぁ

激情家とインテリ系の足利兄弟、微妙に劣等感持ちな新田、トリックスター佐々木、貴族にアホキャラ
あげたらキリがない位に個性的人物が多い

ジャンル何でも良いからどっか南北朝を舞台にしたゲーム出ないかと期待してる

109 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:52:09.12 ID:xfyNsPoJ0
>>107 まあ近世の裁判でも判断放棄したしw

110 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:52:25.37 ID:Ww2JuaIA0
>>104
平清盛が低視聴率だったのも根本はコレだよね
王家問題とか画面が汚いとか別にどうでもよかった
というか天皇家のお家騒動ってのが見たくもない汚物だったのかも

111 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:54:13.71 ID:y4kzh08o0
南朝ってどこで途絶えたの?
熊沢天皇はなしな

112 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:55:52.52 ID:+WfwP/580
人の女房を取ろうとして謀反をでっち上げた師直さん
尊氏に扇子で叩きのめされるシーンはマジ神大河

113 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:56:33.13 ID:2VvDofAO0
>>97
イデオロギー対立が理解できないんじゃなくて
イデオロギー対立なんて現代日本で対して意味を持たないからだろ
天皇武家の権力闘争よりも、パワーバランスや経済や戦争の進歩で歴史を見たほうが意義を感じやすいんだろ
非合理より合理 不自由より自由なものが好まれるのは当然

114 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:56:52.52 ID:z26Qr9ku0
>>106
何がタブーって天皇が乱交狂いってのがもうね…

115 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:57:53.92 ID:8BrwC/SA0
京都以外が、北斗の拳みたいな状態ってときに、京都の貴族たちの荘園が地方に散らばっているっていう時点からして、もう風前の灯火だよな
地方の治安維持機構が機能してればいいけど、肝心の治安維持担当者が武士だもんな、貴族の荘園を守るどころか、荘園から上がる収入を横領しちゃうし

ここら辺は調べると結構カオスで面白い

116 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:58:03.55 ID:xfyNsPoJ0
>>110 違うんだよ


馴染みのない話を一から大衆に教えて期待させるのは
脚本家や監督の技量によるところ大


だから太閤記(戦国期)を数年に一度やるんだわ
みんなあの頃の出来事なら知ってるから

おまけにキャラは確立してる
南北朝のキャラを一から大衆に教えるのは骨だよ

117 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:58:54.92 ID:y2MHgCXQ0
>>108
陰謀家の日野俊基、悲劇の将赤橋守時、暗君?北条高時・・・
義経英雄伝修羅のシステムでゲーム化したら面白そう
売れないだろうけどけど

118 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:58:55.35 ID:YrBNNqjp0
鎌倉末期〜南北朝までは実は日本史で最も面白いところな気が、最近してきた
現代の日本人に資料や研究の割に最も知られてない気もする、この時代のことを知らないと何故戦国時代がああなって
何故江戸時代がああなったのか、本質が分からないような気がする、家康も太平期や大鏡なんかの歴史書を熱心に学んだのも、その後の江戸幕府の統治体制がああなったのも
やっぱ南北朝の動乱と足利幕府の反省がある

119 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:59:08.62 ID:WQchg8t00
誰か面白い漫画を紹介してくれれば…
(学習漫画以外で)
三国志も戦国時代も漫画が良い入門書になってる

120 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/26(土) 23:59:18.53 ID:xfyNsPoJ0
何がタブーって天皇が女装して逃げたってのがね・・・

121 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:00:20.97 ID:XUWqsn7y0
>>113
んな進歩的な態度で見てる訳ないだろ
誰が強くて国を取るか、っていう猿山みたいな世界観が受けてるだけ

122 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:00:32.93 ID:XVHxKxze0
>>116
平清盛が低視聴率だったのは単純に脚本レベルが低いからだよな
平家物語は高視聴率だったわけだし

123 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:02:14.30 ID:JJq8hC++0
>>115 そら朝廷が食わしてくれねえものw
この

食わせてくれる主人に付く

ってのが江戸時代初めまで続く
孝や忠や義?
そんなもんで食えるか夢見るな

ってのがわかってないのが後醍醐天皇w

124 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:02:18.17 ID:rg2JwJIc0
>>118
徳川の凄まじい締め付けっぷりも
足利のグダグダ乱世をずっとやるより100倍ましだって思える

125 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:02:44.19 ID:tx7ZxKg60
徳川幕府だって初期は家康・秀忠の二頭政治だったわけで
幕府が尊氏・直義のように二つに割れる可能性はいくらでもあった
でも秀忠がヘタレすぎた

126 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:03:30.96 ID:NK/tWmDA0
太平記リメイクすればいいんじゃね

127 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:04:15.56 ID:EJod7qxL0
複雑で難解すぎる
マジで中世ジャップランド

128 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:04:26.54 ID:XVHxKxze0
>>118
家康が子作りに励む事と大名の力を削ぐことに力注いだのは鎌倉室町幕府の反省なんだろな

129 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:04:35.38 ID:XUWqsn7y0
>>116
そもそも大衆に新しいことを学び取ろうとする意欲がない
自分が知っている範囲だけで遊ぶことに満足してるから世界が広がらない
結果ますます題材が硬直化して日本史=戦国みたいな馬鹿げたことになってる


>>122
1972年の新平家物語は戦前世代がバリバリ生きてる、というか視聴者の中核を占めてた時代
戦後教育で軍記物語が避けられて伝承が断絶した影響は半端ない

130 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:04:46.99 ID:VCV3B+5G0
タブーに触れちゃうからじゃない?

131 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:05:05.32 ID:Ov6m1M0e0
太平記や梅松論の時代の権力闘争や群像見ると、日本人が権力に従順で大人しいという日本人の認識が
まるで初めからそうだったかのように思うのが錯覚だと分かると思う、室町なんかの中世日本人って武士から百姓などの庶民まで想像を絶するほど血の気が多い

132 : ◆LiETG.z7ctov :2014/07/27(日) 00:05:05.90 ID:d48ZUINs0
>>123
(´・ω・`)後醍醐天皇は革新派どころか奈良、平安時代みたいな
ご恩と奉公もない古代を復活させようとしていた時代錯誤野郎の安倍みたいなやつだよな。

133 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:05:36.71 ID:XVHxKxze0
>>120
女装は結構あるだろ平家物語でも女装逃げだし

134 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:05:43.95 ID:/5nIbEbo0
>>111
よくわかんないんだよね

南北朝合一後も、南朝の残党が蜂起して御所から三種の神器奪ったり、
応仁の乱のときに山名宗全が南朝の末裔を担ぎ出したりってことはあるんだけど

時々思い出したように表に出てくるだけで、その間どこでどうやって暮らしてたのかさっぱりわかんないし
最後もいつの間にか歴史から消えちゃったって感じ

135 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:06:08.50 ID:JJq8hC++0
>>122 いやゴメン清盛好きなんだわ俺w
もちろん

海賊王になるんじゃー!!

も含めてw
脚本はそれ程酷いわけでもないが
やっぱり大衆は

清盛?誰?秀吉関係アル?

とか真顔で聞くんだものw
やっぱ太閤記やらないともたんわ大河は
そろそろ

看羊録

あたりを取り入れたドラマ作れやw

136 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:06:14.17 ID:bZuSBS9C0
最終的に南朝が正当って意味わかんないよね

137 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:07:22.47 ID:XVHxKxze0
>>126
まあブーイングの嵐だろな

138 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:07:27.51 ID:m06geUDZ0
内輪揉めだから

139 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:07:07.57 ID:GxEBLbl70
>>131
大名追い出して、百姓の治める国があったくらいだしな

140 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:07:47.46 ID:Ov6m1M0e0
歴史好きで、南北朝時代のことをあまり知らない人はwikiでもいいから主要な乱とか登場人物を読み込むだけでも
結構、目からウロコなことがワンサカあると思う、俺がそうだった

141 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:09:19.84 ID:XUWqsn7y0
>>136
はいはい南朝が正統とかいって合一して
結局血統は北朝に継がせてるんだから世話ないわw

142 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:09:20.95 ID:rg2JwJIc0
>>125
尊氏が幕府開いた時33歳で、弟はそのいっこ下だけど
家康が幕府開いたときはもう60歳だからな

秀忠がわざわざ武力使って家康と対立する理由はないだろ
もうすぐ死ぬんだから

とか思ってたらそっから13年も生きやがったケド

143 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:10:06.06 ID:XoNbxK7w0
明治政府が何故か南朝正統説を採って南朝人気の方が高くなったけど
史実では結局南朝は敗れたから南北朝時代そのものの人気が無いんではないか?

144 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:10:33.86 ID:JJq8hC++0
>>131 最近ますますその傾向がTVも含め広まってるよな・・・
そうだ!思いついた


老松堂日本行録


をベースに歴史観を再構築しよう(夥しい電凸の嵐

145 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:11:37.52 ID:Ov6m1M0e0
>>139
南北朝から戦国時代までの日本史見ると、どう考えても「お上に従順なのが生まれ持った日本人の性質」なんて現代の日本人が暗黙に持ってるイメージは出てこないw
日本人の性質がレジスタンス気質だとさえ思える

146 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:12:09.86 ID:DUaqXegx0
南北朝が日本史で一番面白いと思うけど
主要キャラが皆正直に生きているのが良い
建前だけの中世ジャップランドと違ってホントの中世日本の人間ってここまで正直に
自分に素直に行動しているのが何とも

147 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:12:15.17 ID:7UNlBnQM0
南北朝っていう名自体が理由のすべて
皇室が分裂しちゃったなんて事態ほんとは隠しておきたいぐらいだろ

源平の合戦にしろ、戦国の世にしろ、下っ端がごちゃごちゃやってるだけ

148 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:13:05.07 ID:3KGzC0/O0
>>37
そう

149 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:13:12.24 ID:XUWqsn7y0
>>131
どうしてこうなった?を考えると結局戦国時代の終局としての徳川政権に理由を求めざるを得ない
要するに撫民政策効き過ぎワロタって話なんだが中世人と近世人は本当に同じ日本人とは思えない

150 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:15:47.69 ID:7yUMiTEs0
人気がない以前になにも知らない奴がほとんどだろう

151 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:17:31.66 ID:XUWqsn7y0
>>135
盛盛の区別がつかないとかいう意見が多かったのにびっくりしたよ
それどころか将門と清盛を取り違えるとかめちゃくちゃ

>>147
源平の合戦は天皇バリバリ絡んでるだろ
二位尼入水を忘れたとは言わせない

152 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:17:33.66 ID:zG3ZPyVw0
南北朝とかは
公家がお金を出して武士に争わせるって
ビジネス形成期でそ

公家とお金の流れを見たほうが
スッキリするはず

153 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:17:49.40 ID:yL9qE5D80
そんなに中身が入れ替わってるとも思えないし
自力救済の社会だったのが大きいんでねーの
明治に入ってからも秩父事件とか起きてるし

154 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:18:12.33 ID:Ov6m1M0e0
>>149
中世の農村とか武士と農民が未文化で治安も自衛だから農民でも、鍬を使うだけじゃ生きていけず槍や薙刀や刀を使えるのが当たり前みたいだったらしいし
よくぞリアル北斗の拳の登場する男性が全員肩パッド装着の武装民みたいな世界を、あれだけ去勢できたと思う

155 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:18:56.44 ID:JJq8hC++0
>>132 ちょっとちゃうねんw
後醍醐天皇の夢見た世は
幕末の志士が天皇家に奉公して幕府を倒したように


志士が不埒な武家を皆殺しにして天皇が中国皇帝の様に帝王になる
“尊王”や“攘夷”の世やねんw
(ここで理解しなければならないのが夷は天皇に逆らう奴の意味)

だからこそ後醍醐天皇が明治以降に評価され持ち上げられた
ところが後醍醐天皇の周りに集まったのは
悪党とか非人とかの怪しい集団が大多数

そら護摩焚き死ぬほどしますわw

156 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:19:24.21 ID:L0E03uuN0
信長と師直を一緒にするアホなんて産経くらいなものだよ

157 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:22:01.96 ID:XUWqsn7y0
>>143
戦前まで楠木は大忠臣だった説明になってない
マジレスすると南朝が敗れたことと昭和天皇が北朝系なのはぼかしてた


ちなみに何故か、の答えは
水戸光圀が楠公マニアだったから

158 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:22:31.87 ID:JJq8hC++0
>それどころか将門と清盛を取り違えるとかめちゃくちゃ

日本最大の反逆者“新皇”陛下と間違えますかw

159 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:22:47.11 ID:Y7A76rZW0
>>131
応仁の乱から戦国末期までの第一の価値観が「器量」だったのが、小大名が駆逐され大大名だけが残った頃になると
「忠義」が台頭して幕藩体制の成立でそれが至高の価値観となり、明治維新以降は国家への忠誠として流用される

160 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:23:18.36 ID:8GcEClfl0
>>100
レオニダスは最初から負けるの前提で行ったわけではないと思うが

161 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:24:00.22 ID:VMB+UBuS0
桃井直常って何がしたかったの

162 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:24:34.48 ID:tx7ZxKg60
日本は朝廷を軸に動いている
朝廷のためだ、いや武家のためだ、この繰り返し
関ヶ原&大阪の陣も豊臣姓を下賜され朝廷の臣となった豊臣家と新田源氏の末裔で武家の棟梁たる徳川家の争い
そして朝廷のために明治維新を起こしたが武家のためを思い西郷隆盛は立ち上がったが負けた

今の日本は天皇を象徴とし自衛隊の総指揮官である総理が政治・軍事を取り仕切っている
これは明治維新からの流れ
だから次に日本で革命を起こす奴がいるとすれば天皇親政を画策する奴

163 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:24:50.75 ID:JJq8hC++0
>水戸光圀が楠公マニアだったから


ほんまにこのオッサンの思想は
日本に悪影響しか与えんかったんちゃうか?
中途半端な宋学かぶれはSHINE

164 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:25:27.10 ID:HqoxAg2B0
天皇家のどろどろとした対立になるから
いろいろと不味いんだろ
源平とか戦国時代はそれほど天皇絡んでこないからな

165 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:26:47.63 ID:XVHxKxze0
じゃあ太平記名シーンでもみよーぜ
この飲み会が好き
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7041745

166 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:26:49.23 ID:XUWqsn7y0
>>154
中世の人々の自治意識はハンパない
お上がアテにならないと人間って文字通り必死になるんだな

徳川政権はその裏返しとしての強固な中央政府と暴力の独占を実現していて
独裁政権は意外と安定しちゃうのがわかる

167 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:27:59.47 ID:JJq8hC++0
>>162 せやろか?
先の大戦の教訓から数世紀は天皇家は
どっちにも付かないで静観してると思う
つまり

何処かが小競り合い始めたら一気に火がついて
近隣諸国の介入(軍事援助)を得て内乱が数世紀続くかもしれん

古代史の再燃やわコレw

168 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:29:32.14 ID:qgPERdFy0
北畠顕家
楠木正成
足利尊氏
高師直
新田義貞

誰が一番強いのか分かりにくいのも原因かと

169 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:30:16.75 ID:9bCA6seo0
>>13
略してアシタカか。たしかにそうだな

170 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:30:28.65 ID:VMB+UBuS0
尊氏の行動もわけわからん

171 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:30:33.99 ID:JJq8hC++0
>>165 まだこの頃はドラマ真面目に作ってたかねえ?

172 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:31:54.07 ID:Aa04kvBZ0
>>164
源平は後鳥羽が絡みまくりだけどなあ

173 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:32:04.24 ID:syrDaCTz0
裏切りにつぐ裏切り
嫌になってくる

174 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:32:06.29 ID:VxgQJ5HU0
秀吉の刀狩は、百姓の内情をよく知ってるからこそだろうな
なんとしても、骨抜きにしなければならなかった

175 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:32:08.53 ID:rsz+IOMt0
NHKで時代劇でもやれば

176 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:33:05.61 ID:JJq8hC++0
>>170 尊氏も大変だったと思うよ
アホで空気読まないで尊王尊王しか言わない宋学かぶれの天皇と
手綱緩めた途端に暴れる野盗まがいの家臣たち

そら分け分からんですわw

177 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:34:40.72 ID:9bCA6seo0
戦国時代は石高みたいな強さの一要素の目安がわかりやすいじゃん。他にも人口みたいな目安もあるけど。
でもそれ以前ってそういう資料あるの?軍事面での力学がよくわからない

178 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:35:32.15 ID:tx7ZxKg60
この時代で謎なのは尊氏はいつ天下を取る野心を持ったのか、という点
吉川栄治の太平記じゃ伝説の勇者扱いだったが現実はそんなこたぁないだろう
野心が無ければ筑紫から這い上がってこれないだろうしそれ以前なのは確か

179 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:36:23.13 ID:VxgQJ5HU0
明治政府も池田屋事件で過激派を減らしてくれなかったら、
もっとぐだぐだだったかもしれない
あの頃の日本人はまだ血の気が多かった

180 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:37:01.46 ID:HqoxAg2B0
尊氏は北条も気に入らないけど
便乗して政権を分捕ろうとする天皇も許さねえ
みたいな考えだから当時の武士の思想に忠実だったというだけ
尊氏の行動がまるで反逆のように見られるのは
いかに今でも皇国史観に毒されてるかということだよ

181 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:38:06.80 ID:VxgQJ5HU0
>>179
あと禁門の変か

182 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:38:13.30 ID:qgPERdFy0
>>174
刀狩が無かったら江戸幕府の安定も無かった
士農工商もありえなかった
ぶっちゃけ、現代日本の治安の良さにも繋がってる

太閤さんマジありがとう

183 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:39:21.46 ID:JJq8hC++0
>>175 でも江戸時代の人情話多いんだよな

184 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:40:19.73 ID:w/j2kyqY0
北魏は人気あるだろ
蘇我氏は北魏マニアだった説もあるし

185 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:40:34.48 ID:Aa04kvBZ0
>>178
一応、七代のうちに北条家に代わって源氏である足利家が天下をとることが一族の悲願だったってことになってるけど、まあ、あとづけだからな

186 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:41:28.82 ID:JJq8hC++0
>>179 やっぱ断片的な情報しかないってのは
人々に希望的な野望を抱かせるんちゃうんかな?

187 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:42:41.08 ID:X0Z2e1IR0
スナックし○マスターが後醍醐
楠木正成がどかちゃん
わかりやすい

188 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:42:54.15 ID:JZhCT1Wa0
南北朝のキチガイ率の高さ

189 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:43:36.82 ID:W59QDg040
菊池武光

190 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:45:38.38 ID:7yUMiTEs0
天下つっても意味は武士の権利みたいなもんだしな

191 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:45:48.47 ID:W59QDg040
北畠顕家
歴マンコは何故にスルーすんだろ

192 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:48:10.20 ID:XVHxKxze0
太平記名シーン2
弟直義派との戦に惨敗して一人で無様に敵地に帰還した尊氏のはずが

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7206566

193 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:50:27.30 ID:yL9qE5D80
>>191
そりゃ魅力的なカップリングが無いと
親王戴いて下向してたからそいつと絡ませるとか

194 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:50:37.27 ID:v5+sVXee0
幕府と後醍醐の対立から
尊氏との対立
その尊氏自体も仲良かった弟と対立して天下を揺るがす戦い

かなりドラマチックではある

195 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:51:26.28 ID:m3eTezKF0
>>149
明治になっても秩父事件なんてものがあったりするけどな

196 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:53:45.93 ID:JJq8hC++0
>>188 尊氏だけ一般人でバランサー
こうかな

有象無象の武士(いいから食わせろ!食わせてもくれないのに命令スンナ!) 

尊氏(お前ら仲良くしろや) 

天皇(俺がこの国で一番…一番偉いんだ!尊王って知らない奴は死ね!!)


尊氏さん良くがんばった
感動した
俺なら出家するw

197 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:55:30.41 ID:JJq8hC++0
>>195 「王道の犬」を読みたくなるからやめろw

198 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:57:41.46 ID:W59QDg040
新田義貞 噛ませ犬
楠木正成 ヒャッハー!
足利尊氏 ヘタレ
足利直義 やれる人
高師直 やれるんだけどイッテる人
護良親王 中二病患者
後醍醐 自己厨
北畠顕家 イケメン、やれる人 若死にしたのが悔やまれる
北条時行 KY
千種忠顕 頭はいいけど嫌われもん
懐良親王 菊池さんに乗っただけ
度会家行 単なる神主
北畠親房 御用学者
名和長年 弓矢

こんな感じじゃね?

199 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:57:44.38 ID:ltVi2yGg0
>>119
さいとうたかをの劇画は好かんのか?
北方謙三の小説もいいぞよ

200 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 00:58:37.49 ID:VxgQJ5HU0
>>196
天皇、公家には従わない
武士でも尊氏くらい家柄が良くないと、従わない
ろくなもんじゃない

201 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:00:27.54 ID:/5nIbEbo0
>>196
尊氏も尊氏で佐藤進一先生に躁鬱病呼ばわりされるくらいにはアレな人

202 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:01:38.45 ID:r2u+NN360
>>198
直義は無能の働き者とかトラブルメーカーだろう

203 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:02:36.46 ID:Y7A76rZW0
>>194
正反対の性格なのにすこぶる兄弟仲良く、尊氏と直義は権威と実務を分担する二頭政治それぞれ納得してた節が有るのに
周囲が全てが二頭政治に猛反対で派閥の領袖として分裂してしまうのが何とも哀しい

204 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:02:56.38 ID:VnFTBDYm0
高師直って忠臣蔵で赤穂浪士に伐たれる人だな

205 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:02:59.37 ID:VxgQJ5HU0
>>202
権力を持ちすぎた義経みたいなものか

206 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:03:12.37 ID:tx7ZxKg60
直義は源義経と同じだろう
名戦術家であって戦略家ではない

207 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:04:29.22 ID:N0Eq4KNj0
北朝側の有力武将が権力争いのために平気で南朝に降伏しまくったりして
勢力図グチャグチャになるから分かりづらいからな
南朝と違って損得勘定だけで戦ってる感があるから観てる方も肩入れしづらいし
まともな南朝は滅ぼされるバッドエンドだし

208 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:05:16.85 ID:Y7A76rZW0
>>202
DQNだらけの中で数少ない冷静な理論派、決して無能ではない

209 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:06:11.37 ID:JJq8hC++0
>>201 鬱病になってもおかしかないw

210 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:07:25.46 ID:Ld/arYwf0
護良親王とかに興覚える
神皇正統記とか関東で書いたのかな
戦国の火種撒いたってところか

211 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:08:35.42 ID:r2u+NN360
>>208
兄貴の名前で喧嘩売りまくっているのにか?

212 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:09:49.46 ID:tx7ZxKg60
大企業足利家の社長尊氏における常務取締役兼総務部長が高師直、専務副社長兼営業部長が足利直義
スタッフの責任者とラインの責任者の争いが観応の擾乱

213 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:10:07.55 ID:N0Eq4KNj0
足利って一族の団結力とか全然無いよな
同族で殺し合いし過ぎで引くわ

214 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:10:55.23 ID:yL9qE5D80
>>208
むしろ事務屋としては有能だった感じ
尊氏との対立は既存勢力の期待を受け過ぎてしまった結果っぽいし

215 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:11:01.93 ID:Ld/arYwf0
関東の戦国史もカオス
明日には身内も敵

216 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:11:04.51 ID:VMB+UBuS0
同族殺しは源氏の血かなあ

217 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:11:35.13 ID:JJq8hC++0
>>207 損得勘定で寝返ったりするって考えに嫌悪するのかね?
でもあの時代は

食わせてくれた者が主で
食わせられない主人は首切り

の時代だから
奴婢を食わせる能力のない主人は奴婢を家に置いてはいけない
のが当然でまだまだ朱子学が根を張るには乾きすぎてた

むせる

218 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:12:51.01 ID:v5+sVXee0
源氏じゃなくて武士の定めだろう
公家も兄弟や一族で争うのは普通だったが、彼らは普通血を流さないでそれをやる

219 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:13:27.63 ID:yL9qE5D80
>>213
あの時代の武士は大体そうだぞ

220 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:14:08.27 ID:qgPERdFy0
直義が兄より有能な弟すぎ
師直は有能だが問題が多すぎ
尊氏は板ばさみになり過ぎ

大河の太平記はよくやった

221 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:14:44.43 ID:DLVPgRws0
逆賊足利尊氏が最終的に勝利する話に人気あるわけがない

222 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:14:52.65 ID:Y7A76rZW0
>>211
光厳上皇事件とか評価に値すると思うけどね

223 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:15:03.50 ID:r2u+NN360
>>217
それを嫌ったのが後醍醐帝だろう

224 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:15:31.27 ID:MCflUTjP0
>>213
そもそも足利も新田も河内源氏の同族だし

225 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:16:05.90 ID:7UNlBnQM0
>>151
ぷっw天皇が絡んでることが問題じゃない
敵も味方も皇室ということが問題なんだよ

226 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:16:57.50 ID:MCflUTjP0
大河の太平記はショーケンがそのまま新田義貞やってくれてたらと今でも悔やまれる

227 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:17:43.63 ID:JJq8hC++0
>>221 尊氏様を“逆賊”と言ってはいけません

228 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:17:52.65 ID:xCSzpdrt0
鎌倉は天然の要塞とか言っておきながら、南北朝時代に何度も落とされてるよね
あんなところ、戦略上何の意味も無いって事に気付けよ
武家って馬鹿なの?

229 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:18:18.35 ID:v5+sVXee0
京都だって天然の要塞という触れ込みだったような

230 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:18:52.39 ID:QslBiV7uO
>>154
かつての日本であれだけ色々な武術が発展したのは、人々がそれを必要としてたからなんだろうな

231 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:19:01.35 ID:Ov6m1M0e0
>>213
観応の擾乱までは、驚異的に一門の統制取れてたと思うよ

232 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:19:54.49 ID:hN4UwGKV0
>>229
要塞の中で戦争しとったら要塞も糞もないわな

233 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:20:28.68 ID:VxgQJ5HU0
やはり近江だな
京と程よく離れた立地の良さに、琵琶湖の水運

234 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:22:06.99 ID:Ld/arYwf0
北朝と南朝
本家分家
長男次男
後妻本妻

争いはいつ起こるかわかりませんなぁ

235 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:22:22.90 ID:P9x4Y2C60
>>202
その評が一番当てはまるのは後醍醐天皇だな

236 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:22:32.29 ID:HqoxAg2B0
権力者一族が骨肉の争いするなんて
古今東西今も昔も変わらん
結局家族の絆よりも自分が一番かわいいってのが人間のサガ

237 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:23:03.36 ID:JJq8hC++0
>>223 宋学かぶれの後醍醐天皇の事は上で書いてるんだが・・・

・尊王尊王!お前尊王って知ってるか?
・いいか!ここが中国ならお前ら逆賊なんか志士によって皆殺しなんだぞ!
・はぁ〜こんな国に生まれて不幸だわアホ猿ばっかり
・やった!俺の勅で志士が馳せ参じたわ!⇒悪党と非人ばっかりやないか・・・
・俺が、俺が一番…俺がこの国で偉いんだそ!

宋学にかぶれて現実とのギャップが凄すぎたねw

238 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:24:21.05 ID:/5nIbEbo0
>>209
尊氏は単なる鬱じゃなくて躁転があるんだよ
>>192の元になった場面のように、直義に負けたのに異様に意気高で、会いに来た直義方の細川顕氏を降参人扱いしたりとか

239 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:24:37.02 ID:v5+sVXee0
武士どころか
君主制全般において子弟の不和を治めるっていうのは凄く大切なんだよね
そこに失敗すると内乱になるから
だからこそ跡目の決定がいつもビックイベントになる
その極端な形が戦国時代なんだよね

しかし、承久の乱のときと違って後醍醐みたいな冷血漢に武士が呼応したのがよく分からんなあ

240 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:24:48.89 ID:tx7ZxKg60
権力者一族の争いの果ての頂点が応仁の乱で
もうやっとれんわと見切りをつけたのが群雄割拠の戦国時代

241 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:25:38.68 ID:Ov6m1M0e0
>>229
京都盆地は城塞というには、外に通じる道がありすぎる
守る側は守備兵力を四分五裂しなきゃならない、攻めるほうはオトリと主力に軍を比較的分けて相互連絡しやすい地形、特に南側は城塞というには開け過ぎて守るのは不可能

242 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:26:57.53 ID:r2u+NN360
武士なんか貴族の護衛や田舎の開拓でもして納税してろよって事だろう

243 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:27:04.71 ID:HqoxAg2B0
>>239
武士は単に北条を倒したかったから朝廷を担ぎあげてきただけなのに
武士の世を終わらせて貴族社会に戻そうなんて言い出すような
空気が読めないアホだとはさすがに思わなかったんだろ

244 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:27:19.58 ID:slIB4iGu0
次の大河は北畠顕家やれよ。
原作はもちろん北方謙三「破軍の星」で。

245 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:27:57.63 ID:E+N4Ifl90
朝鮮半島のことかと思った

246 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:29:07.37 ID:Ov6m1M0e0
後醍醐まわりの連中の動機は朱子学が日本でどう受け入れられたか、そこらへんを知らないと分け判らんことになるだろな

247 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:29:14.15 ID:VxgQJ5HU0
宮方は武士を私兵扱いしてるからな
認識がだいぶ現実と乖離してた

248 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:33:05.40 ID:HqoxAg2B0
>>246
武士は天皇の下に仕える下僕という皇国史観が入り込んでるからな
すでに武士と貴族の差なんてメクソハナクソほどの差もなく
武士は武力を、貴族は権威をもってお互いを利用しあってただけに過ぎない

249 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:34:10.98 ID:Ov6m1M0e0
南北朝分かりにくいというが、wikiの尊氏のページをじっくり読むだけで相当に波瀾万丈だと思う
逆転逆転また逆転、更に逆転、も一つ逆転…とか何回逆転するのか?と呆れるくらいの展開の激しさ

多分信長より挽回の回数多いと思うし、ドラマチックな出来事も多いと思う、日本人にそこらが今まで知られてなかったのは
あからさまに天皇に反旗を翻したり、争いのど真ん中で悪者にされてきた歴史があるから、娯楽コンテンツがそこらから批判されるのを敬遠したからだろう、

250 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:35:39.96 ID:mXCJD0mN0
南北チョン時代

251 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:40:26.91 ID:xCSzpdrt0
>>244
ドラマじゃ良さを全然出せないと思う
絶対やっちゃダメなパターン

252 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:40:40.77 ID:T/IrpA/o0
足利尊氏は間違いなく日本史上でも稀有な波瀾万丈の人生を送ってるけど
革新的な事をしたのでもなく、戦に無類に強かったわけでもなく
政治的センスがずば抜けていたわけでもなく、統一の偉業も道半ばで終わっているし
この人は凄いと肩入れするのは難しいのはあるだろうね

大河ドラマで脚本とキャストがもろにハマれば傑作になるだろうけど
脚本が少しでも崩れれば視聴者は置いてけぼりにされるだろうね
今やって、太平記レベルのを作るのは難しいだろうね

253 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:42:38.83 ID:DTAD6eFx0
複雑な上に決定的な書籍が無い
オススメの小説やら何やらあったら教えてよ

254 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:43:05.04 ID:752j+diT0
>>252
ほんまそれ
革新的なことをしてないってのは尊氏だけではない
内輪で戦い買った負けたの繰り返し
だからこの時代は人気がない

255 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:43:25.70 ID:7yUMiTEs0
太平記だろ

256 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:45:44.75 ID:yL9qE5D80
>>248
おっ、権門体制論っすか

257 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:47:48.85 ID:HqoxAg2B0
>>254
結局のところ特権階級による既得権の奪い合いだから
立身出世が大好きな現代人のイメージに合わないんだよね

258 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:48:36.65 ID:752j+diT0
西洋史で言うところのイギリス・フランスの百年戦争みたいな常時戦争状態
あっちはまだ他国との争いだったがこっちは完全に国内の争いだから内輪もめ感が増してる

259 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:50:21.83 ID:VxgQJ5HU0
締めどころが難しいんだよな
吉川英治も、庶民を準主役にして最後締めてた

260 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:51:13.16 ID:T/IrpA/o0
鷹揚で気前の良い親分肌とも言われる足利尊氏が
忠誠を誓った後醍醐天皇は裏切る事となり
兄弟で仲が良かった直義とは骨肉の争いとなり
代々の家臣で無類の信頼を置いた高師直は直義に殺されてんだよな

ゴッドファーザーで言えば初期のマイケル的な足利尊氏が
最後まで甘さを捨てられないのに、波瀾万丈な人生の仲で
少しづつ信頼する者を失っていき、孤独になってく様を描いてくれれば
傑作大河になりそうなのに

でも波瀾万丈すぎて人間関係やらが複雑すぎんだよな…

261 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:51:24.66 ID:DTAD6eFx0
>>257
そんなこと言ったら日本史全部そうじゃん
戦国時代以外で成り上がりが多かった時代ある?
その戦国時代だってある程度既得権益がのさばってたし

262 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:51:40.50 ID:XVHxKxze0
>>252
大河自体テーマが腐った木切れの神様の悲哀だったからな
悲劇にしかなりえんテーマなんだよな尊氏になりたいと思わせる要素皆無だし

263 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:51:47.29 ID:Ld/arYwf0
尊王(ていいのか知らんが)
その萌芽が芽生えたのがここから
地方のゆえ有る権者とかに大いに影響与えた

264 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:51:59.89 ID:T/IrpA/o0
>>253
そりゃ吉川英治の太平記じゃないの?

265 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:52:25.07 ID:mM8jCFzyO
後南朝の皇子や武士や貴族や僧侶などの謎の粘り強さの根源が、
室町幕府に対する不平不満にあったのは間違いないんだろうが
吉野という地は、彼らを引き付ける何かミステリアスなモノがあったんだろうか

>>240
見方を変えれば鎌倉幕府が滅んだ時点で、既に戦国時代が始まっているとも言えなくもないな

266 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:53:38.40 ID:JJq8hC++0
>>246 だから天皇に付く奴が決定的に少なかった

後醍醐天皇
いいですか?この国で一番偉いのは武士の棟梁でも貴族でもない
私、天子である天皇なんですよ皆さん
見返りなど求めてはいけないんですよ皆さんが尊ぶべき存在ですから
逆らうとこの国の神や仏が黙っちゃあいませんからw

武士:もう殺そうやこんなキチガイうぜえええ

尊氏:殺すのだけはやめろおおおおおお!


尊氏さん躁鬱になるわこれ

267 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:53:53.14 ID:VxgQJ5HU0
尊氏は強かな劉備とイメージがかぶるんだが、孔明役がいないんだよな
高師直は、高貴な女狂いだし

268 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:54:23.11 ID:HqoxAg2B0
>>261
明治維新でも人気なのは庶民から成り上がった人間が多いでしょ
大半が下級武士や半農の郷士だし
戦国期より成り上がった奴が多いと思うぞ

269 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:56:21.76 ID:T/IrpA/o0
劉備よりは劉邦(統一前)とかぶる気がするけどな

270 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:57:20.04 ID:v5+sVXee0
戦国以降は為政者がまともに政を考えていたのが伝わってくるから安心するんだよ
マジで癒やしだよ
それまでの歴史に食傷してると

271 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:57:29.43 ID:Aa04kvBZ0
荘園の支配権が根本にあった鎌倉から
流通とか銭とかが重要になった室町への過渡期といえなくもないんだが
銭の時代自体はすでに平清盛が切り開いてるし
勝者である足利幕府は結局のところ荘園支配的な権力のままだし
よく解らない終わり方なんだよな

272 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:57:45.22 ID:XVHxKxze0
そういやBSで昼から項羽と劉邦やってるな
あれもクッソ面白い

273 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:58:20.49 ID:Ov6m1M0e0
>>267
いるだろ、直義

274 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 01:59:17.06 ID:JJq8hC++0
>>268 そら幕末に成り上がったつうか維新側に付いた奴らが
その手の人間が多かったから
歴史的に見ても古今東西天下を取ったのも中心から遠い所の勢力が多いんだよな
おまけに明治の頃は朝鮮絡みで秀吉に倣う奴が多かったからな

275 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:00:38.31 ID:T/IrpA/o0
>>270
戦国時代はそうしないとぬっころされる時代だからね
すぐに発生する一向一揆に、武装したNOUMINの怖さ

276 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:00:39.32 ID:JJq8hC++0
>>272 そう言う情報は直ぐに教えろってのw
BSフジだな感謝

277 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:02:13.72 ID:Ov6m1M0e0
>>266
その頃の日本人ではオカルト的な「祟り」ってのが当たり前に認識としてあったと思う、一定以上の教養があるなら
天皇を弑す、その祟りを受ける最終責任者になる立場なら、そりゃ天竜寺も巨額の費用を賄ってでも建てるんだろうと思う

278 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:03:54.09 ID:8Ja3pnXy0
後醍醐天皇は歴代天皇の中でもかなりのあれだよね

279 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:04:45.71 ID:JJq8hC++0
>>277 今でもオカルト好きやからな皆w

あんだけ護摩焚きしたのに流された後醍醐さん・・・

280 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:05:49.35 ID:T/IrpA/o0
やっぱ南北朝時代は内輪でジメジメした戦いで
結末も爽快感ないのがダメなんじゃないの

信長なら楽市楽座や比叡山焼き討ちで旧来の規制や慣習を打破する革新さ
秀吉なら農民から一気に天下人へとかけあがっていく天才
家康の智略と統治能力の高さ、そして太平の世の中の基礎を築いた功績

三英傑はそれぞれわかりやすい見どころがあるし
人生もわかりやすいくらい劇的なものだからね

281 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:05:52.23 ID:HqoxAg2B0
>>274
南北朝とか応仁の乱とかはそういうのがないわけで
庶民の娯楽として語るにはなんとも面白くないわけよ
だから楠木正成なんて出処もよくわからないような悪党が無理やり持ち上げられちゃう

282 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:06:52.28 ID:W59QDg040
>>278
尊治くんてホントにそれだよNE☆
アキヒトっちは学習院除籍されてから50年以上もニートやってる気合いがあるとこがナイス

283 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:08:47.36 ID:yL9qE5D80
>>281
鎌倉時代の合戦が人気無いのもそんな感じか

284 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:10:40.65 ID:T/IrpA/o0
語り継がれた物語がないのが痛いんじゃね

平家物語とか語り継がれた物語があるとわかりやすいからね
平家物語って声に出して読むと、めっちゃリズムよく読めるんだよな

なお平清盛は爆死した模様

285 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:10:57.89 ID:mcupULc30
太平記、止めをささずに
盛り返されるって
何回ありましたかねぇ

286 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:12:17.78 ID:Ld/arYwf0
水戸さんの史学じゃここがスタート地点だろ

287 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:16:02.34 ID:JJq8hC++0
いいよ清盛
視聴率取れなくても俺は好きだよ清盛w

288 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:18:55.67 ID:XVHxKxze0
>>280
スタートから成功の一本道ルートのお話じゃないんだよな
スクラップ&ビルドの繰り返しで気付いたらスクラップ&スクラップしてるっていうね

289 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:21:05.88 ID:zFJllgrs0
>>16
大河ドラマで太平記をやった時も大変だったらしいからな
NHKでは大変記と言われているとか
まあよくやったよ

290 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:21:46.98 ID:XVHxKxze0
>>285
戦国時代では三好長慶が尊氏のクローンかってぐらいそっくりなんだよね
人の好さから弟殺しまで生まれ変わりかってくらい

291 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:22:28.16 ID:8VIJ4sfn0
両方とも天皇を担いでるというのは素朴にワクワクする
他の日本の時代だと、どうしても天皇=官軍、その相手が賊軍となってしまうから

292 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:24:28.64 ID:W59QDg040
佐々木道誉はどうよ?

293 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:26:09.85 ID:JXeXT9MO0
人気はあるんじゃないの。太平記ってなぜか江戸時代に人気だったし
ただ、この時代の武士ってころころ寝返るから分かりづらいんだよな話が
というか、南北朝の内乱というより実際は幕府vs直義派残党って感じだよな
三者鼎立といっても、南朝の存在感はフェザーン自治領レベルだし

294 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:26:48.67 ID:VxgQJ5HU0
>>292
やりたい放題やった勝ち組

295 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:29:22.61 ID:VxgQJ5HU0
あの時代だと、山に引きこもられてゲリラ作戦やられたらどうしようもないよなあ
しかも京都に近いから始末が悪い

296 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:30:17.51 ID:JJq8hC++0
お前らもう2時半なのに
太平記語りすぎいいいいいww

297 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:31:54.67 ID:yL9qE5D80
南朝の主力って九州の菊地とか伊勢・東北の北畠あたりだと思うんだが
あんまり直義派って感じでもない気が
実働隊はまた違うのか

298 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:39:51.81 ID:S6MIfWxZ0
一休さんに出てくるバカ殿みたいなのが
最終勝者なのか

299 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:41:50.30 ID:ifQSaSFX0
日本も中国も分かりにくいに尽きる

300 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:42:30.76 ID:Ov6m1M0e0
>>295
戦国時代と何が違うんだろね
吉野の山に逃げ込んだら取り合えずセーフな南北朝のあの感じって、戦国時代には通用してないんだよな

301 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:43:38.80 ID:EAIfM+hGO
「太平記」岩波文庫から刊行中です
文庫で通しがでるのははじめてとのこと。この大古典が? て思うけども何しろ…長い…
楠公の知略に悩まされる六波羅勢、義経クラスの軍神的活躍。カッコいいす

302 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:44:55.36 ID:N0Eq4KNj0
よく考えると足利って幕府開いてから平和な時殆ど無いのな
戦国時代までずっとどこかで反乱起きて戦い続けてるイメージ

303 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:45:17.23 ID:Ov6m1M0e0
>>298
義満もデッドオアアライブな乗るか反るかの合戦を何回かやってる、京の洛内で決死の総力戦とか山名一族とやってるし、家光みたいなボンボンじゃない

304 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:46:54.02 ID:JJq8hC++0
義満はやる男やでw

305 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:47:26.87 ID:752j+diT0
>>302
この頃から日本は常に戦い続けてるイメージ
農民はよく農作業やれたしよく国民も滅亡しなかったな

306 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:47:38.13 ID:VxgQJ5HU0
>>300
後年、信長は比叡山を焼いてたが、さすがに皇族の住処に火をつけるわけにはいかないだろうな
尊氏は後醍醐を始末するつもりはないだろうし

307 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:50:23.90 ID:HqoxAg2B0
>>305
この時代の農民って武士とあまり違いがないしな
だいたい土豪なんて戦国時代に源氏の子孫なんか名乗ってるけど元は農民だろ

308 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:54:24.00 ID:pP6n5VO10
>>142

その前に秀忠は関ヶ原の遅参で廃嫡されてもおかしくなかった
秀忠を家康が救ってるだろ
あの貸しはかなり大きいと思うぞ

309 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:55:55.05 ID:VxgQJ5HU0
秀吉が藤原氏を名乗る時点で何でもアリだなw

310 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 02:58:03.32 ID:Ov6m1M0e0
>>305
中世は村城というレベルで緊急避難の城を村単位で持ってたらしい、現代でもその中世の村城の遺跡がアチコチにあるくらい
武士の大名レベルの軍の侵攻から家財や人命を守るためや、近隣村落とのいさかいから身を守るために使用したと言われてる

恐らく水利や土地の境界、竹木などの伐採、川魚などの漁業権などの権利争いで農民も槍や刀を手に取って武装をイザと言うときにやれないと生き残れなかった

治安が格段に治まった江戸期でさえ、農民が隣の村落といさかいで殴り合いや棒でのどつき合いは日常茶飯事、あいくちを携えて刃傷沙汰で生き死にの話が普通に出てくる

311 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 03:08:59.98 ID:Bk9xedL50
日本って江戸時代が始まるまでいかにクソミソな体制だったかよく分かるよね
なんか江戸時代みたいな社会が昔の日本の在り方みたく思われてるけど
せいぜい300年程度なんだよなぁ

312 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 03:13:27.88 ID:Ov6m1M0e0
>>311
日本の精神風土や伝統は江戸時代で大半が書き換えられてると言ってもいいかもしれない
現代から過去を見ると江戸時代という高い山がそびえて、その向こうの過去はよく分からないというのが概観かもしれない

江戸期以前と以降で、日本人の精神や文化はかなり断絶してると思う、それくらい江戸期の300年間は日本人全体をある種の記憶喪失にさせてる

313 :仲間邦雄p2221-ipbfp605yosemiya.okinawa.ocn.ne.jp:2014/07/27(日) 03:21:50.38 ID:xXySjT2t0
>>1
近畿ならぬ禁忌に触れすぎるから

一歩間違えたら日本が南北に割れた2つの国家に

314 :仲間邦雄p2221-ipbfp605yosemiya.okinawa.ocn.ne.jp:2014/07/27(日) 03:22:36.03 ID:xXySjT2t0
家康は、国際舞台でも類まれなる英雄であります。
米国の論壇、政治学会で久しい以前から徳川家康が研究されている理由は、
米国独立の100年以上も前に諸連邦(大名)を
統一し、その業績はジェファーソンやジョージ・ワシントンに比肩し得ると発表されています。
関ヶ原の合戦は事実上の天下統一を形成したが、これは米国の南北戦争であり、家康の業績は、
リンカーンのそれである。
家康は、たった一人で、米国独立史のジェファーソン、ワシントン、リンカーンという三大巨人の業績を果たしました。
情報革命の波に乗った家康は、誰よりも、情勢を正しく分析し把握していた。
家康は、情報の分析ばかりか「判断」の方がより重要であることを理解していた。
家康は、複数の情報から共通項を取捨選択することが、より高級な作業となり、
先を読み、先の先を読むことを知っていた。
そのため、家康は、一兵たりとも動かさずに敵を倒すことができたのだった。
服部半蔵的な人物が登場すれば、
アメリカ合衆国と対戦しても勝てるでしょう。
家康は政治学を源頼朝に学び、
軍事学を信長と宿敵だった武田兵法から学んでいる。
そして、家康の忍術は伊賀流が主体であった。
家康にとって、上野城と藤堂高虎は、彼の政権取りへの道のりで
格別のポイントとなります。高虎なくして家康の情報戦略は円滑に遂行しえなかった。
伊賀城は、戦略的巨橋頭堡としても重要である。
関ヶ原以降、目を見張るばかりの活躍によって家康ブレーンとなった藤堂高虎は、
忍者軍団の育成に励み、上野城から大坂側への睨みをきかすからである。
伊賀の国は歴史的に山伏兵法を修めた修験者が多く、これが戦国時代に伊賀流忍法の元となった。
伊賀は、「忍者貸し」によって中央とのパイプを図ろうとする動きになった。
その中心が服部家で、伊賀上野市には、今でも服部という町があり、
服部川が流れている。足利政権の下で宗家の服部家は京都に移った。
服部半蔵の代に、これが岡崎に移った。半蔵は岡崎を領土とする家康の傭兵忍者軍団となったのである。
家康が伊賀者を貴重な存在としたのは、床下情報(忍び)の重要性を認識していたからで、
高虎を伊賀に配した後、忍者組織の再建に当たらせ、公儀隠密の人材プールとして活用しました。

315 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 05:08:23.19 ID:2QXBpoVG0
女太閤記ってどうなん?

316 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 05:49:12.53 ID:6OBQbQKH0
ミッキー吉野が太りすぎ

317 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 06:03:09.18 ID:5icCAbiY0
幕府最高幹部ですら天皇を軽んじる凄い時代だったみたいだな
足利氏に正当性与える役目があるだけの傀儡で時々見捨てられたりもした

318 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 06:06:51.20 ID:+RoFJ73r0
>>91
天皇の権威をドン底まで落としたという点では十分革命家だよ

319 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 06:08:10.20 ID:Bk9xedL50
後醍醐天皇に擦り寄ってきたのが
身分の低い土豪や非人ってのは皮肉だな
現代のネトウヨみたいだわ

320 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 06:54:43.08 ID:RCZa6kSu0
後醍醐天皇も要は金目欲しさが動機だったから

321 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 06:58:29.11 ID:ExuFliVx0
どうせ大河で人気でるのは戦国末期か幕末だろ
薄っぺらい歴史だなオイ

322 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 07:21:02.31 ID:DT+jPMvU0
>>177
戦国時代ですら経済関係のことはあまりわかっていない
だから仕方なく記録が残っている石高を指標にしているって聞いた。
当然ながら経済が発達した畿内と東日本は表向きの石高が同じでも国力・豊かさは桁違い。

323 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 07:32:00.27 ID:7UNlBnQM0
公文書なんかは平安や鎌倉期のものが読みやすいらしいな
庶民の識字率が上がるにつれ、だんだん読みにくくなっていくと聞いたことがある

324 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 07:36:50.60 ID:mcupULc30
>>306
でも確か笠置山は危なかっただろ?
尊氏が命じたわけやないけど

325 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:02:18.32 ID:ur4H/aeD0
どうしようもなくグダってるから

326 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:05:26.76 ID:ReYWYJ730
大河ドラマ、楠公
やれよ

327 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:10:46.39 ID:Pt5LHsVb0
ちなみに小説の影響で若い女性に人気なのは
護良親王だったりする

328 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:17:15.28 ID:7UNlBnQM0
大塔の宮を暗殺したのは、失策なのだろうか

329 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:23:14.45 ID:29cTGSfN0
>>98
水戸学なんて皇国史観そのものだろ

330 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:23:25.58 ID:vExqQBIVi
太平記はファンタジー過ぎて資料価値がない

331 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:29:17.99 ID:XUWqsn7y0
>>204
冬至は実名での劇化が許されなかったから
大河太平記でも映像化された横恋慕事件の時代に移したわけだな
師直なんて元々イメージ良くないのにいいとばっちりw
歌詠みとして兼行さんが出てきてワロス

332 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:34:44.85 ID:XUWqsn7y0
×冬至
○当時

>>210
神皇正統記は別人だよ

それにしても護良親王の血の気はものすごいw
こういうタイプの皇族って乱世には結構出てくるのが面白いんだけど
皇族のパブリックイメージに合わないのかまともに劇化されないのが残念
大河太平記でも大人しめのショボキャラにされちゃった

333 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:53:04.77 ID:XUWqsn7y0
>>225
平家方は安徳、鎌倉方は後鳥羽
安徳は清盛の血が入ってるんだから
絡んでないわけがないだろ

輪王寺宮の存在は薩長にとって余程都合が悪かったのか
正史から抹消されちゃったみたいだけどねw

334 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:56:11.60 ID:4bAJC+QZ0
道誉と師直の会話を想像するだけで、ぞくぞくする

335 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 08:56:50.54 ID:NYYDipm80
日本史の授業でも何かもの凄いふわっとした内容でよく分からんかった記憶が
ただ単に興味無くて覚えてないだけだろうけど

336 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 09:10:10.23 ID:ZZjPUe0d0
>>1
○○部、六曜、スレタイで話しかける基礎番号:231982652のスレ立て履歴

ファンタジー=西洋風なのは何故なのか。和風や中華風、アラビア風なファンタジーは流行らないの?
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1406117721/
【嫌儲アトピー部】 奇跡が起きて彼女できても手繋いだり手マンしたりできないって考えると鬱だよね
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1405567282/
【嫌儲ビリヤード部】 ビリヤード始めたいのでどうすればいいか教えてください
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1405299404/
【嫌儲バイセクシャル部】 人類の8割はバイの素質あるらしいからマジョリティなはず
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1405155182/
2014 7/18 (金) 先負
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1405609340/
2014 7/15 (火) 赤口
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1405350642/
2014 7/14 (月) 大安
2014 7/11 (金) 友引
2014 7/10 (木) 先勝
2014 7/9 (水) 赤口
2014 7/7 (月) 仏滅
2014 7/6 (日) 先負
2014 7/5 (土) 先勝
2014 7/3 (木) 赤口
2014 7/2 (水) 大安
2014 7/1 (火) 仏滅
2014 6/30 (月) 先負
2014 6/29 (日) 友引
2014 6/28 (土) 先勝
2014 6/27 (金) 赤口
http://kiki.mods. jp/be/stalker/231982652/poverty/

337 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:48:13.57 ID:8TPALtdrO
>>333
そういえば皇族芸人って東武天皇の子孫?

338 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 10:54:02.81 ID:XUWqsn7y0
>>337
残念ながら5代遡るとそうらしい
経歴詐称じゃないのが悔しいな

339 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:06:17.06 ID:QslBiV7uO
>>303
そうだったのか
戦人のイメージとかまったくなかったから勉強になった

340 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 11:59:12.45 ID:ltVi2yGg0
>>336
日付スレ立てるのは貴重な原住民(或いは三昧民)

341 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 12:04:43.58 ID:jn8mzYM30
>>66
クスッとした

342 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 13:52:20.24 ID:29cTGSfN0
西武天皇は堤

343 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 14:37:04.34 ID:+0v+pmDli
九州から反転攻勢に尊氏がでれたのがすごいよな

344 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 15:24:32.24 ID:XARRtvqI0
>>335
南北朝はさらっと済まされて
すぐ義満の時代にいくから2代目の影の薄さがやばい
後北条家の2代目並に薄い

345 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 15:25:42.63 ID:JJq8hC++0
>>319 そら何も持っていない人間が
天皇と言う最高権威に縋れるチャンスだったからなw

ちなみにこの頃の宮中に色々なお触れが出てるがレベルが低い
ゴミを落とすな片付けろとか清潔な身なりにしろ等
乞食紛いの人々も馳せ参じた模様

346 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 15:29:52.04 ID:Vk8j+SND0
>>345
現代でいうところの改造日の丸バスに乗ってる類いってことかw

347 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 15:37:36.58 ID:yMm7iLDI0
司馬遼太郎もこの時代だけは書いてないんだよな
文献色々調べてみても興味をそそられなかったらしい

348 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 15:53:56.57 ID:Ov6m1M0e0
司馬さんは太平洋戦争の辛い記憶とかあるから、天皇崇拝に安易に繋がりかねない太平記みたいなのは読んでて虫酸が走ったのかもしれない
湊川の戦いの楠木とかヒロイックに描くのも抵抗あっただろう

349 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 15:59:54.47 ID:mcupULc30
>>348
太平記読んで天皇崇拝に結びつくか?
楠木はわかるけど

350 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 16:01:56.38 ID:yMm7iLDI0
>>348
同じ理由で良い思い出は無かった吉田松陰も、調べてみたらかなり面白い人だと分かって小説に書いたけどな

351 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 17:48:59.78 ID:ifQSaSFX0
>>303
やはり次は大河で義満がいいわ

352 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 18:04:05.10 ID:G47HErHA0
>>348
本人曰く南北地時代の人間は節操ないやつばかりだからダメらしい

353 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 18:06:27.41 ID:29cTGSfN0
節操なんて必要ないだろ

354 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 18:09:13.63 ID:ab7WP15M0
>>352
戦国時代や幕末の人間もそこまで節操があるとは思えん。

355 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 18:10:47.63 ID:Ov6m1M0e0
>>352
うーん、戦国時代も維新も相当節操ないと思うけどなあ

356 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 18:24:16.13 ID:XUWqsn7y0
>>354-355
天皇タブーを避けるための屁理屈だろうな
戦国と幕末だけやってる限りは脳味噌空っぽの冒険活劇でいくらでもオナニーできる

357 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 18:25:52.64 ID:JJq8hC++0
吉田松陰も大概痛い奴なんだが

358 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 19:41:04.82 ID:EGm2HZ2f0
後醍醐天皇は神器を使った詐欺を何度もするし、
足利尊氏は直ぐに出家したがるし、
尊氏や直義が南朝に代わる代わる降ったりするし、
バサラ大名がこれまでの倫理なんて無視した行動とるし、
一族で南朝と北朝に別れるだけならともかく行ったり来たりする奴多すぎるし、
荘園と武家の所領が入り混じってるし、
複雑すぎるよなあ。

359 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 19:57:37.32 ID:JJq8hC++0
カオスっすなあ

360 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 19:59:42.43 ID:dK5jZlnK0
江戸と鎌倉は南関東だから人気もある

361 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 20:06:02.59 ID:mcupULc30
5万の兵が陸奥から近江まで
20日で進軍できるのか?

362 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 20:37:47.99 ID:Mg1kcnOS0
太平記の真の主役は後鳥羽天皇というのは以外に知られていない事実

363 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/27(日) 21:03:54.79 ID:yL9qE5D80
マジで?

364 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 00:04:12.67 ID:pHBloWjf0
>>360
そうかな

365 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 00:18:22.45 ID:vLmD9Hp00
楠木正成の子供達も結構頑張ったのにな
全く語られないよな..)

366 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 00:36:40.25 ID:cbsOkQTU0
義アキラが遺言で尊敬してた楠木正行の墓の隣に葬ってくれって遺言が、よく言われてるけどアレッてなんなのかな?
一緒に戦ったこともあるけど、基本楠木とは敵対してたし、親の代からの因縁含めてそこまで言うのってよっぽど何かないと…

なんか不自然でしっくりこない唐突さを感じてしまうんだけど、何か知ってる人いる?

367 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 00:37:32.15 ID:ZT8Uz5eZ0
ようしらんけど
孔明と司馬懿みたいなもんじゃないの?

368 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 01:28:15.34 ID:8GjgOEMt0
足利義満は天皇家乗っ取りを画策していたんだろ
自分を日本国王と自称したり

369 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 01:40:16.00 ID:FCc2sk4U0
>>333
東武皇帝か

370 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 01:45:07.37 ID:FCc2sk4U0
>>348
戦前は湊川の戦い親子の分かれって紙幣に描かれた位
涙誘うシーンだったな

371 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 01:45:55.02 ID:bYvVFTmE0
一休さん「」

372 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 04:41:22.93 ID:6CzHSI9n0
二条良基 「足利義満様の財力で天皇システムは守られた」

373 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 05:09:37.41 ID:G1GfzLw50
海上封鎖破りとミシシッピ戦線は涙なくして語れない

374 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 05:36:12.75 ID:nsCpNsVW0
鎌倉後期から室町期が日本の中世史でいちばん面白い
戦国時代なんてオマケでしかない

375 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 06:45:42.97 ID:zW6SW9XMO
中世の土民は強かでええな。
しかし大河板の太平記スレの三河厨ってなんなんだ?

376 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 07:28:36.22 ID:pHBloWjf0
>>369
そうそう
八重の桜ですらスルーされたから
今後日の目を見ることはあるのかね

>>371
それちょっと世代が違う人w

377 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 08:37:58.35 ID:C8TGBbDO0
天皇だの王だのどうしても必要なら木像でも作って本物は島流しにでもしろよwwwww

こんなセリフを吐いちゃう武蔵守はケンモメンの先駆け的存在

378 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 08:46:29.94 ID:uenQF1J/0
だいたいGO☆DA☆I☆GOのせい

379 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 08:52:47.76 ID:7utbPsIL0
>>368
懐良親王が日本国王の称号貰ってたから、義満も必要だったんじゃないの

380 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 09:00:32.79 ID:QHoz+UvV0
後醍醐天皇「ワイは天皇や偉いやで!なんか王位を譲れってことになっとるけどまた返して貰うで鎌倉の言うことなんてきかんで!」
後醍醐天皇「なんで後醍醐天皇か?ワイが命名したんやな、カッコエエやろ、醍醐天皇にちなんだんや、生前に自分でまるまる天皇、上皇とかいう奴はあんまりおらへんけどワイはワイや」
後醍醐天皇「負けてもうた…隠岐の島行きやで、後鳥羽上皇のようにはならへんで…後醍醐は必ず帰ってくるで!!」
後醍醐天皇「現地の活動家名和長利によって隠岐から帰還するで!ヤバッ鎌倉の兵やで!ここは貨物に隠れるで…クッサ、これはイカやんけ!イカ臭い天皇はワイくらいやな」

381 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 10:00:51.99 ID:QHoz+UvV0
武士団「ワイらは北朝につくで」
周り「オー!」
武士団「跡継ぎはワイの長子や」
弟「氏ねやならワイは南朝や」
周り「せやワイらも南朝につくで」

382 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 10:33:07.50 ID:xhydhjEMi
高師直はあまりにも尊氏を敬愛し過ぎた
尊氏以外は天皇も公家も…最終的に直義も、どーでもいい存在
まさに、足利家執事の中の執事であった

ぶっちゃけヤンデレ

383 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 10:42:09.93 ID:xFHxn5oV0
北畠顕家とか実際どうだったのよ
業績だけみるとラノベの主人公にしか思えない
東北武士が関東武士嫌いだったというのはあるんだろうけど

384 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 10:54:24.12 ID:9h+Xmra20
>>381
なお応仁の乱でも繰り返す模様

385 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:03:39.40 ID:WCNoXyZR0
>>383
東北に幕府もどきをつくったから2回も遠征できる軍隊を編成できた。
顕家は別に軍事的天才でもなんでもない。強かったのは1回目の京近郊で連勝したことと
2回目の関ヶ原で勝利したぐらいで関東ではグダグダ。

386 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:26:29.48 ID:6CzHSI9n0
>>383
「顕家諫奏文」で上奏するところもカコイイ

387 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:27:46.09 ID:tIQ2xvEM0
天皇家の正当性にかかわるから、

388 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:28:08.87 ID:C8TGBbDO0
>>382
でも最後は尊氏から見捨てられるというね

389 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:28:59.36 ID:xzu2uoY10
>>382
桃井直常もヤバイ

390 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:32:55.78 ID:FTuhzGSv0
今の天皇は本当に万世一系なの?
南北朝時代のせいでだいぶ怪しいんだけど

391 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:37:30.36 ID:SPPMXMOw0
やっぱり熊沢天皇が正統やな

392 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:48:58.58 ID:wjbrb2kvi
ただでさえ話がややこしいのに、登場人物がどいつもこいつも勝手な事やってばかりでウザい
真面目にやってるのは楠木正成だけ

393 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 11:58:28.84 ID:6CzHSI9n0
>>392
> 真面目にやってるのは楠木正成だけ

千早城の戦いでの戦法は笑えるらしいが

394 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 12:01:47.98 ID:F5YnNe7h0
直冬が義満の時代まで生きていた(そかも和解してたっぽい)という話が一番興味深かったな。


憎しみだけで争ってた訳ではないというのが南北朝をわかりづらくさせてる最大の要因

395 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 12:11:42.29 ID:xhydhjEMi
>>394
母は卑しい身分
有能過ぎる叔父に育てられ
超エリートな弟と敵対し
親父がラスボス

ゲームでも無いわこんなベタ展開
wiki見たけど面白過ぎ

396 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 12:21:41.38 ID:cbsOkQTU0
尊氏は最後に死にもの狂いで息子の直冬のタマ取りに突撃しに来てるからな、洛内で
どんだけドラマチックなんだよ?と思う

397 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/07/28(月) 13:32:11.33 ID:xFHxn5oV0
>>385
あの年で「幕府もどき」作れるのはすごくね?
東北地方自体が欧州藤原の時の恨みみたいのあったんだろうけど
戦上手の尊氏にもちょこちょこ勝ってたでしょ

>>386
あれはすごいよね

100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)